「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

あいちトリエンナーレ2016 岡崎へ行ったら八丁味噌! #現代美術 #aichitriennale

おすすめ過去記事
さかいアルテポルト黄金芸術祭2016開催中!(終了してます)
映画「彼は秘密の女ともだち」見たわよ! byおねえ
LAアートぶらぶら その6 Uberの極意


b0074921_131538100.jpg

さかぐです。
あいちトリエンナーレが始まりました。私はまだ愛知芸術文化センターの展示しか見てませんが、すばらしかったです!

2013年「揺れる大地」というお題に合わせてキュレーターたちが腕によりをかけた感の強かった前回とは違い、港千尋が芸術監督の今回は、多種多様なアーティストの世界を捉える視点とアプローチの違いをきちんと取り上げた、いい構成になってました。見る側のいろんな受け取り方を許容するような、見たあとで、私はコレが好き!とみんなで言い合えるような、リラックスした雰囲気もあったかなー。

プエルトリコのアローラ&カルサディーラのインコと宇宙の3面インスタレーションは、はっきりいって字幕を読む作品なのだがすばらしいストーリーです。あと、自分のグラフィティと子どもたちの落書きを並べたオスカー・ムリーリョとか、盲目の人がつくったセラミックのかけらを展示していた松原慈の根気強いプロジェクトとかも打たれました。

ちょうど今、来年の札幌国際芸術祭2017に自分が関わっていて、ゲストディレクターが「現代美術F◯◯◯K!」と公言している音楽家の大友良英ということもあり、従来の美術展のやり方ではない、こことは真逆のノイズだらけの芸術祭になるだろうから、それはそれで楽しみだけど、いい作品をノイズのない環境で見るという、アートを見る喜びに存分に浸れてちょっとほっとしたのでした。

と、あいちトリエンナーレ2016の雑感でした。残りは10月に見ます。ここから本題。
b0074921_1124917.jpg

10月、パフォーミングアーツ11作品固め打ちのレインボーウィークスに岡崎シビコの屋上でもパフォーマンスがあります。

アジアン・サウンド・リサーチ OPEN GATE 2016 動き続ける展覧会

10月6日~10日の5日間、岡崎の街を見渡すシビコ屋上で、ミュージシャンや美術家が日没前後に現れ、展覧会のようなライブのようなパフォーマンスのような空間と時間をつくります。
シビコは地元の渋いデパートですが、その屋上はぽっかり不思議な白い空間で、俗世を離れた浮世感があります。ここでどんな5日間が起こるのか、即興的要素の強い企画になると思います。
b0074921_1314390.jpg
シビコ屋上。夕日がきれい。

ですがこの話はまた後日。ここからがほんとの本題。

このリサーチで岡崎へ初めて行ったのですが、そこで出会ったのがオカザえもん、ではなく、八丁味噌です。
実は、岡崎は八丁味噌発祥の町。岡崎城から八丁(約870m)の距離にある八丁村(現在は八帖町)で、現在のまるやが醸造業を始めたのが1337年。約300年後、東海道を挟んだお隣に、カクキューが誕生。以来、この岡崎八帖町のまるやとカクキュウで、世界中の八丁味噌をすべてつくっている、というおそるべし八丁味噌の町なのです!

桶狭間の戦いで徳川勢の兵食だったとか、豊臣秀吉が日吉丸だった頃、味噌蔵にしのびこんで味噌で飯を食って逃げたとか、いろんな逸話があります。なぜ、まるやとカクキューだけなのか、なぜ仲違いもせず(たぶん)2軒並んで今もあるのか不思議ですが、地元の友人いわく、カクキューの方が商売上手だけど、地元的にはまるやがひいき、なんだそうです。角と丸ってところもできすぎですね。

それを知ってから岡崎の味噌コーナーを見ると、ちゃんと、まるや使用とか、カクキュー使用とか商品に書いてあります。つまり書いてないのは八丁味噌ではなく赤味噌ってことでしょうか。
b0074921_1314572.jpg

トリエンナーレで岡崎を回る人多いと思うけど、岡崎ではアートだけじゃなくてぜひ味噌蔵見学へ行ってほしい!巨大な桶に石を積んだ昔ながらの味噌製造法は、超美しいインスタレーションであります!
b0074921_13151342.jpg

米麹を使わずに、豆と塩だけでつくる八丁味噌は、普通の味噌よりも意外や塩気が少なく、固くて濃いコクとうまみがあります。麦味噌派の私も、しばらく八丁味噌狂いです。10月は味噌ヌーボーが出る月らしいので、ぜひOPEN GATEを見にきて、そして味噌蔵見学へ行って、八丁味噌を担いで帰ってください!


八丁味噌蔵見学はまるやとカクキューのどっちでもやってます。まるやは30分ごと、カクキューは平日は1時間ごとにやってました。おみやげ付きです。わたしはまるやへいったけど、次はカクキューを見てみたい。

ほかにもシビコの隣の和泉屋さんのくず餅バー、オカザえもんどら焼きもおすすめです。アルミ箔を貼ったみたいなきらびやかな喫茶丘も必見です。一見なんにもなさそうな町だけど、あるところにはある岡崎です。
[PR]
# by voidchicken | 2016-08-18 13:46 | travel | Trackback | Comments(0)

LAアートぶらぶら その6 Uberの極意 #現代美術 #contemporaryart #ロサンゼルス #uber

*Los Angeles アートな旅日記 その1 西海岸が熱いかんじ
*Los Angeles アートな旅日記その2 アースワークな感じ、秋葉原TV Michael Heizer
*LAアートな旅その3  MOCA Geffenでマリリンに再会、メキシコ料理屋詳細
*LAアートな旅その4 The Broadを見逃して思うこと
*LAアートな旅その5 ふたつのメープルソープ展 ちょっと追記、リンクなどあり (8/14)
*あけましてfrom桜島 藤浩志 SA・KURA・JIMA プロジェクト
*アニメも漫画もイラストも美術も…「美少女の美術史」 DORIS LESSING
*来年の6月にテートモダンの新しい館がオープン(済み)


Uberとはタクシー会社ではなくて、
移動したい人と移動させてくれる人を結ぶアプリである。

UBER(日本語サイト)

Getty centerのUber乗り場のサイン。反対側にタクシー乗り場もちゃんとあります。

b0074921_21384747.jpg


言ってみれば白タクみたいなものなのだが、ライドシェアという。(相乗りってことね)

UberはLAに行く前はどうやって使うのか?
アプリをダウンロードしたものの、現地に行くまでよくわからなかった。

結果として、このアプリはLAの街を安く移動したい私のような
旅行者には必須だった! これなしで旅は充実しなかっただろう。
saboはペーパードライバーなんでねー。地下鉄の話は次回にします。

「車を運転できないsaboがどうやってLAの街を駆けずり回ったのか?」
誰か親切なBFでもいるのか?という「ロス疑惑」をさかぐは抱いたようだが、
ちゃう!Uber君のおかげで、パサディナまでも安く行きました。(なんと12ドル)

ま、無駄話はいいとして、Uberの7つメリットをあげましょう。

1 Mapにピンを落としたところにすぐ車がくる(LAには蟻のようにいっぱいいる)
2 クレジットカード決済なので現金のやりとりをしなくてよい
3 行き先も呼ぶときに入力するので、言葉が通じなくてもOK
4 安い。例えば、東京から横浜まで500円くらいでいっちゃうかんじ。(テキトー)
5 相乗りしたくないときは、最初に選択できる。(料金が割高)
6 ドライバー、客、互いに星で評価しあうので、それがリスクを回避しサービスの質を保つ。
7 車種や車のグレードを選べる (豪華なキャデラックでもエコカーでもすべて予算次第)


実際に乗ったあとはすぐに互いに星で評価します。
コメントも入れられます。
領収書もメールで速攻くるので、ビジネスで使う人も多いですね。

ではデメリットというか、私が経験したことや注意点をあげます。

1 運転があまりうまくない人がいた

彼は出稼ぎ(言葉が悪くてすいません)で日本に滞在したこともあるスリランカ人で
「こんにちはー」とか日本語も喋るほど愛想はいいのだが、急ブレーキ、急発進で、
車に弱い私は途中で降りてしまいました。

注意:降りるとき、降りる場所に注意しましょう。

2 乗車拒否もある

めっちゃ短気で早口な女の子。待ち合わせたポイントで見つけられず電話を
したけど、あまり英語ができない相手と知るや「乗車お断り」されました。

3 ギリギリでキャンセルするとキャンセル料を徴収される

もうほとんどこちらに到着するタイミングで乗車キャンセルしたら、
1000円ほどキャンセル料を取られました。アチャー。

4 居眠り運転する人もいる

これは私の経験ではないが、居眠り運転で怖い思いした人の話をきいた。
ずっと話かけて眠らないように涙なしではきけないような努力をして、目的地まで行ったらしい。
場所によっては、危険だったり、車が拾えないなど途中で降りられないことも
想定して、「危なそうだな」と感じたら、「降りる!」と叫んで下車するなど
自己防衛も必要です。そしてきちんと評価を書いてください。
同じような危険を他の人が合わないようにするためです。

で、極意。
慣れてくるとドライバーの顔写真や車種などから、
どんな運転をしそうな人か、勘が働くようになる、というか、
めいっぱい働かせて、車を選ぶ。

とっても曖昧だが、これが極意である。(旅の極意でもあるけど)

車はだいたい新車、それに近い状態で、内部もきれいなものばかり。
(後ろにギター置きっぱなしだった若いミュージシャンもいたけど。それはそれでよかった)
Uberドライバーになるには、車の整備チェックも指定工場で受けなければ
ならず、厳しい条件、テストがあるようです。
なので、サービスもタクシー並みによいのかもしれません。(←日本でも進んでほしい)

パサディナまで行ったときのドライバーが運転がとてもうまかった。
R&Bを流していて、窓から見える風景にぴったりだったなぁ …。よい思い出になりました。
旅というものは、乗り物の思い出がよいと、楽しかったという印象が強く残るもの。
私は、車中のBGMもラジオにしてくれとか、アメリカンロックがいいとか、
いろいろリクエストしたりしてました。(←こまけー客だよ)

LAの広いハイウェイを走りながら聞く曲はジャーニーみたいなアメリカンロックがぴったりくる。
実感して、よーーくわかった。
どこまでも続くまっすぐなハイウェイ、なんと無料だよ!(←日本は高いよ!)


Getty centerからみたハイウェイ。ちょっと遠いですが。
b0074921_2343489.jpg


現役です。懐かしい。
Journey & The Doobie Brothers - San Francisco Fest 2016 Tour EPK


sabo


b0074921_2139367.jpg


b0074921_21391512.jpg

[PR]
# by voidchicken | 2016-08-15 21:54 | art days | Trackback | Comments(0)

あいちトリエンナーレ見所としてコラムプロジェクトN-72 #現代美術 #contemporaryart #aichitriennale

あいちトリエンナーレのプレビューに行ってきたので、
とりいそぎの見所その1です。

TAB のFACEbook
あいちトリエンナーレ2016TAB


あいちトリエンナーレ2016 公式ページ
虹のキャラヴァンサライ



愛知芸術センターや名古屋市美術館はみなさん巡ると思うので、
名古屋会場のなかで、これはよかったというおすすめのメモでございます。

b0074921_10434693.jpg


N-50 山城知佳子
旧明治屋栄ビル
23分の映像作品、「土の人」はトリエンナーレのなかでも必見であり、
これを見ないで帰るわけにはいけません。

これに関連して、mapで見逃しそうな場所にあるので注意が必要なのが、
コラムプロジェクト
N-72 交わる水-邂逅する北海道/沖縄

栄会場 中央広小路ビル2F

総合ディレクター:端 聡
キュレーター:町田恵美
プロジェクトアシスタント:佐野由美子
参加作家:石田尚志、岡部昌生ミヤギフトシ、山城知佳子、端 聡

岡部昌夫のフロッタージュの現場の映像(ドキュメンタリー)がよかった。
今回作品が何カ所かで展示されてますが、制作中の
作家の腕の動きが力強く、あまりにも神がかっております。

あとミヤギフトシの6つ(だったけな?)の映像もすべてみると、
20ー30分くらいかかりますが、必見かと。
このプロジェクトでは北海道と沖縄を結ぶ作家、作品の交わり、パネルで語られる
歴史、地図、失われた少数民族の記録などを扱っており、本ビエンナーレでも
重要な展示かと思われました。

このコラムプロジェクトは他に7つありこれまでにない試みで、
トリエンナーレのなかでもとても注目したい企画展示です。

後日また映像プログラムやイベントのスケジュールにも合わせて、
会期中に見に行きたいと考えてます。

宿泊先の猫
b0074921_10441634.jpg

宿泊した「みんなの家ぃ MINNA NO IEi」のはなしはまた次回に。

サボ
名古屋の夕焼け
b0074921_10435987.jpg

[PR]
# by voidchicken | 2016-08-12 10:54 | art days | Trackback | Comments(0)

LAアートな旅その5 ふたつのメープルソープ展 #contemporaryart #mapplethorpe #現代美術 #写真家

2016.08.14追記

アートな旅日記その1でも書いたように、メープルソープは
日本では検閲の問題があるので、いま大量に見るのは難しいだろうと考え、
思い切ってロサンゼルスへ。


日本では水戸芸術館で、
ロバート・メイプルソープ展(1992年7月18日~ 1992年11月3日)

見たはずなのだが、すっかり忘れていた。

以下、ざっくりとした感想です。

両方とも「The Perfect Medium」という展覧会タイトルで、
これはメープルソープの言葉から来ている。つまり写真のこと。
Getty musuemの方は「ザ・マスターピース」というにふさわしく、カラーも
モノクロも代表的な作品ばかりで、より完成度が高く、大きなプリントを
テーマ別に展示。プリントの美しさには言葉がでない。
リサ・ライオン(女性のボディビルダー)の写真も久々にみた。
彼の作品のなかでも数少ない女性のモデルで珍しく(ポートレイト以外)、
女性の肉体美(メープルソープが感じる)を表現した野心的な作品ではあるのだが。。。。
鍛錬で生まれた筋肉は美しいが、女性のわたしからみると作られた女性の
マスキュリティ(ボディビルで)を見せられている気がしてあまり興味ないのだが。
とかいいつつ、写真集をアマゾンで買ってしまった。(追記8/13)
作品としては美しいし、写真は文句なく完璧に仕上げられている。

写真を絵画のように市場でディーリングされる価値、美術史のなかでの芸術としての価値を、
広く、大衆的に認めさせたというのが、彼の功績のひとつでもあると思う。
という意味では、よく見ると古典的なモチーフも多いと言える。花とかヌードとかね。(追記8/13)

LACMAの方はまだ写真家としてデビューする前のドローイング、
オブジェ(祭壇風で大きいものも)、コラージュ、アクセサリー(手作り)、
ポルノグラフィーのコラージュといった初期の作品が展示してある。
写真家として萌芽前の、若き日の作品から始まりパーソナルな軌跡に焦点を当てている。
親しい友人たちのポートレイトもあるし、カラーの花の写真も。
作品はGettyとはほとんどかぶっていなかったように思う。

こちらに展示風景の映像とキュレーターの解説がある。オブジェやドローイングも映ってます!
Past Exhibitions(LACMA)
Robert Mapplethorpe


Curator and head of the Wallis Annenberg Department of Photography and the Prints and Drawings Department Britt Salvesen talks about the exhibition Robert Mapplethorpe: The Perfect Medium on view at LACMA through July 31, 2016.

「X ボックス」といわれるゲイセックスの現場を撮影した写真集も
展示されていて、すべてではないが中身のプリントも見られた。
この本は両方で展示されていて、小さな注意書きのパネルは
あるけれど、だれでも自由に閲覧できて、布で入り口が閉ざされていたり、
係員が立って見張ってもいない。見学にきた高校生などは
サーっとみて帰っていった。
ポルノグラフィカルな写真ではあるけれど、作品として陳列してあるし、だれも気にとめてない感じ。
(日本だったら大騒ぎ? 春画でさえ展示できないんだからなぁ。)

作品以外に、彼が撮影したモデルひとりひとりに、肖像権についての
契約サインと撮影日時などもメモした管理カードを手作りしていて、
それを保管していた紙製のボックスも展示されていた。(Getty)
まだmacが出る前だったのかな? とても神経質で、細かい人だったんだんだろうな。

プリントをみていても執拗な美意識、自己愛、完璧主義、神経症的な性格も感じる。
黒人のボーイフレンドを撮影した写真も有名だけれど、
人種を超えた同性愛を堂々と作品にしたことは、当時世界を震撼させた
理由のひとつなのかもしれない。(当時はAIDS惨禍の時代)
とはいえ、同性愛だけが彼の作品の主たるテーマではないので、誤解のなきよう。
BFがモデルの写真でも男性の肉体の造形的な美しさ、
モノクロームの構成美などにこだわっていて、とても温度が低く、冷え冷えとしている。
(私的な感情は作品にはいっさい出ていない)
(追記8/14)

写真の下敷きになっていた古代ギリシャ彫刻の資料など、写真と
一緒に展示されていて、キャプションもわかりやすく、
とても丁寧な展示であった。プリンター(プリントの職人)も何人か
いたらしく、それについての説明も少しありました。
あと発表された作品以外のオフカットもLACMAでは見られて、
それもファンとしては楽しめましたね。
あと彼のスポンサーであり恋人だったサミュエル・ワグスタッフ
(詳細はこちらのリンク:傑出したキュレーターであり、コレクターであった、ある男の美しき陰影」
の写真コレクションも一緒に展示してあり、
アメリカのヴィンテージ写真から現代作家までみごとなコレクションで、
それだけでも素晴らしかったです。
そういえば、彼と写ってるメープルソープの写真ややりとりした簡単なメッセージカードなども
ちょっとだけあったな。(追記)

Sam Wagstaff was Robert Mapplethorpe’s lover—and, says a new book, the forgotten patron who 
changed photography.

“I have only loved three things in my life. Robert, my mother, and art.”

というか、ワグスタッフ抜きでメイプルソープは語れないわけで、
彼の膨大な写真コレクション(たぶんそれでもほんの一部)が、メープルソープの
展示室と続けて、(壁の色が微妙に変わる)見ることができたのも、
贅沢だったなぁ …とは思った。(以上追記 8/14)

ふたりが写真の歴史を変え、それはティルマンスにも受け継がれたのだと思う。
(コレクションをみてわかったのだが、ワグスタッフはとんでもない資産家である)

以下、会場は撮影自由だったので、スナップした写真です。
すべてGettyです。ポスターに使われているこの青紫がキーカラーで
展示の壁もこの色だったような。 sabo

b0074921_11453011.jpg


b0074921_1146557.jpg


b0074921_11462943.jpg


b0074921_1147158.jpg


b0074921_11472971.jpg


b0074921_11483143.jpg


b0074921_11475161.jpg


b0074921_1149568.jpg

ーーーーーーーーーーー

過去記事
Los Angeles アートな旅日記 その1 西海岸が熱いかんじ
Los Angeles アートな旅日記その2 アースワークな感じ、秋葉原TV Michael Heizer
LAアートな旅その3  MOCA Geffenでマリリンに再会、メキシコ料理屋詳細

LAアートな旅その4
 The Broadを見逃して思うこと

こちらのリンク先にてご覧くださいませ。
LAアートぶらぶら その6 Uberの極意

過去記事はブログとnoteでも公開中です。

Robert Mapplethorpe interview (晩年のインタビュー)
Great Artists in Their Own Words - But Is it Art ? (1966-1993) (BBC)


(おまけ)HBOチャンネルのドキュメンタリー番組のトレーラー
Mapplethorpe: Look at the Pictures (HBO Documentary Films)

[PR]
# by voidchicken | 2016-08-08 12:02 | art days | Trackback | Comments(0)

チェジョンファのワークショップ参加募集

b0074921_17375713.jpg
さいたまトリエンナーレ2016にチェジョンファがやってきます!!

十和田市現代美術館のフラワーホースや、霧島アートの森、小豆島のお目見えでもおなじみの
チェジョンファがさいたまトリエンナーレに来ます!!

チェさん自らも作るであろうハッピーハッピーという
カラフルなカゴや日常品プラスチックなどを自由に組み合わせてつくる作品で
できた作品はさいたまトリエンナーレで展示されます!
チェさんの作品は、「誰でもアーティストになれる」「なんでもアートになる」というものですが
翻って、アーティストは存在しないし、アートも存在しない
という意味も含む痛快アートなので、本人が来たときにぜひ話を聞きつつ
作品制作に参加してみてください。
7月23日、24日にワークショップatさくら環境センターです。

詳細はこちら
https://saitamatriennale.jp/event/1321

(水)
[PR]
# by voidchicken | 2016-07-19 17:37 | art days | Trackback | Comments(0)

本日!眞島竜男ツイキャス!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃VOID Chicken Nuggets 2016年7月9日号
┃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
┃快調アート小咄ブログ ⇒ http://voidchicke.exblog.jp/

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2016/07/09━
b0074921_18482333.jpg
画像と投稿の内容は関係ありません

-----------------------------------------------------------------------

緊急告知 選挙前日 7/9 本日 20時にツイキャス!
眞島竜男 「今日のおどり」 voidchickenが配信します。

【眞島竜男と仲間たち】ツイキャスURL
http://twitcasting.tv/c:sabocox

ツイッター
ツイキャスとリンクした「眞島竜男と仲間たち」ツイッター作りましたので、そちらもご覧ください。@majima_friends


さて。アーティストたちがツイッターしてますね。明日、若者の投票率が上がるといいのですが …。

ツイキャス失敗したら、笑って許して!

アーティスト・プロフィール

眞島竜男(まじま たつお)
1970年東京生まれ、神奈川県川崎を拠点に活動。ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ美術科卒業。ロンドンから帰国後発表した1930年代の日本洋画界を題材にした《日本近代美術/楽しき国土》(1995)では、里見勝蔵、児島善三郎、三岸好太郎、福沢一郎といった独立美術協会のメンバーが野外に集い、ワインやバーベキューを楽しみながら、実際にはありえない会話を繰り広げる光景を映像化した。その他にも《北京日記》(2010)、《鵠沼相撲・京都ボクシング》(2010初演)など、緻密な資料調査を踏まえ、九割の事実に一割の虚構を織り込みながら、美術家の視点から近代日本美術史における定説のいくつかを再考察する作品を発表してきた。戦後美術の原点の一つとして専門家の間で評価の高い河原温の『浴室』シリーズ(1953–54)は、実は戦前との決別ではなく、アジアの地平線を求めた近代日本美術の拡大妄想が「折りたたまれた」だけだとする眞島の解釈は、研究者たちが真剣に検証すべき示唆に満ちている。2010年頃からは《今日の踊り》(2012–13)などのパフォーマンスやレクチャーが増えている。(Para
sophia京都国際芸術祭サイトより http://www.parasophia.jp/artists/tatsuo_majima/)


動画 眞島竜男 今日の踊り 2016年7月8日



「眞島竜男 今日の踊り」 遠藤水城
http://haps-kyoto.com/haps-press/majimatatsuo/majimatatsuo/


==============================================

選挙に行こう!親に電話しよう!(さかぐ)

ママ友、パパ友にも、爺ちゃん、婆ちゃんにも!(さぼ)
[PR]
# by voidchicken | 2016-07-09 18:44 | art days | Trackback | Comments(0)

西京人インタビュー「西京人—西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。」展 #現代美術 #展覧会

「西京人—西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。」展
のさかぐーのインタビュー記事リンクします。



西京をひらく──西京人インタビュー
西京人 /坂口千秋2016年06月15日号


b0074921_11432283.png



夏休みは金沢と広島に行きたい。
sabo
[PR]
# by voidchicken | 2016-07-03 11:46 | art days | Trackback | Comments(0)

六本木クロッシングいよいよラスト1週間です! #現代美術 #展覧会 


fbより転載
自主検閲あり



b0074921_1136545.png





sabo
[PR]
# by voidchicken | 2016-07-03 11:38 | art days | Trackback | Comments(0)

LAアートな旅その4 The Broadを見逃して思うこと #現代アート

過去記事
Los Angeles アートな旅日記 その1 西海岸が熱いかんじ



いつもブログをご愛読ありがとうございます。
Los Angeles アートな旅シリーズの4弾、


LAアートな旅その4
 The Broadを見逃して思うこと



こちらのリンク先にてご覧くださいませ。

以降は、noteにて公開しますので、
よろしくお願い致します!

過去記事はブログとnoteでも公開中です。

下記はブログのりんくです。

Los Angeles アートな旅日記 その1 西海岸が熱いかんじ

Los Angeles アートな旅日記その2 アースワークな感じ、秋葉原TV Michael Heizer


LAアートな旅その3  MOCA Geffenでマリリンに再会、メキシコ料理屋詳細


さぼ
[PR]
# by voidchicken | 2016-06-24 12:28 | art days | Trackback | Comments(0)

LAアートな旅その3  MOCA Geffenでマリリンに再会、メキシコ料理屋詳細

これまでの記事。
*Los Angeles アートな旅日記 その1 西海岸が熱いかんじ
*Los Angeles アートな旅日記その2 アースワークな感じ、秋葉原TV Michael Heizer


つづき、その3です。
MOCA(モカ:The Museum of Contemporary Art)は実は4つある。

MOCA Grand がメインの美術館。
MOCA Geffen は大きな倉庫を改装したスペース。
(※このふたつは近いのでいっしょにまわれます)
MOCA PDC は建築とデザイン関係の内容で、こちらは行かなかった。
Double Negative  これが前回書いたネバダにある巨大なアースワーク
(※このふたつは離れてます)

MOCA Geffenでちょうど90年代のアートを振り返る展示をやっていて、
メインビジュアルが森村泰昌さまのマリリン・モンローであった。
シンディ・シャーマン(The Broad)と、
森村さま(MOCA)の広告フラッグをあちこちでみかけたが、
ふたりはセルフポートレイトで作品制作しているアーティストで、同じ時代に
世界から脚光を浴びたわけだが、それ以上になにか同期している縁を感じて、
感慨深い。横浜美術館でみた森村さまの「女優」シリーズ、岩下志麻、マリリン・モンロー、
エマ二エル夫人に再会する。ハリウッドにほど近いMOCAの青い空とマリリン。
b0074921_713574.jpg


もしかしたら、本物のモンローだと思っている人も、少なくないかもしれない。
Don’t Look Back: The 1990s at MOCA


The exhibition includes works by Catherine Opie, Cady Noland, Sarah Sze, and Paul McCarthy, among others, and explores the complexities of the period by dividing the presentation into six thematically grouped sections, titled: Installation; The Outmoded; Noir America; Place and Identity; Touch, Intimacy, and Queerness; and Space, Place, and Scale.


b0074921_7132194.jpg

とはいえ、LAでみるとなんとなく和な感じもして、国籍、性別不明の違和感が漂う。
そして滞在中にゲイクラブでテロ事件が起こった。
Orlando shooting: 49 killed, shooter pledged ISIS allegiance
June 13, 2016 CNN


出品作家はインスタレーションの作家が多く、改めて誰がいたか調べてみようと
ウェブサイトもみると、ざっくり展示風景の写真があるだけで、細かい作家情報がない!
あちゃー。さすがノンビリしたLAである。ここは撮影自由だったので資料として少し
撮ってきたのだが、数が多くて追いきれてない。

Paul McCarthy "Tokyo Santa, Santa's trees, 1996/99"
b0074921_7133740.jpg


1996年のパフォーマンスの写真とプラスチックのクリスマスツリーのインスタレーション。
写真は荒木経惟とあった。こんなこともあったのねー。この作品はとても広いスペースを
占めて展示してあった。ケッチャップとハーシーチョコを合成した血糊が不気味である。
Paul McCarthyは西海岸を代表する作家だけど、ちょっとタイミング的には外れて
しまって、彼の作品を見たのはここだけだった。(かなー?)
あと、ここであのターンテーブルの作家、名前が出てこない、、、の映像作品、"Telephone"を見た。
ラップとブラックカルチャーをリサーチした作品もよかったなぁ。

話は飯に移る。MOCA Geffenにいったら寄ってほしいのが、
La Noche Buena Restaurant (yelp)!!
Olvera Street という純メキシコな食べ物、土産もの屋が密集している一角にある。
オープンカフェのメキシコ料理屋がたくさんあって迷ったが、ここはあたりだった。

b0074921_7135334.jpg


b0074921_714754.jpg


オチャタという米のジュースがうまい。「メキシコで飲んだ味と同じだ」と一緒に
食べた友達が証言したので間違いないだろう。もちろんメキシコ人が作っている!
b0074921_714247.jpg


地図はこれ!
b0074921_934596.jpg



sabo
[PR]
# by voidchicken | 2016-06-22 09:07 | travel | Trackback | Comments(0)

Los Angeles アートな旅日記その2 アースワークな感じ、秋葉原TV Michael Heizer


Los Angeles アートな旅日記 その1 西海岸が熱いかんじ
LAアートな旅その3  MOCA Geffenでマリリンに再会、メキシコ料理屋詳細


LACMA(ラクマ)にはいろいろ話題の常設作品があるのですがそのうちのひとつ。

LACMA
マイケル・ハイザー(Michael Heizer), ' Levitated Mass ' (2012)

b0074921_21395883.jpg


これは巨大な石の作品で、通りからみるとグランドレベルに設置されて
いるように見え、正面からみるとこのように作品の下をくぐることができます。
(遠近を利用して、持ち上げたポーズをして記念写真を撮るのが定番)

このマイケル・ハイザーには、「ダブル・ネガティヴ(double negative)」というMOCAのコレクションになっているアースワークもある。詳細はリンク先と、こちらの村田先生の記事を。

村田真氏 美術の基礎問題 連載第17回 アースワーク

この作品などを実際にみて思うのは、アースワークというのはアメリカにぴったりの美術だなぁということ。

ご存じのようにロサンゼルスという街じたいが、車で移動しない何にもできないところ。
次の駅まで歩けちゃうような距離を電車でちまちまと移動している東京の日々
に慣れていると困ることが起きる。
MAPをみて、「次の交差点を右に曲がってすぐね」と道を歩いていると、
その交差点までが100メートルあったりして、「やべっ」と思うスケールなのだ。

広々とした大地に暮らし、人間同士の距離もだだっ広い。
スケール感がやはり日本とは違う。スカイツリーも高いかもしれないが、
ここは横の方向にとてもでかいのだ。
抜けるような青い空と山々に囲まれていると、
とても寛大な気持ちになってきて、「大きいなぁ …」と、
この大きな作品を前に素直に感動できちゃう。
また、この石も「どうだ、大きいだろう?」っていう感じはまったくなく、
こちらが「人間って小さいのね」と、地球から生まれた作品にひれ伏したくなり、
そしていろいろと考えてしまうのだ。

これはいまイタリアで公開中のクリストの作品にも通じるものがあるかもしれない。
クリストの果敢な挑戦にもひれ伏してしまうが。

The Floating Piers - Christo and Jeanne-Claude

wikiによるとハイザーは作品のコンセプトについて公式にはほとんど
説明していない。たぶんその態度も含めて、作品なのだと言える。
美術館が公開しているスケッチには、"destroys 'gestalt' concepts"
(ゲシュタルトコンセプトを壊せ)と手書のメモがあると書いてある。

(Levitated Mass-wiki)
Heizer rarely explains or comments on his work and has never offered a public explanation of Levitated Mass's meaning or significance. He has however described the piece as being 'static art' and emphasized the importance of the boulder's size and of the work's longevity, saying that the work is meant to last 3,500 years. LACMA has published a preliminary sketch of the work by Heizer that contains a handwritten notation saying that the work "destroys 'gestalt' concepts".[2]

近くによるとこんな感じ。ごちゃごちゃ言うな!ってでかさ。
b0074921_2140926.jpg


「ランドスケープ」ということばをとても強く感じた作品とLAの風景であるが、
日本を感じるランドスケープって、海外からみると京都や富士山のような場所だろうか?
または映画「ブレードランナー」(1982)でおなじみの夜のネオンとビルディング。

ということを考えると、「秋葉原TV」(コマンドN)の、
電気街(いまは消滅したが)のテレビモニターで作品をみるということも、
東京のランドスケープを活かした作品で、日本という国のアースワーク(全体で)と
言えるのかも?と、思った。
つまり、東京オリンピックにぴったりではないか! 電気街がないけれど。

BLADE RUNNER - L.A. 2019 + Flying Scenes - [HD 1080p]


Artist Christo's latest installation, 'Floating Piers', set to open on Italy's Lake Iseo


sabo
[PR]
# by voidchicken | 2016-06-20 21:31 | art days | Trackback | Comments(0)

Los Angeles アートな旅日記 その1 西海岸が熱いかんじ #現代美術 #art #contemporaryart #museum

その2、Los Angeles アートな旅日記その2 アースワークな感じ、秋葉原TV Michael Heizer
その3、LAアートな旅その3  MOCA Geffenでマリリンに再会、メキシコ料理屋詳細



b0074921_21211136.jpg

Los Angelsでぶらぶらとアートを鑑賞してきたので、
その記録を少し書きたいと思う。

なぜ行ったのか? というのはGetty CenterとLACMAの
メープルソーブ回顧展を見るため、、、、が最初のきっかけだが、
LAはThe Broadという新しい現代美術館がオープンしていたり、
期待以上に、かなり熱い状況になっていた。

アメリカの東、NYのギャラリーや美術館が世界の
アートシーンの先端なのだが、西海岸はややノンビリ …で、
東(NY)ではメープルソープは何回も回顧展をやっているし、
「いまさらメープルソープ?」なところもあるかもしれないが。
(そこが西のいいところでもある)
展示はとても充実していた。

西でこれだけ作品が並ぶのはいろいろ経済の動きと
リンクしているような気がする。メープルソープ展の作品、
関連した写真のコレクション(のちほどかきます)も
ほとんどゲッティ財団とLACMAが一緒に購入していた。
詳細は下記サイトを。

こちらがGetty Center(ゲッティーセンター)
Robert Mapplethorpe: The Perfect Medium
March 15–July 31, 2016, Getty Center


こちらがLACMA(ラクマ)
Robert Mapplethorpe: The Perfect Medium
March 20, 2016–July 31, 2016

出品されている作品はそれぞれ違うし、キュレーションの内容も違う。
またのちほど書きます。

こちらがメープルソープ財団のサイト:The Robert Mapplethorpe Foundation, Inc.で、
世界中の展覧会がチェックできる。


という意味で、西海岸も前からアートシーンはあるのだが、
ギャラリーが東から移転してくるなど、ちらほら見聞するに、
どうやらいま、少しずつ風向きも動いているのかもしれない。

とにかくノンビリしているところである。

写真はギャラリーにおいてある無料のアート情報誌

b0074921_1511215.jpg


TimeOut LA
b0074921_2124487.jpg



さぼ
[PR]
# by voidchicken | 2016-06-20 15:11 | art days | Trackback | Comments(0)

さいたまトリエンナーレ リレートークのレポート

晴れと雨が交互に来ますね。
傘は携帯しないといけません。
相変わらずの日々ですが、



b0074921_1323050.png

フォーカス あらためて問う、芸術祭という場
──さいたまトリエンナーレ リレートーク

2016年05月15日掲載

書きました。

読んでくだいまし。

さぼ
[PR]
# by voidchicken | 2016-05-18 13:22 | art days | Trackback | Comments(0)

photography00508

b0074921_13345998.jpg




201605 pic by sabo
[PR]
# by voidchicken | 2016-05-09 13:35 | sabo's talking | Trackback | Comments(0)

岸壁の父母 No.3  渡邉ひろ子個展 #現代美術 #contemporaryart #ギャラリー #日暮里

おすすめ過去記事
アニッシュ・カプーア、インドで大個展
PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015
ドキュメンタリー映画『ルック・オブ・サイレンス』(特別寄稿)
楠見清氏「90年代のインディーズ・メディア …」を読んで思い出したこと
さかいアルテポルト黄金芸術祭2016開催中!


以前に弊ブログ の
現代美術作家・渡邉ひろ子さんインタビュー 
でご紹介した渡邉ひろ子さんの個展のお知らせです!
TWSから久々の展示ですのでお見逃しなく!
sabo



・岸壁の父母 No.3  渡邉ひろ子個展 「隣人について ー その訪問の心得」
Mom and Dad on the Cliff, Hiroko Watanabe, " On Neighbors - The Do's and Don'ts of Visits

・会場:HIGURE 17-15 cas  (〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-17-15)
アクセス:ヒグレブログ

・会期:2016年4月16日(土)から 30日(土)まで 会期中無休
・開催時間:12:00~20:00

・オープニングパーティ: 2016年4月16日(土)18:00から
・トークイベント: 2016年4月16日(土)19:00から ゲスト 倉石信乃(美術/写真評論)、金川晋吾(写真家)
・トークイベント: 2016年4月23日(土)19:00から O JUN 、ゲスト 能勢陽子(豊田市美術館学芸員)

※上記以外にもイベントを予定しています。
※O JUNは、23日(土)のトークに参加します。



「他者との距離」 

 渡邉ひろ子は、他者について、あるいは自他の両岸を隔てる境界について、様々な場所から、様々な素材を使って、アプローチを続けている。彼女が制作し続けている「氷の文字」の映像は、そのような幾多の試みの中から生まれた作品であり、彼女の言う「いまだ見えない」大きな世界の存在、「サイクル」を見る人に感じさせるものだ。

 今回は、新作の映像インスタレーションの他に、作家の実家を再構成した部屋を作り、彼女の祖母が遺した品々と彼女の作品を置く。祖母の死を通して、自身の存在の輪郭や「祝福」という感情の在り処、また、亡くなった存在との距離の取り方、関係のあり方を探って行く。はたして、最愛の、だが絶対的他者(死者、あるいは死そのもの)との距離は、測ることが出来るだろうか? 来場者は、渡邉の部屋に訪れた一人の他者として、様々な試みを作家と共有することになるだろう。

 「岸壁の父母」は、この会期中、「他者との距離」をテーマに評論家や学芸員の他、若い作家達をゲストに複数のイベントを企画・開催する。また、会期後にNo.1~3の記録集を作成する。この記録集においては、展示の記録とともに、企画者の一人である岸壁の父、O JUNが、生まれつつある若き作家達に向けて発した言葉が掲載される。(カトウ)


・作家:渡邉ひろ子 HP:http://watanabehiroko.com/


sabo
[PR]
# by voidchicken | 2016-04-12 22:14 | art days | Trackback | Comments(0)


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

Who we are?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


最新の記事

あいちトリエンナーレ2016..
at 2016-08-18 13:46
LAアートぶらぶら その6 ..
at 2016-08-15 21:54
あいちトリエンナーレ見所とし..
at 2016-08-12 10:54
LAアートな旅その5 ふた..
at 2016-08-08 12:02
チェジョンファのワークショッ..
at 2016-07-19 17:37
本日!眞島竜男ツイキャス!
at 2016-07-09 18:44
西京人インタビュー「西京人—..
at 2016-07-03 11:46
六本木クロッシングいよいよラ..
at 2016-07-03 11:38
LAアートな旅その4 The..
at 2016-06-24 12:28
LAアートな旅その3  MO..
at 2016-06-22 09:07

以前の記事

2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(463)
(443)
(431)
(304)
(258)
(249)
(163)
(138)
(127)
(109)
(109)
(103)
(97)
(45)
(39)
(33)
(27)
(9)
(8)
(7)

検索

art for all.

ライフログ


現代アートを買おう! (集英社新書)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル

アート・デザイン
語学