「インディア・アート・サミット」レポート #現代美術

b0074921_14234894.jpg

デリー在住キュレーターの黒岩朋子さんから、
1月20日から23日の3日間行われたインド最大のアートフェア
「インディア・アート・サミット」(IAS)の速報が届きました。
貴重なレポートを写真入でお届け!


=・・・=・・・=・・・=・・・=・・・=・・・=・・・・=・・・=・・・=・・・=

今回が3度目となる「インディア・アート・サミット」(IAS)。毎年8月下旬に
行われたが、今回は一年半ほど延ばして気候も安定している2011年1月20日
から23日の間にデリーのプラガティ・マイデンで開催された。
20日の内覧会では、午後3時過ぎからぞろぞろと国内外の美術関係者が集まりだす。
前回よりも床面積を7割増にした展示空間に、34カ国84ギャラリーが賑やかに
ひしめきあう。

インド唯一の全国規模のアートフェアとなったIASは、展示を鑑賞、購入する
だけでなく、国内の近代および現代の主要ギャラリストそして、大御所から
若手に至るインド人アーティストが集まる貴重な場でもある。会場のあちこちで
挨拶が交わされているのが聞こえてくる。

海外からは昨年同様にアニッシュ・カプーアを取り扱うLisson Gallery(英国)や
UAE の1x1Galleryほか、新たにパキスタンのGrey Gallery(ドバイのthejamjarと
共同ブース)などのイスラム圏、Indigo Blue Art(シンガポール)、Sundaram
Tagore(香港)などの東南アジア圏が出展。日本からはShonandai Gallery
Tamura Akio Galleryが参加した。

b0074921_142752100.jpg
シンガポールのギャラリーIndigo Blueのブース

3度のフェアを通してみると、2008年の初回はデリーのギャラリーを中心に集まった
30ほどにすぎない地元のイベント、翌年は国内の主要なギャラリーと海外からの
参加が増えてフェアが活気づき、そして今年は地方を含めた国内と欧・豪州のギャラリー
に加え、イスラム諸国やアジアのギャラリを取り込んだ一大フェアに成長している。

b0074921_14362117.jpg


b0074921_14265912.jpg
Skoda Art Prize最終候補者展会場@ドイツ文化会館。作品はグランプリを受賞したMithu Senによる。

アジア圏で行われるほかのフェアの違いといえば、海外出展ギャラリーの多くは
インドまたは近隣およびインド亜大陸圏の作家、もしくはインドに縁のある作家や
テーマを戦略的に持ち込んでいる点か。傍でみていても他のアジア諸国、もしくは
欧米の作品を収集する嗜好はインドではまだそんなにないように思える。良くいえば、
潜在的な可能性を秘めているともいえるのだが。
また、現代美術を支える公共の美術機関がほとんどといって存在しないため、アート
フェアにもかかわらず、関連プログラムにブリティッシュカウンシルをはじめとする、
欧州の公共文化機関の支援が目立つのも特徴的だ。

b0074921_14291198.jpg
屋外インスタレーション

その他、期間中に会場内で開催されたイベントは数知れず。有料のSpeakers Forumほか、
屋外インスタレーション、若手作家トーク、パフォーマンス、朗読ほか、ビデオ
スクリーニングが設けられるなど、各所でイベントを楽しむ観客の姿が見られた。
Speakers Forumでは、ハーバード大学教授のホーミー・K・バーバーとアニッシュ
の対談のほか、アートマーケットやパブリックにおけるアートに至るまで様々なテーマ
で討論が繰り広げられた。もともと10以上の公用語があるお国柄なので、英語は
インド人同士にとっても共通語。関連イベントもすべて英語で執り行われる。
外国人にとって現地の出版物や講演の情報をリアルタイムで得ることができるのは
ありがたい。近年インドアートが急激に注目されていることにも、英語というツールは
一役買っているのではと思う。

b0074921_14432721.jpg
khoj marathon by hans obrist interview with Subodh Gupta
b0074921_14301193.jpg
peakers ForumでAnish Kapoorとhomi Bhabhaの対話に参加者が多すぎて、フォーラム会場に入りきれず、IAS会場内のイベントスペースに設置されたモニタで見ることに。ここは無料で聴けるのにフォーラム内では500RS徴収される、という矛盾。

フェアの時期に絡めて行われた会場外の展覧会やイベントについていえば、以前に
比べて数も質も共に向上している。フェア開催2日前には、シンポジウム
「キュレーションをめぐる対話」がヴァデラ・アートギャラリーを母体とする
非営利団体FICA主催で行われ、欧米のキュレーターとインドの美術関係者との
間でアカデミックな対話の場が持たれた。

その他に、国立近代美術館で11月末より開催しているアニッシュ・カプーアの
インド初個展
(フェア期間中は本人によるガイド・ツアーがあった模様)、ショッピング・
モールを擁する商業エリアに開館したKiran Nadar Museum of Art(KNMA)など
がある。ドイツ系の車会社のシュコーダ社が英国のターナー賞をモデルにSkoda Art Prizeを設立
したり、非営利団体Khojが、ハンス・オブリストが美術界を中心とするインドの著名人
26人を15分刻みでインタビューするKhoj Marathon by Hans Obristを開催
したのも特筆すべき出来事であろう。

b0074921_14252624.jpg

公共の美術機関や美術支援が極めて少ないインドだが、企業や個人コレクター、
そして欧州の文化機関に協力を仰ぎながら開催されるISAを始めとするこれら
一連のプロジェクト。ときに右肩あがりのインド経済に寄り添おうとする欧州
各国の政治事情をも映しながら、インドの国内アートは商業に公的側面を絡ま
せた独自の路線の下で今後も発展してゆくであろうと思われた数日間だった。
(黒岩朋子/キュレーター)




☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*
過去記事はこちらからも。(10位"Y(o^Д^o)Y")
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

今日もご愛読ありがとうございます!(248位 "Y(o^Д^o)Y")
↓  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2011-02-07 19:11 | art days | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://voidchicke.exblog.jp/tb/14837564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

Kochi Muziris ..
at 2017-01-19 15:07
Kochi Muziris ..
at 2017-01-05 00:32
Kochi=Muziris ..
at 2017-01-01 02:16
入る旅人 出る旅人 vol...
at 2016-10-26 23:04
広島アートぶらぶらその3 番..
at 2016-10-22 19:05
広島アートぶらぶらその2 横..
at 2016-10-20 01:50
「Nのパラドックス」 アート..
at 2016-10-16 21:44
「スティーブ・ジョブズ」とい..
at 2016-10-10 01:16
Art & Breakfas..
at 2016-09-12 00:24
あいちトリエンナーレ2016..
at 2016-08-18 13:46

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

以前の記事

2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(464)
(448)
(432)
(307)
(259)
(253)
(163)
(139)
(127)
(110)
(109)
(103)
(98)
(45)
(39)
(33)
(27)
(10)
(8)
(8)

検索

Who's voidchicken?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


art for all.

記事ランキング

画像一覧

ライフログ


現代アートを買おう! (集英社新書)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル

アート・デザイン
語学