タゴールの絵 Rabindranath Tagore: #Poet and #Painter #art #Bengali Victoria and Albert Museum

Meow, why don't you pet me, if you LUV me?
How to Pet a Cat
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ラビーンドラナート・タゴールは文学者かと思っていたけど、絵も描いてたんだ。
とても良い絵ですね!!! 
タゴールの女をモデルしたやさしい筆づかいの絵が目に止まりました。
イギリスの「ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館」でタゴールの展覧会
があり、そのレビューです。

b0074921_3265690.jpg


サー・ラビーンドラナート・タゴール(英語:Sir Rabindranath Tagore

By Sameer Rahim 5:39PM GMT 13 Dec 2011 (The Telegraph)
Rabindranath Tagore: Poet and Painter, V&A, review

Sameer Rahim reviews an exhibition of paintings by the Bengali poet and polymath Rabindranath Tagore at the Victoria and Albert Museum.


The poet, novelist and songwriter Rabindranath Tagore was the renaissance man of early 20th-century India. Not only was he the first non-European to win the Nobel Prize for Literature (in 1913), his songs were used as the national anthems of two countries: independent India and Bangladesh.

Looking at another of the portraits here, I was reminded of the sad story of Bimala, a housewife tragically drawn to a fiery Indian nationalist, in his great novel At Home in the World. A veiled woman raises her arm to her face, either about to rest her head or wipe away a tear; her breast is exposed, as though she had just torn her clothes in mourning. Compositionally balanced and painted in varieties of brown, this is one painting from which you will not want to turn away....

Tagore said his paintings did not contain “any interpretation of an idea or representation of fact”. This might be true for the animal images and the landscapes, but not for the most compelling part of this exhibition, where the connection with human lives is at its strongest. His tableau of shrouded women with their backs towards us has a mysterious allure: the private world of Indian women is glimpsed but not revealed....

The question overhanging the exhibition is whether the paintings would be displayed at all if they were not by a genius in other mediums.  In all honesty, perhaps not, but Tagore is such a fascinating figure that for fans of his work the art will illuminate his poems and fiction;and for those coming cold, this serves as a delightful introduction.


タゴール自身も自分の絵はある考えを表現したり、本当の事物を描いたものじゃないと
言ってるようで、絵は思索のあいまの「手慰み」のようにも見える。がなかなかよいと思った。

インドの歴史、哲学についてなにも見識も持ち合わせぬ私にはなにも解説できませんが、
いまタゴールのような詩人、哲学者がクローズアップされるという社会現象が
おもしろいなーとおもいます。
インドは昔から女性の地位が低いですし、ベールの下に表情を隠し、
深い怒りや哀しみ等を共感、共有し、寄り添う女たちが描かれた絵。
しかし、、この記事を書いた英国人がタゴールの絵をみて、なにを思ったのか
読解力不足でいまいちわからんのですが、、、。
描かれた女性像がタゴール原作(”At Home in the World”)の映画に登場する女性を思い出させる
と語っているところがあります。本を読まないとわかりませんね。
「絵はまあ実のところ巨匠レベルじゃないっすけど、詩聖といわれるほどの
すばらしい彼の詩や小説のファンのあなたには、おすすめーっ」て感じかな。
絵をきっかけに詩を読みましょうって。

私も読んだことがないから、手に取ってみようかなと思う。
絵を見てから詩を読むのもわるくないかも。

(彼の詩は1913年にアジア人初のノーベル賞文学賞受賞)
「ギタンジャリ 」(レグルス文庫) [新書]

昔の詩なのにまったく古くない!
一部詩を抜粋。

この偉大な宇宙の中に

この偉大な宇宙の中に
巨大な苦痛の車輪が廻っている
星や遊星は砕け去り
白熱した砂塵の火花が遠く投げとばされて
すさまじい速力でとびちる
元初の網の目に
実在の苦悩を包みながら。
苦痛の武器庫の中では
意識の領野(りょうや)の上に広がって、赤熱した
責苦の道具が鳴りどよめき
血を流しつつ傷口が大きく口をあける
人間の身体は小さいが
彼の苦しむ力はいかにはてしないか
創造と混沌の大道において
いかなる目標に向かって、彼はおのれの火の飲物の杯をあげるのか
奇怪な神々の祝宴で
。。。。

おどろいた人!
はーい。

Tagore Song Sung by Rabindranath Tagore Himself


参考リンク
*タゴールの詩
*「タゴールの生き方に学ぶ」日野原 重明
*タゴール (臨死体験・気功・瞑想)
*タゴール生誕150年 タゴールの絵
*V&A -ヴィクトリア・アルバート美術館-おいしい*たのしいロンドン生活
*Tagore-National Gallery of Modern Art,New Delhi)

インドとバングラデッシュの国歌の作詞・作曲者でもある多才な方。というか天才。
イギリスで教育を受けているから、ノーベル賞受賞作の詩は英語で書いたん
だろうかと思ったら「ベンガル語」で書いたんだそうな。(自分で英訳本もつくった)

s/b


今日もお読みくださり
ありがとうございます。
寒い冬に負けないよう
クリック応援よろしくお願いします!

Thank you for your kindness!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2011-12-19 03:08 | art days | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://voidchicke.exblog.jp/tb/17375566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

追悼・後々田さんから。
at 2017-06-15 22:37
映画「ギターマダガスカル」と..
at 2017-05-04 00:34
メルマガ5/2でました。
at 2017-05-03 15:59
感じてもだえる愛の重さ…二藤..
at 2017-05-02 19:41
Kochi Muziris ..
at 2017-01-19 15:07
Kochi Muziris ..
at 2017-01-05 00:32
Kochi=Muziris ..
at 2017-01-01 02:16
入る旅人 出る旅人 vol...
at 2016-10-26 23:04
広島アートぶらぶらその3 番..
at 2016-10-22 19:05
広島アートぶらぶらその2 横..
at 2016-10-20 01:50

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(464)
(451)
(432)
(309)
(259)
(254)
(163)
(139)
(127)
(110)
(109)
(105)
(98)
(45)
(39)
(33)
(27)
(10)
(8)
(8)

検索

Who's voidchicken?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


art for all.

記事ランキング

画像一覧

ライフログ


現代アートを買おう! (集英社新書)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル

アート・デザイン
語学