himming紀行・アート編 「ヒミオトフェスティバル」&氷見クリック上映会

番外編から先にアップしたhimmingのレポートあげときます。
b0074921_11524046.jpg
高岡駅からテツの憧れ、氷見線に乗って。




b0074921_11555657.jpg
氷見は日本海有数の漁港で知られる町。温泉もでるし、なんというか、観光資源だらけのところ。
その氷見のあちこちに点在する作品を地図をもって見て回りながら、うまいものを堪能するというのがhimming。違った?

町の中心街は小さくてあるいて回れるほど。
でも、海沿いや山の方へは車がないといけない。けっこう氷見は広い。
b0074921_12274664.jpg
氷見でアートのイベントが初めておこったのは2003年。昔、漁師が漁に出る時、暖を取ったり朝ご飯をとっていた「番屋」の保存と再生のために、地元有志とアーティストでつくった小さなイベントだった。
b0074921_12241410.jpg
これとは別の流れで中村政人とかコマンドNが関わり出して今のhimmingになったのが2005年。これには番屋の時の経験やネットワークも大きく貢献した。
(著者訂正:himmingの名称は2006年、コマンドNが関わり出したのが2004年でした。女将さまご指摘ありがと〜どうもすみません。ぺこり)
そうして、作家から周りの作家へ、また一部の地元有志からさらに地元の人へとひろがって、ちょっとずつ成長して来たhimming。
昨年ライブをやったという竹ドームにいったら、新しくウッドデッキが整備中。
これもhimming効果?この竹ドーム、自然にできたものだとか。
b0074921_12283420.jpg
展示会場は、主に町中にうじゃうじゃ残ってる、使われてない蔵や民家が中心。掃除が大変だったろうなあ。
鈴木真吾「グリーングリーン」とか、
b0074921_1230116.jpg
柳幸典とか、あ、でもこれは作品なのか蔵なのか、
b0074921_1246310.jpg
氷見や能登独特の家構えの民家に渡辺寛の写真とか、ほのぼの〜
b0074921_12475765.jpg
これが番屋。
b0074921_12503794.jpg
その中に九谷焼の高橋治希の作品。
葉っぱ一枚一枚が全部九谷焼。圧巻!
b0074921_11492510.jpg
土産屋さん「堀与商店」の2Fには中村政人の作品。
商店街の見晴し台をつくってそこから覗くかっこう。

なにせ着いたのが最終日の昼だったので、けっこう慌ただしく、そのせいか作品ひとつひとつを鑑賞するというよりも、場所めぐり&食に燃えてしまった感も。
でも、本当に氷見には魅力的な場所がいっぱいで、それを発見するためのアート、というのもまんざら間違いではないかも?
ので、作品については藤浩志さんのブログに詳しいのでこちらをみてね。
そして、山間部の天空平で開催される野外ライブ「ヒミオトフェスティバル」&氷見クリック上映会へ向う。

b0074921_1271824.jpg
ここ、広大な山の中腹がすこーんとまっ平に削られていて、その崖っぷちにステージ、というすごいロケーション。前日の雨で地面はぬかるみ、しかもちょいと寒くて、まるでFujiロックか!
農家のおばちゃんたちは長靴持参。
この真っ平らな切り崩しは、下の山村の崖崩れ対策だという現実もあり。
オムトンほかゆるめのバンドが次々登場。
食べ物の出店も賑わってて、祭りやねえ。
b0074921_12113985.jpg
<番外>ヒミオトファッションその1。ビニールで靴をくるんで藁縄でしばる。氷見人のアイデア!
b0074921_12122734.jpg
<番外>ヒミオトファッションその2。持参のレインコート!賢い!

b0074921_12153456.jpg
過剰な野心や期待とは無縁の、とっても素朴なアート夏祭りでした。
招待されたアーティストもスタッフみたいに働き、スタッフの氷見の人もおいしいものをつくったりイベントを主催したりアーティストみたいなところもあって、みんな平等。
カフェのスタッフが煮干しやさんだったり、おみやげやさんの店主が作品を解説してくれたり、ふつうに地元の人とおしゃべりできたのも楽しかった。
今までこういう地方のアートイベントに行って、わーきゃーいいながらも、どこかうっすら感じていたのは、よそ者の疎外感。
過疎の山村に車を連ねてアートを観に行って、それがそこに暮らす人たちと何の関係もない、という後ろめたさと、アートがまちをおこす!みたいなお題目への疑問。
でも氷見には、そういう感じがあまりなかった。なんでだろう。
別に氷見の人がずばぬけて人がいいとか(笑)、そういうことではないはず。だよね。
たぶん行政的なまちおこしではなくて、個人と個人の結びつき、その広がりだから?
たぶんあやしいよそ者ディレクターがいないせい???

東京から来ていた人が、
自分は子どものためにふるさとをつくってやりたいから来ている、といっていた。
氷見のおじいちゃんおばあちゃんち、だ。
おみやげ抱えて、「また来年〜!」と作家たちが手を振って別れていく。
ああ、なんだかhimmingはこれからも続いていきそうだね。(さかぐ)


★voidchickenがんばれ!と思うとき、1クリック♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by voidchicken | 2007-09-16 14:17 | art days | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://voidchicke.exblog.jp/tb/7441459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 女将です at 2007-09-18 06:57 x
あ、いよいよアップ。ありがとうございます。
えー、でも政人さんやコマンドNは2004年からですね。
2004年は、幻の氷見クリックvol.0(2004.5に0研ガ院生だったときに実施)の公開時に、蔵再生の2003年メンバーを招待して出会い、で、助成金がトレちゃったし、氷見クリック2004をやるか、ってことでコマンドNが来てくれて(中村、伊藤、宍戸、林、藤森)、同じく阿尾の番屋で開催。ポスターもパンフもなかったですねー。
で、翌2005から、ポスター(縦横2バージョン)で鈴木さん登場と相成り北大町埋め立て地で10mスクリーンに拡大開催しました。
ところで、番外編ともども、ヒミング2007ブログにリンクはっていいでしょうか?
Commented by yoro at 2007-09-18 23:03 x
ヒミングスタッフのヨロです。ヒミングをこんな風に感じていただけて、ウレシイです。ほんとに、ウレシイです。ウレシイ~~~。
Commented by sakagu at 2007-09-19 01:35 x
女将さまー
うろ覚えですみません。himmingってネーミングは2005年からじゃなかったでしょうか?2006年だっけ?うわーすみません!
2004年の氷見クリックは観に行きましたよ。その翌朝の永芳閣で光り輝く煮干しに初めて出会ったのでした。
リンクよろしくお願いします!
Commented by voidchicken at 2007-09-19 14:54
yoroさま
たぶん外には見えない苦労が何トンもあったとは思いますけど、楽しかったです。おつかれさまでしたー。


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

【黄金町バザール】サン・ピッ..
at 2017-08-22 21:27
2017年国際展巡り一人旅 ..
at 2017-08-22 21:21
バンコクアートだより2017..
at 2017-07-22 12:49
追悼・後々田さんから。
at 2017-06-15 22:37
映画「ギターマダガスカル」と..
at 2017-05-04 00:34
メルマガ5/2でました。
at 2017-05-03 15:59
感じてもだえる愛の重さ…二藤..
at 2017-05-02 19:41
Kochi Muziris ..
at 2017-01-19 15:07
Kochi Muziris ..
at 2017-01-05 00:32
Kochi=Muziris ..
at 2017-01-01 02:16

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(465)
(452)
(434)
(309)
(260)
(256)
(163)
(140)
(127)
(110)
(110)
(105)
(98)
(45)
(39)
(33)
(27)
(10)
(8)
(8)

検索

Who's voidchicken?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


art for all.

記事ランキング

画像一覧

ライフログ


現代アートを買おう! (集英社新書)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル

アート・デザイン
語学