カテゴリ:art days( 1212 )

チェジョンファのワークショップ参加募集

b0074921_17375713.jpg
さいたまトリエンナーレ2016にチェジョンファがやってきます!!

十和田市現代美術館のフラワーホースや、霧島アートの森、小豆島のお目見えでもおなじみの
チェジョンファがさいたまトリエンナーレに来ます!!

チェさん自らも作るであろうハッピーハッピーという
カラフルなカゴや日常品プラスチックなどを自由に組み合わせてつくる作品で
できた作品はさいたまトリエンナーレで展示されます!
チェさんの作品は、「誰でもアーティストになれる」「なんでもアートになる」というものですが
翻って、アーティストは存在しないし、アートも存在しない
という意味も含む痛快アートなので、本人が来たときにぜひ話を聞きつつ
作品制作に参加してみてください。
7月23日、24日にワークショップatさくら環境センターです。

詳細はこちら
https://saitamatriennale.jp/event/1321

(水)
[PR]
by voidchicken | 2016-07-19 17:37 | art days | Trackback | Comments(0)

本日!眞島竜男ツイキャス!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃VOID Chicken Nuggets 2016年7月9日号
┃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
┃快調アート小咄ブログ ⇒ http://voidchicke.exblog.jp/

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2016/07/09━
b0074921_18482333.jpg
画像と投稿の内容は関係ありません

-----------------------------------------------------------------------

緊急告知 選挙前日 7/9 本日 20時にツイキャス!
眞島竜男 「今日のおどり」 voidchickenが配信します。

【眞島竜男と仲間たち】ツイキャスURL
http://twitcasting.tv/c:sabocox

ツイッター
ツイキャスとリンクした「眞島竜男と仲間たち」ツイッター作りましたので、そちらもご覧ください。@majima_friends


さて。アーティストたちがツイッターしてますね。明日、若者の投票率が上がるといいのですが …。

ツイキャス失敗したら、笑って許して!

アーティスト・プロフィール

眞島竜男(まじま たつお)
1970年東京生まれ、神奈川県川崎を拠点に活動。ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ美術科卒業。ロンドンから帰国後発表した1930年代の日本洋画界を題材にした《日本近代美術/楽しき国土》(1995)では、里見勝蔵、児島善三郎、三岸好太郎、福沢一郎といった独立美術協会のメンバーが野外に集い、ワインやバーベキューを楽しみながら、実際にはありえない会話を繰り広げる光景を映像化した。その他にも《北京日記》(2010)、《鵠沼相撲・京都ボクシング》(2010初演)など、緻密な資料調査を踏まえ、九割の事実に一割の虚構を織り込みながら、美術家の視点から近代日本美術史における定説のいくつかを再考察する作品を発表してきた。戦後美術の原点の一つとして専門家の間で評価の高い河原温の『浴室』シリーズ(1953–54)は、実は戦前との決別ではなく、アジアの地平線を求めた近代日本美術の拡大妄想が「折りたたまれた」だけだとする眞島の解釈は、研究者たちが真剣に検証すべき示唆に満ちている。2010年頃からは《今日の踊り》(2012–13)などのパフォーマンスやレクチャーが増えている。(Para
sophia京都国際芸術祭サイトより http://www.parasophia.jp/artists/tatsuo_majima/)


動画 眞島竜男 今日の踊り 2016年7月8日



「眞島竜男 今日の踊り」 遠藤水城
http://haps-kyoto.com/haps-press/majimatatsuo/majimatatsuo/


==============================================

選挙に行こう!親に電話しよう!(さかぐ)

ママ友、パパ友にも、爺ちゃん、婆ちゃんにも!(さぼ)
[PR]
by voidchicken | 2016-07-09 18:44 | art days | Trackback | Comments(0)

西京人インタビュー「西京人—西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。」展 #現代美術 #展覧会

「西京人—西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。」展
のさかぐーのインタビュー記事リンクします。



西京をひらく──西京人インタビュー
西京人 /坂口千秋2016年06月15日号


b0074921_11432283.png



夏休みは金沢と広島に行きたい。
sabo
[PR]
by voidchicken | 2016-07-03 11:46 | art days | Trackback | Comments(0)

六本木クロッシングいよいよラスト1週間です! #現代美術 #展覧会 


fbより転載
自主検閲あり



b0074921_1136545.png





sabo
[PR]
by voidchicken | 2016-07-03 11:38 | art days | Trackback | Comments(0)

LAアートな旅その4 The Broadを見逃して思うこと #現代アート

過去記事
Los Angeles アートな旅日記 その1 西海岸が熱いかんじ



いつもブログをご愛読ありがとうございます。
Los Angeles アートな旅シリーズの4弾、


LAアートな旅その4
 The Broadを見逃して思うこと



こちらのリンク先にてご覧くださいませ。

以降は、noteにて公開しますので、
よろしくお願い致します!

過去記事はブログとnoteでも公開中です。

下記はブログのりんくです。

Los Angeles アートな旅日記 その1 西海岸が熱いかんじ

Los Angeles アートな旅日記その2 アースワークな感じ、秋葉原TV Michael Heizer


LAアートな旅その3  MOCA Geffenでマリリンに再会、メキシコ料理屋詳細


さぼ
[PR]
by voidchicken | 2016-06-24 12:28 | art days | Trackback | Comments(0)

Los Angeles アートな旅日記その2 アースワークな感じ、秋葉原TV Michael Heizer


Los Angeles アートな旅日記 その1 西海岸が熱いかんじ
LAアートな旅その3  MOCA Geffenでマリリンに再会、メキシコ料理屋詳細


LACMA(ラクマ)にはいろいろ話題の常設作品があるのですがそのうちのひとつ。

LACMA
マイケル・ハイザー(Michael Heizer), ' Levitated Mass ' (2012)

b0074921_21395883.jpg


これは巨大な石の作品で、通りからみるとグランドレベルに設置されて
いるように見え、正面からみるとこのように作品の下をくぐることができます。
(遠近を利用して、持ち上げたポーズをして記念写真を撮るのが定番)

このマイケル・ハイザーには、「ダブル・ネガティヴ(double negative)」というMOCAのコレクションになっているアースワークもある。詳細はリンク先と、こちらの村田先生の記事を。

村田真氏 美術の基礎問題 連載第17回 アースワーク

この作品などを実際にみて思うのは、アースワークというのはアメリカにぴったりの美術だなぁということ。

ご存じのようにロサンゼルスという街じたいが、車で移動しない何にもできないところ。
次の駅まで歩けちゃうような距離を電車でちまちまと移動している東京の日々
に慣れていると困ることが起きる。
MAPをみて、「次の交差点を右に曲がってすぐね」と道を歩いていると、
その交差点までが100メートルあったりして、「やべっ」と思うスケールなのだ。

広々とした大地に暮らし、人間同士の距離もだだっ広い。
スケール感がやはり日本とは違う。スカイツリーも高いかもしれないが、
ここは横の方向にとてもでかいのだ。
抜けるような青い空と山々に囲まれていると、
とても寛大な気持ちになってきて、「大きいなぁ …」と、
この大きな作品を前に素直に感動できちゃう。
また、この石も「どうだ、大きいだろう?」っていう感じはまったくなく、
こちらが「人間って小さいのね」と、地球から生まれた作品にひれ伏したくなり、
そしていろいろと考えてしまうのだ。

これはいまイタリアで公開中のクリストの作品にも通じるものがあるかもしれない。
クリストの果敢な挑戦にもひれ伏してしまうが。

The Floating Piers - Christo and Jeanne-Claude

wikiによるとハイザーは作品のコンセプトについて公式にはほとんど
説明していない。たぶんその態度も含めて、作品なのだと言える。
美術館が公開しているスケッチには、"destroys 'gestalt' concepts"
(ゲシュタルトコンセプトを壊せ)と手書のメモがあると書いてある。

(Levitated Mass-wiki)
Heizer rarely explains or comments on his work and has never offered a public explanation of Levitated Mass's meaning or significance. He has however described the piece as being 'static art' and emphasized the importance of the boulder's size and of the work's longevity, saying that the work is meant to last 3,500 years. LACMA has published a preliminary sketch of the work by Heizer that contains a handwritten notation saying that the work "destroys 'gestalt' concepts".[2]

近くによるとこんな感じ。ごちゃごちゃ言うな!ってでかさ。
b0074921_2140926.jpg


「ランドスケープ」ということばをとても強く感じた作品とLAの風景であるが、
日本を感じるランドスケープって、海外からみると京都や富士山のような場所だろうか?
または映画「ブレードランナー」(1982)でおなじみの夜のネオンとビルディング。

ということを考えると、「秋葉原TV」(コマンドN)の、
電気街(いまは消滅したが)のテレビモニターで作品をみるということも、
東京のランドスケープを活かした作品で、日本という国のアースワーク(全体で)と
言えるのかも?と、思った。
つまり、東京オリンピックにぴったりではないか! 電気街がないけれど。

BLADE RUNNER - L.A. 2019 + Flying Scenes - [HD 1080p]


Artist Christo's latest installation, 'Floating Piers', set to open on Italy's Lake Iseo


sabo
[PR]
by voidchicken | 2016-06-20 21:31 | art days | Trackback | Comments(0)

Los Angeles アートな旅日記 その1 西海岸が熱いかんじ #現代美術 #art #contemporaryart #museum

その2、Los Angeles アートな旅日記その2 アースワークな感じ、秋葉原TV Michael Heizer
その3、LAアートな旅その3  MOCA Geffenでマリリンに再会、メキシコ料理屋詳細



b0074921_21211136.jpg

Los Angelsでぶらぶらとアートを鑑賞してきたので、
その記録を少し書きたいと思う。

なぜ行ったのか? というのはGetty CenterとLACMAの
メープルソーブ回顧展を見るため、、、、が最初のきっかけだが、
LAはThe Broadという新しい現代美術館がオープンしていたり、
期待以上に、かなり熱い状況になっていた。

アメリカの東、NYのギャラリーや美術館が世界の
アートシーンの先端なのだが、西海岸はややノンビリ …で、
東(NY)ではメープルソープは何回も回顧展をやっているし、
「いまさらメープルソープ?」なところもあるかもしれないが。
(そこが西のいいところでもある)
展示はとても充実していた。

西でこれだけ作品が並ぶのはいろいろ経済の動きと
リンクしているような気がする。メープルソープ展の作品、
関連した写真のコレクション(のちほどかきます)も
ほとんどゲッティ財団とLACMAが一緒に購入していた。
詳細は下記サイトを。

こちらがGetty Center(ゲッティーセンター)
Robert Mapplethorpe: The Perfect Medium
March 15–July 31, 2016, Getty Center


こちらがLACMA(ラクマ)
Robert Mapplethorpe: The Perfect Medium
March 20, 2016–July 31, 2016

出品されている作品はそれぞれ違うし、キュレーションの内容も違う。
またのちほど書きます。

こちらがメープルソープ財団のサイト:The Robert Mapplethorpe Foundation, Inc.で、
世界中の展覧会がチェックできる。


という意味で、西海岸も前からアートシーンはあるのだが、
ギャラリーが東から移転してくるなど、ちらほら見聞するに、
どうやらいま、少しずつ風向きも動いているのかもしれない。

とにかくノンビリしているところである。

写真はギャラリーにおいてある無料のアート情報誌

b0074921_1511215.jpg


TimeOut LA
b0074921_2124487.jpg



さぼ
[PR]
by voidchicken | 2016-06-20 15:11 | art days | Trackback | Comments(0)

さいたまトリエンナーレ リレートークのレポート

晴れと雨が交互に来ますね。
傘は携帯しないといけません。
相変わらずの日々ですが、



b0074921_1323050.png

フォーカス あらためて問う、芸術祭という場
──さいたまトリエンナーレ リレートーク

2016年05月15日掲載

書きました。

読んでくだいまし。

さぼ
[PR]
by voidchicken | 2016-05-18 13:22 | art days | Trackback | Comments(0)

岸壁の父母 No.3  渡邉ひろ子個展 #現代美術 #contemporaryart #ギャラリー #日暮里

おすすめ過去記事
アニッシュ・カプーア、インドで大個展
PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015
ドキュメンタリー映画『ルック・オブ・サイレンス』(特別寄稿)
楠見清氏「90年代のインディーズ・メディア …」を読んで思い出したこと
さかいアルテポルト黄金芸術祭2016開催中!


以前に弊ブログ の
現代美術作家・渡邉ひろ子さんインタビュー 
でご紹介した渡邉ひろ子さんの個展のお知らせです!
TWSから久々の展示ですのでお見逃しなく!
sabo



・岸壁の父母 No.3  渡邉ひろ子個展 「隣人について ー その訪問の心得」
Mom and Dad on the Cliff, Hiroko Watanabe, " On Neighbors - The Do's and Don'ts of Visits

・会場:HIGURE 17-15 cas  (〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-17-15)
アクセス:ヒグレブログ

・会期:2016年4月16日(土)から 30日(土)まで 会期中無休
・開催時間:12:00~20:00

・オープニングパーティ: 2016年4月16日(土)18:00から
・トークイベント: 2016年4月16日(土)19:00から ゲスト 倉石信乃(美術/写真評論)、金川晋吾(写真家)
・トークイベント: 2016年4月23日(土)19:00から O JUN 、ゲスト 能勢陽子(豊田市美術館学芸員)

※上記以外にもイベントを予定しています。
※O JUNは、23日(土)のトークに参加します。



「他者との距離」 

 渡邉ひろ子は、他者について、あるいは自他の両岸を隔てる境界について、様々な場所から、様々な素材を使って、アプローチを続けている。彼女が制作し続けている「氷の文字」の映像は、そのような幾多の試みの中から生まれた作品であり、彼女の言う「いまだ見えない」大きな世界の存在、「サイクル」を見る人に感じさせるものだ。

 今回は、新作の映像インスタレーションの他に、作家の実家を再構成した部屋を作り、彼女の祖母が遺した品々と彼女の作品を置く。祖母の死を通して、自身の存在の輪郭や「祝福」という感情の在り処、また、亡くなった存在との距離の取り方、関係のあり方を探って行く。はたして、最愛の、だが絶対的他者(死者、あるいは死そのもの)との距離は、測ることが出来るだろうか? 来場者は、渡邉の部屋に訪れた一人の他者として、様々な試みを作家と共有することになるだろう。

 「岸壁の父母」は、この会期中、「他者との距離」をテーマに評論家や学芸員の他、若い作家達をゲストに複数のイベントを企画・開催する。また、会期後にNo.1~3の記録集を作成する。この記録集においては、展示の記録とともに、企画者の一人である岸壁の父、O JUNが、生まれつつある若き作家達に向けて発した言葉が掲載される。(カトウ)


・作家:渡邉ひろ子 HP:http://watanabehiroko.com/


sabo
[PR]
by voidchicken | 2016-04-12 22:14 | art days | Trackback | Comments(0)

アルトゥル・ジミェフスキ Artur Żmijewski MOTアニュアル2016#現代美術 #contemporaryart #museum

MOTアニュアル2016

キセイノセイキ 行ってきました。
いろいろ問題提起のある展覧会でした。

安保法案とは、そもそも何? わかりやすく解説【今さら聞けない】
(ハフポス)

世の中が緊張してくると、アートもいい感じに緊張してくるのは
皮肉なことだが、真実である。


アルトゥル・ジミェフスキ Artur Żmijewski
の囚人と看守の実験を再現した映像が傑出してよかった。

アルトゥル・ジミェフスキ (@KCUA)

Artur Żmijewski (Tate Modern)



Tate Modern で "Blindly"という映像作品を見たことがあった。
この作品も感動的な作品だった。
なんというか、やはり見ていて、このひねくれたわたしもジーンとくるのよ。
キセイノセイキでは、「目をそらすでねー!」な映像があって、
わたしには辛いものがあった。
辛いものを見たり、聞いたりしたことのない、特に若い人間はぜひ。
でも見て欲しい人こそ、「目をそらして」、きっと見ないんだよね。

b0074921_2233123.png


高田冬彦の踊る映像は、ドイツ人の子連れ家族が笑ってみていたのが印象的だった。
彼の作品が、ちょうどいいかんじでキーンとした雰囲気をフニャーっと中和してくれていたね。

チケット持ってくと二回目は半額で見れるらしいので、また行きます。

コピペ=>
2回目はもっとお得にMOTアニュアル!
本展の有料観覧済みチケットで二回目の観覧料が半額になります。(サイトより)

サボ





リンク。

[PR]
by voidchicken | 2016-03-31 21:59 | art days | Trackback | Comments(0)


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

Kochi Muziris ..
at 2017-01-19 15:07
Kochi Muziris ..
at 2017-01-05 00:32
Kochi=Muziris ..
at 2017-01-01 02:16
入る旅人 出る旅人 vol...
at 2016-10-26 23:04
広島アートぶらぶらその3 番..
at 2016-10-22 19:05
広島アートぶらぶらその2 横..
at 2016-10-20 01:50
「Nのパラドックス」 アート..
at 2016-10-16 21:44
「スティーブ・ジョブズ」とい..
at 2016-10-10 01:16
Art & Breakfas..
at 2016-09-12 00:24
あいちトリエンナーレ2016..
at 2016-08-18 13:46

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

以前の記事

2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(464)
(448)
(432)
(307)
(259)
(253)
(163)
(139)
(127)
(110)
(109)
(103)
(98)
(45)
(39)
(33)
(27)
(10)
(8)
(8)

検索

Who's voidchicken?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


art for all.

記事ランキング

画像一覧

ライフログ


現代アートを買おう! (集英社新書)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル

アート・デザイン
語学