<   2006年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

取手アートプロジェクト2006

毎年、いかなくちゃーと思いながら、気がつくと見逃していたTAPこと取手アートプロジェクト。最後にいったのが2002年の舟プロジェクトの時だったから、実に4年ぶり。今年は「ゲスト・プロデューサー」として野村誠、藤本由紀夫、ヤノベケンジを迎え、公募で選ばれた39組の参加アーティストを引き連れてなにやらすごいことになってると聞き、TAPを一日で見るにはこれしかない!というTAPトラベルバスツアーに参加。取手は足がないと移動できないから。

b0074921_9262531.jpg取手駅に集合した参加者で、小さなバスはぎゅうぎゅう満員。ツアーガイドは、TAP仕掛け人の熊倉純子さん。贅沢!

b0074921_9285989.jpgまず、藤本由紀夫のGarden Miyanomaeを見学に宮ノ前ふれあい公園へ。小雨の降る中、がらーんとしたここは公園なのか宅地整備場なのかわからない不思議な場所。遠くに何か見えます。

b0074921_931452.jpgあっ、リートフェルトの椅子!

b0074921_9321259.jpgこうやって椅子にすわって空の音に耳をすますと、小鳥の声やトラックの音、飛行機の音が聞こえた。藤本さんは取手を回り、この公園と、かつて参勤交代の宿だった「本陣」という武家屋敷の2カ所を会場に選んだ。ふたつとも、取手の中で不思議にからっぽな場所だ。

b0074921_9403753.jpg次に訪れた終末処理場。2年前に閉鎖された旧式の下水処理最終施設で、あたりは草ぼうぼう、雨も本降りで終末感が盛り上がる。ここ、てっきりヤノベさんのネーミングかと思ったら、「旧戸頭終末処理場」という本名。取手の候補地をいくつか挙げた時、ヤノベさんは場所も見ずに「ここでやりたい!」といったらしい。お出迎えは、処理場に残されたゴミでできた淀川テクニックの「大王鬼神」(ダイオゥキシン)。うううう。

b0074921_9452611.jpg建物の中は巨大な貯めマス風の貯水槽、そのひとつずつが展示会場になっていて、上からのぞいても下におりても鑑賞できる。ヤノベさんはここを「終末コロシアム」と呼んでたらしい。殺シアム、じゃないと思うけどこわ!

b0074921_9461298.jpgもともと壁にこびりついてた汚泥を削って書かれたウォールドローイング。ステキ、ちゃんと手袋して指で書いたそう。

b0074921_9561156.jpg歴史的建造物を使った展覧会というのはよくあるけど、作品が場所のパワーに負けてることもしばしば。でも終末処理場には、終末の名を超えるサバイバルなエネルギーが漲っていた。ヤノベさんが若い子をどんどんひっぱって、いつの間にか何かを突き抜けてしまったような、そこだけ近未来的ダークな空気感でどきどきした。すごいものを見た!

b0074921_9592865.jpg冷たい雨にいよいよ終末感を増す廃墟の終末処理場をあとにして、取手市立福祉会館での野村誠プロデュース「あーだ・こーだ・けーだパーティ」へ。ここは一転ほのぼのなごみ。ロビーでは椿昇の相談コーナー。エネルギー問題、環境問題、教育問題、人生相談、恋愛相談、なんでもOK.

b0074921_1012521.jpg椿昇、藤浩志、野村誠、藤本由紀夫による大喜利。貴重なシーン!でも藤本さんだけは揃いのハッピを着ませんでした。クール?

一度にいろんなものを一気にみて、寒いしお腹もすいたけど期待以上に面白かったTAP。特に終末処理場は地域アートの中では卓越したダーク感。そしてほんとの終末もすぐそこ?(さかぐ)
[PR]
by voidchicken | 2006-11-24 10:06 | art days | Trackback(1) | Comments(0)

「眩暈の装置」松本俊夫 伊東篤宏 中原昌也 ミニトーク! Toshio Matsumoto #art #artweet #art_jp

「眩暈(めまい)の装置:
松本俊夫をめぐるインターメディアの鉱脈」



b0074921_22593795.jpg

An experimental film by japanese film maker Toshio Matsumoto"Phantom"(1975)

薔薇の葬列 ピーターが美しいね (*´Д`)ハァハァ
Funeral Parade of Roses (Toshio Matsumoto 1969



という展覧会が川崎市民ミュージアムの2Fギャラリー
開催されてるのはご存知でしたか?

この展覧会、注目!ですよ。
あまり宣伝されていないようですが。。。。?

松本俊夫といったら、もう重鎮ですが、
この展覧会では、池田朗子、中原昌也、伊東篤宏、安藤孝浩
いった若手と一緒に新しいインスタレーション作品を発表してます。

また彼の資料展示もあり、実験映画、記録映画、
劇映画など多岐にわたる活動の全貌にも
触れることができるまたとないチャンス!!

(あー!!行きたい!!)

明日、23日は松本俊夫ビデオ作品上映とトークがあります。

(あー!!行きたい!!)

またSCAN(ビデオアート専門コレクションギャラリー)
アーカイブより、貴重なビデオアート作品の特別上映もあります。

(あー!!行きたい!!)

映像作品を制作している作家、勉強している美大生、学生は
もちろんのこと、ファンはぜったい行くべし!! 
と自信をもって推薦します。(さぼ)


詳細情報はこちらから。。。。
川崎市民ミュージアム公式サイトはこちら

●関連サイト 松本俊夫フィルモグラフィ(イメージフォーラム)
松本俊夫フィルモグラフィ
[PR]
by voidchicken | 2006-11-22 22:40 | art days | Trackback | Comments(0)

コジット・ジュンタラティップ@KANDADAその4

オープン3日前。
赤くなった。
b0074921_12352219.jpg

[PR]
by voidchicken | 2006-11-22 12:35 | art days | Trackback | Comments(0)

中ハシ克シゲ #art #artweet #contemporaryart #museum #gallery #artist

中ハシ克シゲ ZERO project OHKA-43b
@比叡山高等学校 第2グラウンド

2006年11月5日に行なわれた、Zero projectバーニングの模様です。

「プロジェクトを開催する地域にゆかりのプラモデル戦闘機を接写し、その写真をつなぎ合わせて実物大を作るZERO Project。最終的には機体をバーニング(焼却)して終わるまでの一連が滋賀で行われた。今回は比叡山頂の特攻基地から飛び立つはずだった「桜花四三乙型」という戦闘機で、約25,000枚の写真ボランティアの手でつなぎ合わされたものだ。。。。」
大橋浩美さんによるバーニングレポート、続きはVoid Chickenメルマガにて!

b0074921_11564183.jpg
b0074921_11565684.jpg
b0074921_11571272.jpg
b0074921_11593960.jpg
b0074921_11595512.jpg
b0074921_1205286.jpg
b0074921_12191.jpg
b0074921_1212526.jpg
(photo by S.Kurosawa)
[PR]
by voidchicken | 2006-11-21 12:01 | art days | Trackback | Comments(0)

コジット・ジュンタラティップ@KANDADAその2

コジットのプランは、

映像
インタラクション
それらが同時並行してすすんでいくひとつのインスタレーション。それぞれに専門技術が必要だったり、スポンサードが必要だったりする。でもコマンドNの周りにはそれをやってくれる人が不思議といる。だからフットワークがよい。

b0074921_2020510.jpgコジットは、6年ドイツでメディアアートを学んだデジタル野郎だけあって、イラレもばりばり。commandNの真吾さんとポスター制作中。でかいモニターいいなあ。

b0074921_2021534.jpg先日インタビューしたカップルのスナップ写真をドットの絵にする。絵描きのUさんと一緒に下絵描き。プロジェクターいいなあ。

b0074921_20221987.jpgアップ。一見ドイツ留学の影響っぽく見えるが、実はドイツに行くずっと前94年に、自分の血6000mlを採血して絵の具に混ぜ、別れた彼女との2ショットをドット絵にしていた。貧血と失恋のソーゼツな作品は、バンコク大学のコレクション。

b0074921_20285897.jpg木枠を切って来てくれた寺澤さんと木枠の組み立て。なんかこの二人、雰囲気が似ている。

b0074921_20301588.jpgあっというまにきれいなフレームが完成!
こういうのをささっと作れるのが、アーティスト集団コマンドNのすごいとこ。来日して一週間もたたないけど、外注ゼロですでに実現が見えている。いいなあ!
つづく(さかぐ)
[PR]
by voidchicken | 2006-11-17 20:39 | art days | Trackback | Comments(0)

コジット・ジュンタラティップ@KANDADAの日々

b0074921_19283683.jpg
先日メルマガにて、
「危険すぎるぅ〜!チェンマイの秘密兵器!」と紹介した過激系マルチメディアパフォーマンスアーティスト、タイ・チェンマイのコジット・ジュンタラティップが来日。これから一ヶ月滞在しながら展覧会を、神田のプロジェクトスペースKANDADAで行なう。
成り行き上私も手伝っているのだが、来日したとたんに、怒濤のような勢いでプランをまくしたてるコジットに一同唖然。マシンガントークと湧き出るアイデアに、待て〜!どうどう!と制したくなるが、これがタイ式?1分もじっとしてない。いやーおもろい。
b0074921_19444946.jpg
コジットの創作テーマは、「愛」と「痛み」。いまどきそんなストレートに「LOVE!」と叫んでも許される作家は、私はオノ・ヨーコとコジットだけだと思っている。親戚の前でダッチワイフと結婚式をしたり、自分の血を混ぜた絵の具でペインティングを描いたり、時に過激なパフォーマンスをするコジットだけど、本人は笑顔がチャーミングな、人なつこいやさしいタイ男。かつて(写真↑参照)はキムタク似のハンサム、今は、うーん、芸大8浪生ふう?
97年来の知り合いだけど、正直作品についてはよく知らなかった。でも、ドイツで6年メディアアートを学んだおかげで、不思議なデジタルアナログ感覚が作品に備わって来ている。タイ現代アートの中でもかなり特異な作家だと思う。
b0074921_1955992.jpg
今回は、第二次大戦下の日本人兵士とタイ人女性の恋愛を書いた小説「クーカン」(邦題「メナムの残照」)にインスピレーションを受けたコジット流国際関係がテーマ。今東京で暮らすタイ人女性を探して取材し、国境を越えて結ばれた二人の物語を絵画や映像にして、徐々に展示をつくっていく予定だ。
というわけで、まずタイ人女性と日本人男性のカップルを探して新宿3丁目のタイレストランへ。どうやら東京のタイ料理屋にも通うことになりそう。それは楽しい。というわけで、濃ゆいコジットのラブな世界にしばらくおつきあいください。つづく(さかぐ)
[PR]
by voidchicken | 2006-11-17 19:32 | art days | Trackback | Comments(0)

森村泰昌 「芸術家Mのできるまで 」

b0074921_10285443.jpg


森村さんの本をたくさん読んだので、

少しずつvoidchickenのブックレビューブログ、「ブックバトル」で

紹介していきます。

その第一弾は、「芸術家Mのできるまで」(1998/筑摩書房)

記事はこちらから、どうぞ!

book★battle
[PR]
by voidchicken | 2006-11-16 10:26 | books | Trackback | Comments(0)

森村泰昌「烈火の季節」オープニング

先週の土曜にあったシュウゴアーツでの
森村泰昌氏のオープニング・パフォーマンスの模様を
mixiの日記にアップしました。

b0074921_1350543.jpg


衣装の下の 「赤ふん」に注目して欲しいです。
日記は「友達の友達」までの公開となっております。


●追記2006.11.20
こちらのブログもおすすめ!
  ↓
紫式子日記
[PR]
by voidchicken | 2006-11-15 13:52 | art days | Trackback(1) | Comments(2)

森村泰昌 x 茂木健一郎 東京芸術大学講義


森村泰昌さんのオープニング・パフォーマンスの
興奮も醒めやらぬところですが。。。

昨日、2006年11月13日(月)に
東京芸術大学の茂木健一郎氏と
森村氏が美術解剖学の講義にて
対談した音声がすでにアップされておりました!!

ここに音声ファイル(MP3, 80.6MB, 88分)
があります。とてもクリアです。
 ↓
音声ファイルはここ

●リンク元
茂木健一郎クオリア日記

●おまけ。パフォーマンス後の床も絵になる。
  ↓
 
b0074921_19475567.jpg

[PR]
by voidchicken | 2006-11-14 19:56 | art days | Trackback(1) | Comments(0)

静聴せよ!森村泰昌「烈火の季節」展へ行くことを諸君に勧めたいのだ!聞け!聞け! #artJP #gallery

森村泰昌
「烈火の季節
/ なにものかへのレクイエム・その壱」


b0074921_2319575.jpg

森村泰昌  「なにものかへのレクイエム(MISHIMA)1970.11.25~2006.4.6」 
2006、 150x120cm  カラー写真

ヒゲもそり、白髪も染め、化粧も下地から念入りにし、森村サマのオープニングへ。

19時からのご本人のパフォーマンスの告知があったため、

どんどん人が集まってくる。この混みようはナニ?!

にほんブログ村 美術ブログへ

ーー数分後ーー

あ、、、、あ、、、

あまりにも素晴らしいパフォーマンスに

生きていて良かったと思う。


詳細は後日レポートをしますが、

まずは告知を。。。。。(さぼ)

★information★

森村泰昌
「烈火の季節
/ なにものかへのレクイエム・その壱」


会期:2006年11月11日(土)〜 12月16日(土)
時間:12:00-19:00 日・月曜日、祝日休廊
場所:SHUGOARTS 
シュウゴアーツ 135-0024東京都江東区清澄1-3-2, 5階
tel: 03-5621-6434 fax: 03-5621-6435
シュウゴアーツのサイトはこちら

★関連サイト
森村泰昌インタビュー(タグボート)
森村泰昌インタビューはこちらから

★必読サイト! 
「フツーに行きているGAYの日常」
三島由紀夫のブロークバック・マウンテン

説得力があって、恐ろしいくらいです。(さぼ)

ブログランキング・にほんブログ村へ

★三島由紀夫の事件を知らない若者は、
  こちらのニュースで復習しよう〜!
   ↓
news movie "the death of Mishima Yukio" 1970
[PR]
by voidchicken | 2006-11-12 23:29 | art days | Trackback(1) | Comments(0)


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

バンコクアートだより2017..
at 2017-07-22 12:49
追悼・後々田さんから。
at 2017-06-15 22:37
映画「ギターマダガスカル」と..
at 2017-05-04 00:34
メルマガ5/2でました。
at 2017-05-03 15:59
感じてもだえる愛の重さ…二藤..
at 2017-05-02 19:41
Kochi Muziris ..
at 2017-01-19 15:07
Kochi Muziris ..
at 2017-01-05 00:32
Kochi=Muziris ..
at 2017-01-01 02:16
入る旅人 出る旅人 vol...
at 2016-10-26 23:04
広島アートぶらぶらその3 番..
at 2016-10-22 19:05

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(464)
(451)
(432)
(309)
(259)
(254)
(163)
(139)
(127)
(110)
(109)
(105)
(98)
(45)
(39)
(33)
(27)
(10)
(8)
(8)

検索

Who's voidchicken?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


art for all.

記事ランキング

画像一覧

ライフログ

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル