<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

KITA!展バンドゥン編その2 #art #artweet #contemporaryart #indonesia

b0074921_15173330.jpg
おまけ1。日曜日の朝市。うまそー

b0074921_15534752.jpg
バンドゥンの会場は、スラサール スナリオ(SELASAR Sunaryo)というインドネシアのアーティストのすごい立派な個人美術館。金持ちの桁が違うなあ。。
b0074921_15542156.jpg
オープニングの時この円形劇場で珍しいキノコが踊ったそう。夜は映像のスクリーニングも行なわれてました。
カフェでうしろから、「とんとん」と肩を叩かれて振り向くと、今日の5時から搬出にスタンバッてるS社のHさん。国際交流基金のFさんとか、なーんだみんないるじゃん。
b0074921_15201972.jpg
パラモデルのインスタレーションは、天井に床に壁にプラレールが縦横無尽に走り、全体がジオラマ風で圧巻。現地でみつけたおもちゃや雑貨もちらほら。アーティストの林さん撮影中。
b0074921_15221828.jpg
外壁にもはみ出し。
b0074921_1529113.jpg
さかぐのお気に入りは、今朝マーケットでもみかけたかごのシャンデリア。
b0074921_1559569.jpg
b0074921_15313625.jpg
松本力。力いっぱいのインスタレーションはかなりよかったです。
b0074921_1533332.jpg
ジョグジャでは人魚が現れる不思議な展示をしていた八谷和彦のこれまた不思議な作品。テーブルのガラスを指で動かすと小さな人が現れます。「あ、いた!」
b0074921_15353551.jpg
カフェにも。こっちは鳥かごの中にプロジェクターがしこんであって、仮面をつけた人にだけテーブルの上になにかが見えるという、これまた不思議。「真実は目にみえないこともある」的メッセージがあったような。
b0074921_15413629.jpg
このマイクロバスみたいのは「アンコット」という乗り合いバス。トーチカは、この「アンコット」を貸し切って移動しながら、バンドゥンの街中で現地の人達と撮影したインドネシア版PIKAPIKAアニメを上映。地元のガムラン奏者に作曲してもらったという音楽がすごいステキ!
ちなみに、
アンコットの乗り方は
1.手をあげる。
2.行き先を告げる。
3.降りたいところに近づいたら「キリ キリ」という(左という意味)
そうすると左に寄せて停車。降りて運転手にお金を払う。
(「カナン」は右。「カナンカナン」といったら事故ります)
どのアンコットも見分けがつかないので現地に住んでないと乗りこなせないけど、降りたいところでおりれるし、便利!
b0074921_15482971.jpg
結局やっぱりここでも展示撤去を手伝い、気づくとすっかり夜中。スナリオは山の上にあってタクシーも通らないので、現地のスタッフにアンコットを街でつかまえてきてもらってようやく山下り。がたがた道を国際交流基金の人も展示業者さんも作家もインドネシア人もみんなで揺れまくって飛び跳ねて楽しい帰り道。

いろいろ見逃したけどかなり満足度の高い展覧会でした。撤去の時期だったので作家や現地スタッフと交流できたし、そのプロセスから生まれた成果みたいなものを一緒に共感させてもらえたので、単に見るだけじゃないこの展覧会の魅力に触れることができた。行ってよかったです。
それにしても、インドネシアの男の子はかわいかったなー!

b0074921_15111665.jpg

おまけ。common roomのかめさん
[PR]
by voidchicken | 2008-05-30 16:19 | art days | Trackback | Comments(2)

KITA展バンドゥン編その1   #Bandon #indonesia #art #artJP #contemporaryart

b0074921_0185316.jpg
夕暮れ時から熱帯の山中をずんずん、がたんがたんと登り始めた汽車は、夜7時すぎにバンドゥン到着。そろそろ到着という頃から、同行してたトーチカのMさんがそわそわ。
というのも、トーチカはここで2週間滞在して作品制作したので、そのときの仲間や友人とのうれしい再会が待ってるのです。
わっと駆け寄るポーターを追い払い、大きな荷物を自力で担ぎ出し、タクシーにとびのって向かうは、Common Roomというオルタナティブスペース。
b0074921_23514966.jpg

町の喧噪から離れた静かな住宅街にあるcommon Roomは、1Fにギャラリーとラウンジ、2Fにはゲストルームがあって、アートネットワークのハブであり、バンドゥンにくるアーティストや地元アーティストたちには、文字通り憩いの場。
つくなり週末のパーティで、演歌みたいのをみんなで歌って踊る?という超ローカルパーティ。まずはビンタンビールで乾杯し、ネットにもようやくつながり、心配してた宿もちゃんと手配してくれていて、オーナーのグスタフさん、ほんとにありがとう!テレマカシー!! 
b0074921_022214.jpg
バンドゥンで毎日入り浸っていたラウンジ。インドネシアの津波の時には追悼展をやったり政治的な関心も強そう。滞在制作も多く行なわれてるみたいです。
[PR]
by voidchicken | 2008-05-29 00:24 | art days | Trackback | Comments(0)

世界の車窓から的。ジョグジャカルタ〜バンドゥン

b0074921_13591469.jpg
ジョグジャカルタから次の開催地バンドゥンへは7時間の列車の旅。
ちょうど田植えの時期でした。
[PR]
by voidchicken | 2008-05-26 14:02 | travel | Trackback | Comments(2)

KITA展その1ジョグジャカルタ編

b0074921_1447338.jpg

ふだんミュンスターもドクメンタもバーゼルも、見に行く理由がないと逃してしまう私ですが、今回のKITA!展は、なにか行かねば!と思うなにかがずっとあって、いったんはオープニングを逃してあきらめたけどやっぱり来ました。優柔不断。
今年は日本インドネシア友好年ということもあって、24組60人も参加した大展覧会となり、オープニングは連日パフォーマンス続きで地元の人も集まってえらく盛り上がったそう。
ファインアートだけじゃなくて、グラフィック、マンガ、音楽、いろんなジャンルの作家が出そろってます。
キュレータの水戸芸術館の高橋瑞木さんとNYGの豊嶋秀樹さんがこだわったのは、作品をもっていくかわりに、作家を連れてって現地の人と交流しながらなにかが生まれること。作家たちは滞在しながら作品をつくり、お腹こわして点滴うたれて、それでも口を揃えて「面白かったー!」といってたように、ものをつくったエネルギーを帯びたいい空気が会場中に流れてました。
b0074921_154252.jpg
オープニング後の手入れが心配されていたナマイキの庭。大丈夫、ちゃんと生い茂ってましたよ。
b0074921_1545778.jpg
川に流れてくるゴミを拾ってつくられた淀川テクニックの巨大魚。これにまたがって川下りをする映像は夢見心地の桃源郷。
b0074921_15101511.jpg
しりあがり寿の部屋もすごいことに。うーわー
b0074921_157571.jpg
泥で描いた淺井裕介の力作!
b0074921_1584247.jpg
絵の中の白い部分を裸足で歩きながら、足の裏のコンクリート床のひんやりした感じに、ああインドネシアにきたなあと実感した瞬間。
b0074921_15111455.jpg

己のダークが炸裂していたSONTONのインスタレーション。お客がスイッチをいじって光や音をだすことができます。
b0074921_15133146.jpg
浜に打ち上げられた人魚?のような西尾康之の彫刻。後ろ姿だけでもただならぬ気配が。こわい。
b0074921_15155817.jpg
南風食堂さん。街中の屋台と比べるとこれはかなり豪華サイズ。壁のメモにあったcafe Mila'sというレストランに行ってみたら超うまかった!さすがお目が高い!

b0074921_15255254.jpg
ちょうど来る前、奈良美智のインタビューをする機会がありました。で、奈良さんのインドネシア話を聞くうちに、やっぱり行こう!と決心した次第。そのインタビューは次号のSTUDIOVOICEに掲載予定。インドネシアの話いっぱいしてます。

いきあたりばったりできたインドネシアだけど、おおむね順調で、いっしょにいったトーチカのモンノさんと「あたしたちって旅上手!?」
などといっても、タクシー使ったりレストランで食べたり、けっこう金で解決してるところもあって(数百円だけど)、いろいろと考えるところもあったインドネシア第一日目。
[PR]
by voidchicken | 2008-05-25 15:46 | art days | Trackback | Comments(0)

ウィスット・ポンニミットライブ!

b0074921_22224984.jpg
ボロブドゥール遺跡なんかもいきました。物売りだらけ!

サワディーカー!さかぐです。
インドネシアにいってました。今バンコクです。
インドネシアから来たら不覚にもほっとしました、バンコク。
ご飯はタイの方がうまいなあ。
さて、
今回のインドネシアは、遅ればせながらKITA!展を見に行ったのですが、
初インドネシアは、なかなか刺激的でした。
旅のもようはまたアップしますが、
その前に来週のライブイベントのお知らせを、まず。

ウィスット・ポンニミットライブin 六本木!
b0074921_17525570.jpg


六本木シネマートでいよいよタイ好き夢のプログラム、「タイ式シネマ☆パラダイス」が始まりますが、
そのポスターをてがけるタムことウィスット・ポンニミットライブが30, 31日にあります。

アニメーションにあわせてキーボードで音楽をつけるタム君ライブは、
毎回出し物はほとんど同じなのに(笑)毎回新鮮な感動があって、ほんと不思議です。
子どもからおとなまで、国籍もバックグラウンドも性別もなーんにも関係なく、誰にでもすすめたい希有なパフォーマンスだと思います。
さらに新ネタもあるそうなので、お見逃しなく!

詳細はこちら
チラシも!

開催日時:2008年5月30日(金)21:15 & 5月31日(土)18:40
会場:シネマート六本木
価格:3,500円(税込)
公演内容お問い合わせ(SOI 木村):kim@soimusic.com
ぴあでチケット販売中!
[PR]
by voidchicken | 2008-05-23 22:44 | music | Trackback | Comments(0)

「トレース・エレメンツ」展 古橋悌二、古屋誠一他

さかぐはインドネシアに行ってしまった。。。。
おみやげは精油ね!よろしく♪

さて、お勧め展覧会情報。
オペラシティの写真展はいつもいいんだよなー!

なんと、開館9周年を記念して、
9月9日(火)は当日のみ入場おひとりさま一律100円!!
なんですって。
すごい。タイ焼きより安いぞ。
これも楽しみです。sabo


ー以下リリースよりー

「トレース・エレメンツ
─ 日豪の写真メディアにおける精神と記憶」

会期:7.19[土]ー10.13[月・祝]
会場:東京オペラシティギャラリー

19 世紀の発明以来、写真は記憶や時間の痕跡を記録する
メディアとして機能してきました。しかし現代では、
ありえたかもしれない経験や歴史や記憶を創造/想像する
ための身近な装置でもあります。「トレース・エレメンツ」
には「痕跡の要素」と生物学の「微量元素」の二つの意味があります。
本展では日本とオーストラリアの写真メディアのアーティスト10名が、
個人・集団の意識と無意識、時間、記憶、身体、そしてリアリティに
ついて取り組み、「トレース」から「記憶創造装置」として変化し
つつある現代の写真メディアの多様性を提示します。

出品作家:
ソフィー・カーン、ジェネヴィエヴ・グリーヴス、アレックス・デイヴィス、ジェーン・バートン、フィリップ・ブロフィ(オーストラリア)
志賀理江子、田口和奈、古橋悌二、古屋誠一、松井智恵(日本)

「トレース・エレメンツ」展詳細
[PR]
by voidchicken | 2008-05-22 11:40 | art days | Trackback | Comments(0)

「モ」展プレゼント締め切らせていただきました!

サワディーカー!
メルマガにてご案内した「モディリアーニ」展
招待券プレゼントは〆め切らせていただきました。
ご応募ありがとうございます。

先着順にて当選した方には、来週早々には発送手続き
致します。ボチボチとお待ちくださいませ!

当選、非当選に関わらず、メルマガの感想をいただいた
応募者の皆様には全員saboよりご返信差し上げます。
ご愛読に感謝です〜!

MOT「空中庭園」はまだ余裕がございますので、
ぜひ引き続きの応募をお待ちしております!

posted by sabo
[PR]
by voidchicken | 2008-05-15 22:46 | art days | Trackback | Comments(0)

モディリアーニ展招待券プレゼント!

恒例のメルマガ読者招待券プレゼントです!

「モディリアーニ展」
会期:開催中-6月9日[月]
会場:国立新美術館にて !

プレゼントの詳細は近日発行のメルマガにて!
ご応募希望者の方は、こちらからメルマガのご購読
をお願い致します!

内容詳細は
[PR]
by voidchicken | 2008-05-13 11:26 | art days | Trackback | Comments(0)

「ファーブル昆虫記の世界」展


ヤン・ファーブルじゃなくって、ひおじいさんの(昆虫記の)ファーブルの
企画展がこんなところに巡回。


ヤン・ファーブルはこちら…。
「フランスアート底辺日記」Jan Fabre「Les messagers de la mort decapitees」
Jan Fabre (SHUGOARTS シュウゴアーツ)

どっちにしろ、だが。。。。。

(sabo)
[PR]
by voidchicken | 2008-05-10 12:59 | art days | Trackback | Comments(0)

真っ二つ牛来日?



真っ二つ牛来日「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」







ダミアンくん! いらっしゃい!!
[PR]
by voidchicken | 2008-05-09 14:40 | art days | Trackback | Comments(0)


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

【黄金町バザール】サン・ピッ..
at 2017-08-22 21:27
2017年国際展巡り一人旅 ..
at 2017-08-22 21:21
バンコクアートだより2017..
at 2017-07-22 12:49
追悼・後々田さんから。
at 2017-06-15 22:37
映画「ギターマダガスカル」と..
at 2017-05-04 00:34
メルマガ5/2でました。
at 2017-05-03 15:59
感じてもだえる愛の重さ…二藤..
at 2017-05-02 19:41
Kochi Muziris ..
at 2017-01-19 15:07
Kochi Muziris ..
at 2017-01-05 00:32
Kochi=Muziris ..
at 2017-01-01 02:16

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(465)
(452)
(434)
(309)
(260)
(256)
(163)
(140)
(127)
(110)
(110)
(105)
(98)
(45)
(39)
(33)
(27)
(10)
(8)
(8)

検索

Who's voidchicken?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


art for all.

記事ランキング

画像一覧

ライフログ


現代アートを買おう! (集英社新書)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル

アート・デザイン
語学