<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

チェンマイぐーたら夜行列車の旅〜つづき

b0074921_23182121.jpg
午後6時。列車がゆっくりとチェンマイ駅を出発。4人がけのシートに相席になったタイの女の子。
一人旅は心細かろう、と思ったら別の席に彼氏がいたもよう。

チェンマイにはリクリットとカミンが始めたThe LANDという有名なプロジェクトもあるので、けっこうアート関係者が訪れる。
バンコクからは、Air AsiaやBangkok Airwaysという安い航空会社がとんでて便利だし、曽根裕の作品にもなった、「ナイトバス」での移動も安あがりだけど、
時間がある人には夜行列車の移動が超おすすめ。
東南アジアの旅情ばくはつです。
熱帯雨林の夕暮れから早朝のバンコクのスラムっぽい街の脇を通り中華街のホアランポーン駅まで約13時間。ただし、時間通りにはなかなか着かない。
チケットは駅の窓口で予約。寝台2段の二等車両で十分。片道ほぼ1000バーツ=3000円。
一等はすぐ予約いっぱいになるけど、二等はわりととりやすい。
b0074921_23533538.jpg

なつかしい感じの寝台車。エアコンが激寒い!と聞いてたけど、一応冬だからなのか、それほどでもなかった。

b0074921_23471735.jpg

食事は注文すると席まで持ってきてくれるけど、ぜひ食堂車へ。
もう、キッチュでたまらんです。

b0074921_23334477.jpg

AからEまであるディナーセットはけっこうなボリューム。がたごとゆれる列車の中でコックさんが手作り。レンジとかじゃないのか!大変!!カメラも揺れます。

b0074921_2337691.jpg

なにもしない2日間の大人旅行をほぼ完璧にこなして、大満足〜
[PR]
by voidchicken | 2009-01-30 00:14 | travel | Trackback | Comments(2)

チェンマイぐーたらロハス的打ち上げ #art #thai #thailand #ChiangMai

b0074921_1312847.jpg
豚の皮を揚げたおつまみ。うまい!

ファットフェスが終わり、せっかくチェンマイに来たのでこのまま帰るのももったいないねー、ということで、もう一泊して、さらに夜行列車でバンコクへ帰ることに。

b0074921_13274588.jpg
完成間近のカミンちでぼけ〜。

チェンマイは街のテンポもゆっくり。カミン・ラーチャイプラサート、ナウィン・ラワンチャイクンの故郷で、さらにリクリット・ティラヴァニャやアピチャッポン・ウィーラセタクンも引っ越してきた。このマイペースな感じがアーティストに人気なのかな。みんなけっこうでかい家に住んでます。

b0074921_13143744.jpg

チェンマイのニマンヘミンロード周辺のおしゃれエリアには、ガーデン付きのカフェとかが多い。
 iberryというアイスクリームカフェにあった、奈良美智のプーケット犬のパロディとおぼしきウドム・テーパニットの黄色い人面犬のオブジェ。大きな木が繁った広い庭でアイス食ってぼけ〜っと気づいたら一時間以上たっていた。
うまいごはんとマッサージ、それだけの大人旅行。ぜいたくっす。

b0074921_13251716.jpg

ビールやお菓子を買って夜行列車へ。わーいわーい。




今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします! 
Thank you for your kindness!
Could you click this icon? One point for voidchicken!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2009-01-28 13:39 | travel | Trackback | Comments(0)

PIKA PIKA in #fatfestレポート〜その2 #art #thai #contemporaryart

b0074921_19294212.jpg

光の軌跡で描くアニメーションPIKAPIKAで、最近展覧会にCMにと活躍目覚ましい映像ユニットトーチカ
そんなトーチカがファットフェスに登場することになった経緯を少し。

b0074921_19281449.jpg

Fat Festは音楽好きのちびっこが何万人も押し寄せるおそらく東南アジア一のインディー音楽イベント。そんな感度よいちびっこたちに、アートの楽しさを知る機会をつくりたい、というウィットの気持ちから、ファットフェスのアート部門が始まりました。
PIKAPIKAの映像を見たウィットは、ぜひトーチカを呼びたい!と思ったのですが、問題は「一日何万人も訪れるファットフェスで、さらに飽きっぽいタイ人にどのようにPIKA PIKAを体験してもらうか」でした。

b0074921_19573560.jpg

PIKAPIKAは、何枚もの静止画像を光で描いて、それをつなぎあわせてアニメーションをつくるもの。ワークショップなどでは、通常少人数のグループで、ひとつの作品を数時間かけてつくっていきます。

でも、何万人もの人でごったがえすファットフェスで、どうやったらそのしくみを理解してもらって、さらにトーチカといっしょにハッピーな体験をつくることができるか。
単にライブだけでは、PIKAPIKAの本質的な面白さとファットフェスというイベントの性質がうまく活かしきれない、とウィットは思ったのでした。

b0074921_19334277.jpg

そこで、トーチカと相談して開発されたのが、「PIKA PIKAオートマチックシステム」。これをオペレーションしながら、合間にトーチカと地元ミュージシャンのライブを挟むことで、観客とステージが一体となったイベントにつくりあげることを可能にしたのです。このあたりのセンスが、「バンコクのハイパーメディアクリエーター」と呼ばれるウィットらしいところ。
あ、ちなみにきのうタイでは部分日食が見られました。眼がつぶれた。

b0074921_19423997.jpg

オートマチックシステムの方法は、まず観客に懐中電灯を配り、正面に2面のスクリーンを用意。左のスクリーンに現れる「5,4,3,2,1,draw」という指示に従って、観客が5秒間懐中電灯で絵を描くと、そのスチールが左のスクリーンに、右のスクリーンにはそれらをつないだ再生アニメーションが流れるというしくみ。
驚いたことに、タイの子はこのしくみを一発で理解。
ものすごい大人気で、特にチェンマイ子はバンコクよりも飲み込みが早くてステージに迫る勢いでぶんぶん懐中電灯を振り回して絵を描いてました。
インターフェイスがすぐれてるんだな−。さすが。

b0074921_19453233.jpg
ファットフェスのスタッフも一生懸命サポートしました。

チェンマイでのトーチカライブのコラボレートミュージシャンは、

パム(アパートメントクンパー)
フローズン
スタイリッシュナンセンス

とくにスタイリッシュナンセンスはすごいよかった。
いろんなタイプのミュージシャンとのコラボでえらい過密スケジュールで大変でしたが、かなり盛り上がってよかったのでは。おつかれさま!
すばらしいコラボレーターもたくさんできたので、
今度はゆっくり滞在して、タイを舞台にしたPIKAPIKAの作品つくってほしいなー。

タイ語で「PIKAPIKA」書けるようになりました。



今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします! 
Thank you for your kindness!
Could you click this icon? One point for voidchicken!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2009-01-27 20:07 | art days | Trackback | Comments(0)

Fat Fest in チェンマイレポート〜その1

さかぐです。
これほどタイに来れたことがうれしかったことはありません。あったかい!

さて、今回はタイ第二の都市、チェンマイで行なわれるFat Fest(ファットフェス)という音楽イベントにトーチカを連れてやってきました。
昨年11月にバンコクで行なわれたイベントの チェンマイバージョンです。
しかも野外フェス!
ファットフェスとはなんぞ?
b0074921_18263738.jpg
前日の準備風景。ショッピングセンターの駐車場みたいなとこが会場。
b0074921_1827569.jpg
ファットフェスのアートディレクター、ウィット(左)と妹ジャーちゃん(右)のピムカナチャナポン兄弟。遠くに見える黒い箱がトーチカのブース?になります。

北にあるチェンマイはバンコクよりも気温低め。気候は日本の10月くらいでしょうか。
正直、とってもすごしやすくて快適です!
すいません。

b0074921_18321843.jpg
一日限りの本番にむけて、準備は夜更けまで続きます。(つづく)
[PR]
by voidchicken | 2009-01-27 18:45 | art days | Trackback | Comments(0)

霧のバンコク

b0074921_11132380.jpg
寒い東京から南国タイランドに逃避しました。すいません。
朝6時。スワンナプーム国際空港は霧がたちこめて高原の朝みたいです。
一応冬。
[PR]
by voidchicken | 2009-01-27 11:16 | travel | Trackback | Comments(2)

レクチャー:「Slow Artとオーストラリア」@command N

寒いですねー
今日街を歩いていて、こんな寒い家に住んでる自分が突然悲しくなりました。
家の中だと思うから寒いんだ、外だと思えばいいんだ!
さて、夏まっさかりのメルボルンからのお客様です。
私は行ったことないけど、アーティストイニシアチブがさかんなとこらしいです。
あったかいんだろなー(sakagu)


「Slow Artとオーストラリア」

講 師:加藤チャコ(アーティスト/メルボルン在住)
コメンテーター:中村政人(アーティスト、コマンドN、東京藝術大学)
コーディネーター:原久子(アートプロデューサー、大阪電気通信大学)

■日 時:2009年1月31日(土) 17:00~19:00 
■ 会 場:プロジェクトスペースKANDADA
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-9精興社1F
HP:http://www.commandN.net E-mail:kandada@commandn.net
TEL:03-3518-6176 FAX:03-3518-6177
■ 入場無料
■ 主 催:ハラ・アート・オフィス(代表:原久子) 
■ 共 催:アーティストイニシアティブ コマンドN


■ 内 容:
加藤チャコは日々の生活と自然、環境、社会というものを密接にとらえながら創作活動を続けているアーティストだ。彼女の生活と自然との関係、作品との関わり方を中心に作品紹介をおこない。アートー生活―社会―環境という有機的な関係と作品のあり方などを探る。また、オーストラリアのアーティスト(環境問題、エフェメラルな作品づくりをしている人)の紹介、彼らが行ったプロジェクトを、映像を用いて紹介する。その他メルボルン周辺のオルタナティブあるいはアーティストランスペース(Gertrude Conetemporary Art Space, West Space, Linden, Bus, City of Melbourne他)やアウトドアスカラプチュアショーなどのあり方などの紹介を加藤におこなってもらう。
また、日本の国内外の状況を照らしながら、メルボルンに滞在経験のある中村政人からコメントをする。


オーストラリアと言えばコレ!!


[PR]
by voidchicken | 2009-01-17 01:01 | art days | Trackback | Comments(2)

大友x高嶺ライブいってきました #Otomo #Takamine #art #artJP #contemporaryart #art

Tadasu Takamine, Yoshihide Otomo by art blog voidchicken

link
大友x高嶺ライブ

12日、SUPER DELUXEでの大友良英x高嶺格の出版記念ライブイベントにいってきました。
「大友良英のJAMJAM日記」と、高嶺の「在日の恋人」。
どちらも河出書房から出版、同じ編集者が担当してて、今日の会もこの編集者が企画したもの。
えらい!

正月明けってことで、あけましてーの挨拶が飛び交う会場はすごい超満員。
二階堂和美、高嶺格、大友良英、そして天才ドラァグクイーンのナジャ、それぞれがすごい濃いパフォーマンスを惜しみなく披露。
大入りお年玉、大当たり福袋のような超贅沢なイベントだった。

二階堂の歌は会場を完全にぶっとばし、
ナジャにお化粧してもらった高嶺は(ちょっと榎忠さんみたい?)ナジャの踊りを合間に挟みながら「在日の恋人」を朗読。最後にインドの踊り子さん風なしゃらしゃらした衣装で登場し、ナジャが自分の結婚式で踊ったベリーダンスに激しくチャレンジ。セクシーな踊りにやんややんやの大騒ぎ。
大友はギターで弾き語り。歌、初めて聞いたよ。
そうして最後に大友、二階堂、高嶺の3人でアグネスチャンと浅田美代子の歌というあほみたいな選曲を合唱。
大笑いしたり興奮して叫んだりじーんとしたり、
さらにここにいない人たちのことまで考えさせられるような、
でかくて深いものがあった。
「殺すな!」とか「no more war!」なんてひとこともいってないのに、
遠くの戦争のことがすごく思われた。

JAMJAM日記はメルマガの頃読んでいた。あの頃たまに代々木のOFF SITEにも足を運んで、音楽の人たちが気軽にセッションする感じをうらやましいと思ってた。アートってわりとみんな俺は俺って感じの人が多いから。でも最近は、ユニット系の作家が増えてるし、パフォーマンス型のプロジェクトも増えてる。それはもちろんうれしいことには違いないけど、血も沸き立つようなすごいことが起こるのはごく僅かだ。5が10になることはあっても、5が500になるようなコラボレーションはほんとに稀。やっぱりまずは一匹なんだな。

二階堂さんのライブにも以前はよく足を運んだっけ。5,6年前。
大友さんは世界を回りながらJAMJAMを続け、二階堂さんは歌っていた。
わしはその間なにをしてたか、と身につまされた。
なんとなくとか、まーいいか、でやり過ごすことが多すぎる最近。
こういうあいまいさを高嶺は許さないだろうな。

「JAMJAM日記」を購入。大友さんは自分のライブで「在日の恋人」の宣伝ばっかりしていて笑われてたけど、JAMJAMもすばらしい本です。
心のままに過ごして振り返ったらなんかになってた。そういうとこがいい。目標!とかじゃなくて。
77Pにぐっときました。(さかぐ)


いつもご愛読ありがとうございます
クリック応援よろしくお願いします! 
Thank you for your kindness!
Could you click this icon? One point for voidchicken!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2009-01-14 11:00 | art days | Trackback | Comments(1)

大友x高嶺ライブ #Otomo #Takamine #art #artJP #contemporaryart #art

Tadasu Takamine, Yoshihide Otomo by art blog voidchicken

link
大友x高嶺ライブいってきました

お正月に、高嶺格の本「在日の恋人」を買って読もうと思ったらナディッフにはなかった。仙台メディアテークには平積みだったのに。
かわりに年末も空いてた紀伊國屋で買ったのが、元全日本サッカー代表監督「オシムが語る」。島袋の展覧会で読んだオシムのインタビューがきっかけかもしれない。影響されやすいタイプです。
本の感想は、Book Battleに。 ああ、なまぬるい日本をまたオシムに叱ってほしい!

b0074921_225743.jpg
正月明けてようやく手にした「在日の恋人」は一気に読んでしまった。ウムムと唸る。
その本の中でも「ニカ」様と崇められる歌姫、二階堂和美も出演するこんなイベントが間近!
まさに「音楽を見る」体験をさせてもらった大友良英とのYCAMでの展示以来、つべこべいわずに高嶺の展覧会は出来る限り見にいく。だって同じものは二度と見られないから、と思ってるよ。
(さかぐ)
 
出演:大友良英(live)、高嶺格+ナジャ(performance)、二階堂和美(live)
日時:2009年1月12日(月・祝) 開場19時/開演20時
会場:スーパー・デラックス(問合せ=03-5412-0515)
前売:2500円/当日:3000円(1ドリンク付)


*ご予約は  ウェブhttp://www.super-deluxe.com
または携帯専用サイトから http://www.sdlx.jp

b0074921_4221741.jpg





高嶺格 大友良英 ライブ 「在日の恋人」 オシム
いつもご愛読ありがとうございます
クリック応援よろしくお願いします
Thank you for your kindness!
Could you click this icon? One point for voidchicken!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2009-01-10 04:45 | books | Trackback | Comments(2)

明けましておめでとうございます

皆様

新年明けましておめでとうございます。

メルマガで募集した年末滑り込み読者プレゼントはおかげさまで
あっという間に終了いたしました。ご応募ありがとうございました。
今年のスケジュール帳ですので当選者1名様には速攻お送りいたします。
はずれた方にも記念の品をお送りしますので楽しみにしててください。

お正月、皆さんはどうおすごしですか?
私は、新年引きこもり大会中です。
お豆と数の子をつつきながらイビチャ・オシムの本にはまってます。なぜ?
今年もどうぞよろしく!(さかぐ)
[PR]
by voidchicken | 2009-01-02 14:54 | current issues | Trackback | Comments(0)


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

【黄金町バザール】サン・ピッ..
at 2017-08-22 21:27
2017年国際展巡り一人旅 ..
at 2017-08-22 21:21
バンコクアートだより2017..
at 2017-07-22 12:49
追悼・後々田さんから。
at 2017-06-15 22:37
映画「ギターマダガスカル」と..
at 2017-05-04 00:34
メルマガ5/2でました。
at 2017-05-03 15:59
感じてもだえる愛の重さ…二藤..
at 2017-05-02 19:41
Kochi Muziris ..
at 2017-01-19 15:07
Kochi Muziris ..
at 2017-01-05 00:32
Kochi=Muziris ..
at 2017-01-01 02:16

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(465)
(452)
(434)
(309)
(260)
(256)
(163)
(140)
(127)
(110)
(110)
(105)
(98)
(45)
(39)
(33)
(27)
(10)
(8)
(8)

検索

Who's voidchicken?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


art for all.

記事ランキング

画像一覧

ライフログ


現代アートを買おう! (集英社新書)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル

アート・デザイン
語学