<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

インド初のビエンナーレ、Kochi-Muziris Biennale〜その3〜 #art #india #bienale #contemporaryart

過去記事 past posts
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 1
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 2
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 3
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 4


b0074921_13453664.jpg
プレスコンファレンスはカレー付き。


コーチ・ムジリス・ビエンナーレの展示のようすを紹介します。
ただし、作品については作家との立ち話が主なソースなので、印象記ってことで、間違ってたらご勘弁。
b0074921_15323888.jpg
海に面したメイン会場、Apinwall House。1867年の建物でイギリスのAspinwall & Companyの貿易の拠点として、ココナツオイルや胡椒、スパイス、ゴムや紅茶、コーヒーなどを輸出したところです。
ここは小部屋が多く作品点数が多い上に展示が間に合わず空けてないクレートがゴロゴロしていて、私は全部見るのは諦めてしまいました。具合も悪かったし。
広場で音楽を演奏してたりビエンナーレショップがあったりと、メイン会場らしい華やかさもありました。
b0074921_1557747.jpg
会場入口入ってまず目に入るのが、スリニヴァーサ・プラサードSrinvasa Prasadのインスタレーション。2007年ARCUSにも滞在してた作家です。椰子の木の間に吊り下げられた竹の球体まで土嚢を登って近づくことができます。別の会場でやってた過去作品の展示もよかった。

b0074921_2142594.jpg
Aspinwall Houseには、インドを代表する作家たちが新作を連ねています。
日本でもおなじみのスボード・グプタSubodh Guptaは、食器、トランク、ふとん、椅子などの日用品をぎゅうぎゅうに詰め込んだ古い船を展示。
b0074921_04056.jpg
b0074921_2135952.jpg
旅立ちの船、あるいは難破船?
2年前にデリーのギャラリーで彼の作品をみたときは、成金ぽくて皮肉たっぷりでちょっとどうかなあと思ったけど、今回の作品は、グプタらしい素材やテーマを踏襲しながら、力強く、希望と不安に満ちたビエンナーレの船出へのエールとも取れる、まさにサイトスペシフィックな作品でよかったです。
b0074921_1613231.jpg
ヴィヴァン・スンダラムVivan Sundaramは、森美術館でのインド展「チャロー・インディア!」で膨大なゴミを並べて街のジオラマみたいな作品を発表してた作家です。(参考サイト)
b0074921_0432976.jpg
黒岩さんとお話するヴィヴァンさん。
b0074921_057223.jpg
一見、ただの乾いた土のように見えるけど、実は小さなピースからなる造形物で、見渡すと干上がった川底のようにも生き物の鱗のようにも見えます。
これらは紀元前1世紀に栄え14世紀に洪水で水の底に沈んだとされるムジリス地方の都市の遺跡から発掘された陶器の破片でできているそう。展示が終わったらもとに戻して、あとには何も残らない。壮大なコンセプトと迫力に感動!
b0074921_1293330.jpg
こちらはあいちトリエンナーレ2010に出ていたアマル・カンワル Amar Kanwar。今回は2012年のドクメンタで発表した作品の発展バージョンで、インドの農村でリサーチを重ねて制作した大がかりなインスタレーションです。
b0074921_1221489.jpg
ドキュメンタリー映像監督としても知られるアマル、やっぱり映像作品がよいなと思いました。牛が墓標?に顔を擦るシーンにぐっときました。
b0074921_1553497.jpg
建物の裏側。シーラ・ゴーダSheela Gowdaの石の作品が部屋から海に向かってゴロゴロと。
b0074921_31873.jpg
スパイスの石臼で、おそらくここにあったものを移動させたインスタレーション、ロケーションといい最高です。

ベテランたちはみんなオープニングにきっちりあわせて仕事を完成させ、しかもやっぱりいい場所を展示に選んでいて、さすがです。ここでしかみられない力のこもった新作に、彼らの強い使命感みたいなものも感じられて、ちょっと心打たれました。

b0074921_2402340.jpg



ヾ(・ω・`*)Thanks(*エ・ω・)ノ゙
現在ブログ村現代美術ランキング6位キター!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2012-12-31 13:50 | art days | Trackback | Comments(0)

インド初のビエンナーレ、Kochi-Muziris Biennale〜その2〜 #art #India #contemporaryart

b0074921_311326.jpg
コーチ・ムジリス・ビエンナーレのレポートが「その1」で終わってるよ〜とさぼからの指摘(汗)
旅のとちゅうで引いた風邪&帰国後の胃腸炎でずっと寝込んでて、起きたらクリスマスも終わってました。すっかり体も心もなまってしまい、アップが遅れてましてすみません!

風邪の原因は、今年もいったバンコクの野外フェス「Big Mountain Festival」。
タイのフジロックと言われるまでに成長したBM、今年はなんとSaluxSalu、原田郁子xウィスット・ポンニミットなど、日本人にもおおー!というラインナップで超盛り上がったんですが、
いっしょにいった5人中4人が風邪で高熱、うち1人はインフルエンザを発症して緊急入院という、なんともおそろしやビッグマウンテン菌。
b0074921_326576.jpg

その風邪を連れてインドへ渡った私も、ずっとふらふらしながらビエンナーレを周って、インドのハイパーケミカル薬の副作用でさらにふらふらになり、なんかもう体調はめちゃくちゃでしたが、それでも南インドはよいところでした。
海沿いにメイン会場となるいくつかの建物があって、ちょっとベネチアを思い出します。
b0074921_532119.jpg

コーチ・ムジリス・ビエンナーレは、アーティストのBose Krishnamachari,とRiyas Komuの2人の「インドで国際展を!」という思いから始まった、アーティストオリエンテッドなビエンナーレです。プロデューサー手腕に長けた二人が、ケララ州を全面巻き込んで、ここを「ビエンナーレ・シティ」として売りだそうという、日本でいうところの「まちおこし」的な目論見もあります。
b0074921_522664.jpg

会場は、インド植民地時代の東西貿易の拠点だった港町、フォート・コーチンを中心に、古いペッパーハウスやユダヤ人街などこの街の記憶を語る建物や史跡9箇所。海を望むロケーション、朽ちた壁のテクスチャー、気持ちいい風と青い空、、、コーチ・ムジリス・ビエンナーレの最大の特徴は、ポルトガル、オランダ、英国といった外国の植民地支配を経て、さまざまな文化が混ざり合いながら独自の発展を遂げたこの街の魅力をアートによって再発見する作業にある、といえそうです。
b0074921_3484632.jpg

ビエンナーレやトリエンナーレといえば、総合ディレクター的な人が気合を入れてつくったテーマがたいていあるものだけど、ここでは特にテーマはなし。しいて言えば、この街でしかやれないことを見せてやろう!というサイトスペシフィックな側面が強いです。
作家数はインドの作家が50人、海外24ヶ国から40人(リリースより)印象としては地元ケララの作家が多く、その点でも「おらがビエンナーレ!」という感じがします。
さらに、スボード・グプタヴィヴァン・スンダラムアマル・カンワルといった、インドのインターナショナルな売れっ子アーティストたちも気合のはいった作品を展示してました。

オープニングには、いっしょにいったデリー在住のキュレーター黒岩朋子さんいわく、「インド中のアート関係者が全員来ている」くらい、インドアート界ではやはり大ニュース。さらに街を歩いていても、トクトクドライバーから「コンニチワ!ビエンナーレ!」と呼びかけられ、物売りがなんでもかんでもあたまにビエンナーレをつけて売り始めるなど、街中に「ビエンナーレ」という言葉(だけ)が浸透していて、街が小さい分、盛り上がり方も際立ってました。

b0074921_3591582.jpg

それにしても、インドでしかも超のんびりの南で予定通りにコトが進むはずもなく。プレスコンファレンスの日は一応内覧会にもかかわらず、作品はまだ60%くらいしか完成しておらず、がんがんに作業中。翌日の展覧会オープンには70%、翌日は80%、と毎日変わっていき、それに合わせて作家リスト、会場マップ、と一日1つずつできていくので、何度も会場に足を運ばなくちゃいけなくて、ただでさえ風邪でふらふらなのに相当ぐるぐるさせられました。

でも、そのだめな感じもなんだか憎めなくて、インドのスノビッシュなアート関係者たちもみんな苦笑い。日本だったらキリキリしてクレームとか始まりそうなのに、「まあいいか」と思わせてしまう、これぞケララマジック!見習いたいです。
b0074921_4152342.jpg
インドの人は写真好き。
(つづく)

ブログ村現代美術人気記事
*1位 ハースト、Gギャラリーとさよなら Hirst splits from Gagosian gallery
*2位ゴームリーのスタジオ紹介映像 TateShots: Antony Gormley


*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 1
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 2
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 3
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 4


今日もお読みくださり
ありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします!
12位までキター!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2012-12-31 05:31 | art days | Trackback | Comments(0)

ゴームリーのスタジオ紹介映像 TateShots: Antony Gormley

ブログ村現代美術人気記事1位
ハースト、Gギャラリーとさよなら Hirst splits from Gagosian gallery

x - x -x - x -x - x -x - x -x - x -x - x -x - x -

2007年だからちょっと古いですけど。
作家のスタジオを見るのは楽しい。
Tate Shotsのサイトだとtranscription(文字)があります。

1 September 2007
TateShots: Antony Gormley

Antony Gormley takes us on a tour of his studio. Designed in collaboration with the architect David Chipperfield, this converted warehouse just north of King Cross manages to accommodate hanger-like rooms, where teams of assistants work on large-scale sculptures, with more intimate, personal spaces.
なんと私の大好きなデイビッド・チッパーフィールおぢさま(建築家)
一緒に共同でデザインされたスタジオなのでした。

TateShots Issue 7 - Antony Gormley



関連過去記事
*ターナーコンテンポラリーの展覧会 #TurnerContemporary

*トレシー・エミン枯れる? Tracey Emin
*ゴームリーお疲れ〜Highlights from Antony Gormley's Fourth Plinth



あーブログにかまけてしまっている。
sb
16位までキター!
ヾ(・ω・`*)Thanks(*エ・ω・)ノ゙
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2012-12-30 01:04 | art days | Trackback | Comments(0)

ハースト、Gギャラリーとさよなら Hirst splits from Gagosian gallery David Bowie #contemporaryart

よくネタででてくるハーストは、
ガゴーシアン・ギャラリーの稼ぎ頭だったのに、
契約終了っていう記事。して、White Cube gallery
一緒になりましたとさ。(文句ないっす)。

David Bowie - Heroes (live)


きゃこきじ
*ハースト談 Hirst and Hockney TRANSARTSTOKYO
*ハーストのサメ腐る #DamienHirst's Shark & #Sharky
*ディラン展 #Gagosian に疑問の声  #Dylan


December 14 2012 (The Times)
Damien Hirst splits from Gagosian gallery

The U.K.’s wealthiest living artist, Damien Hirst, has parted ways with the Gagosian gallery, which represented him for the past 17 years.

Hirst, 47, whose best-known work is a tiger shark suspended in formaldehyde that billionaire hedge fund manager Steve Cohen reportedly acquired for $12 million, had been a major money maker for Gagosian.


By Katya Kazakina & Frederik Balfour - Dec 15, 2012 (Bloomberg)
Hirst Ends 17-Year Relationship With Gagosian Gallery

"Heroes"

I
I will be king
And you
You will be queen
Though nothing
Will drive them away
We can be Heroes
Just for one day
We can be us
Just for one day

sb

ヾ(・ω・`*)Thanks(*エ・ω・)ノ゙
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2012-12-29 20:13 | art days | Trackback | Comments(0)

山谷越年越冬の取り組み Christmas kettle  #contemporaryart #equality

年末恒例、社会鍋Christmas kettle)って
最近も新宿、渋谷あたりでやってるんでしょうか?

最近、Homelessの方々が集ってらっしゃいますね。年末からお正月は役所も
休みだし、それこそsafety netがお休みになってしまうわけです。
病院はやってるところもあるけれど、、、

That Social Safety Net Is A Big Fat Lie (Business Insider)

Is Japan’s social safety net really safe?


年末の大掃除、断捨離ででた男性衣類や日用品などを送るといいかも。
山谷労働者福祉会館(さんやろうどうしゃ ふくしかいかん)


2012-2013 山谷越年越冬の取り組みのお知らせ



関連記事
断捨離ででた男性衣類や日用品を送るといいかも、というブログのひとつ。
東京・山谷日雇労働組合

今年はこちらにいろいろと家で使わないもの送らせていただきました。できることしかできない、で
いいんだと思います。それぞれの好きな形で、強制されず、自由にやればいいです。
(特にどこの回し者でもありまへん)
sb

現在19位です。
ヾ(・ω・`*)Thanks(*エ・ω・)ノ゙
voidchickenに愛の一票を。
今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2012-12-29 19:55 | current issues | Trackback | Comments(0)

オノ・ヨーコがビートルズ解散の真相を語る? YokoOno #Beatles #art #musict #contemporaryart



The Huffington Post By Kia MakarechiPosted: 12/27/2012 6:02 pm EST
Yoko Ono On Beatles' 'Divorce':
'They Were Getting To Be Like Paul's Band, Which They Didn't Like'





続く。

sb

いつもご愛読ありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by voidchicken | 2012-12-29 00:12 | music | Trackback | Comments(0)

23日はジョー・ストラマーの命日 Remembering Joe Strummer #punk #contemporaryart the who

10周忌だそうです。

(以下、英語に興味のない人は文末の追記に飛んでください)

22 December 2012 BBC
By Gideon Coe / BBC 6 Music presenter
Remembering Joe Strummer 10 years on
By Gideon Coe BBC 6 Music presenter

Billy Braggかく語りき、
"[He] was the driving force who helped give punk its 'political edge,'" Bragg told the BBC in 2002. " have a great admiration for the man. His most recent records are as political and edgy as anything he did with The Clash.

"His take on multi-cultural Britain in the 21st century is far ahead of anybody else."

Strummer's legacy has been underpinned since his death by Strummerville - the Joe Strummer Foundation for New Music. A registered charity, it seeks to offer support and resources, such as performance and rehearsal spaces, to musicians who would not normally have them.


*the driving force 立役者 原動力 中心人物 起動させる力を持つもの
ex) driving forces

ビリー・ブラッグって誰だっけなーと思ったら、
この歌を歌ってる人。

訳詞はこちら(さかぐーがすきそ)。

Billy Bragg - A New England (Live)



ストラマーは音楽で政治的なメッセージを送ることに
積極的で、ただのクズ野郎の戯言だとしか
思われていなかった「パンク・ロック」を変えた人物。
クラッシュはとてもポリティカルなバンドでしたね。

ブラッグはストラマーに影響されてたんですね。
80’s fanの年越しBGMにおすすめのfull versionです〜。

The Clash - Sandinista! (1980)


日本語の関係記事
ジョー・ストラマー10周忌&生誕60周年&THE CLASHデビュー35周年特別企画!
(Legacy Recordings)

追記ですが〜これはとってもオススメです。
訳詞のところで紹介したブログの
記事「リリーのおもかげ」

パオーン!
sb

いつもご愛読ありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by voidchicken | 2012-12-27 20:52 | music | Trackback | Comments(0)

眞島竜男 今日の踊り 2012年12月25日 #dance Majima Tatsuo #performance #contemporaryart

Tatsuo Majima's performance.

Is he dancing bizarrely everyday?

Today's dance on 25 Dec.
眞島竜男 今日の踊り 2012年12月25日




Would you like to mimic his bizarre dance?
An incredible artist he is!

「私にもできる!」と真似しようとする人がまわりにいる....
けど、できる?

sb

ヾ(・ω・`*)Thanks(*エ・ω・)ノ゙
voidchickenに愛の一票を。
今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2012-12-27 02:46 | art days | Trackback | Comments(0)

今年の抱負(業務連絡) This year's task #art #artweet #contemporaryart

業務連絡です!

b0074921_231753.jpg



sb

いつもご愛読ありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by voidchicken | 2012-12-27 02:33 | art days | Trackback | Comments(0)

インド初のビエンナーレ Kochi Muziris Biennale その1 #art #artweet #contemporaryart #India

b0074921_3132022.jpg

さかぐです。
南インドのケララ州フォートコーチンで開催されてる、インドで初めてのビエンナーレ、Kochi Muziris Biennaleのオープニングに来てみました。
フォーとコーチンは海があり緑も多くて、アーユルヴェーダもさかんなところ。
ちょっとタイの田舎みたいにのんびりゆったりしていて、同じインドでもデリーとは全然違う!
ご飯もうまいです。ココナツを使ったスパイシーな魚料理とか、あと米がうまい!
b0074921_351955.jpg
本日の新聞トップは、世界的シタール奏者のラヴィ・シャンカールの訃報。ノラ・ジョーンズのお父さんですね。
b0074921_372134.jpg
ビエンナーレのニュースも大きく。オープニングの12月12日の夜は、町の広場で開会式に続いて音楽コンサートが開かれ、市民も全員ご招待の太っ腹。村祭り的ビエンナーレ、いいなー
b0074921_3451017.png

b0074921_33138100.jpg
b0074921_3345474.jpg
 (続く)

関連記事 related posts
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 1
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 2
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 3
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 4
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 5
*ワルリ族の村でおかずくんと再会す。〜ウォールアートフェスティバル(WAF)


いつもご愛読ありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by voidchicken | 2012-12-14 03:49 | art days | Trackback | Comments(0)


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

【黄金町バザール】サン・ピッ..
at 2017-08-22 21:27
2017年国際展巡り一人旅 ..
at 2017-08-22 21:21
バンコクアートだより2017..
at 2017-07-22 12:49
追悼・後々田さんから。
at 2017-06-15 22:37
映画「ギターマダガスカル」と..
at 2017-05-04 00:34
メルマガ5/2でました。
at 2017-05-03 15:59
感じてもだえる愛の重さ…二藤..
at 2017-05-02 19:41
Kochi Muziris ..
at 2017-01-19 15:07
Kochi Muziris ..
at 2017-01-05 00:32
Kochi=Muziris ..
at 2017-01-01 02:16

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(465)
(452)
(434)
(309)
(260)
(256)
(163)
(140)
(127)
(110)
(110)
(105)
(98)
(45)
(39)
(33)
(27)
(10)
(8)
(8)

検索

Who's voidchicken?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


art for all.

記事ランキング

画像一覧

ライフログ


現代アートを買おう! (集英社新書)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル

アート・デザイン
語学