<   2013年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

アートアワードトーキョー 丸の内(a.a.t.m.2013 ) オープン #art #artweet #art_jp #contemporaryart

art award tokyo Marunouchi (a.a.t.m.)
 (English)

アートアワードトーキョー 丸の内(a.a.t.m.2013 )

おねえですぅ。

さかぐが毎年手伝ってる「アートアワードトーキョー丸の内2013」の授賞式に行ってみたわ。
けど、混んでてなにも見ることができなかったのょぉ。なので受賞結果は会場でみましょうね。
展示は始まってますので、GWに丸の内へ行かれる方は行ってみてくださいませ。
今年のゲスト審査員は松井冬子さま。どんな作品を選んだのか気になりますわね。
(リンク先に受賞した作品にはクレジットがありましたわ)

[会期]2013年4月27日(土) – 5月26日(日)
[時間]11:00 – 20:00
[会場]行幸地下ギャラリー (東京都千代田区丸の内 2-4-1 [行幸通り地下])
入場無料

b0074921_20443683.jpg



あんなに働くさかぐを初めてみたわぁ〜(゜∀゜)
さぼぐおねえより
[PR]
by voidchicken | 2013-04-30 20:46 | Trackback | Comments(0)

「内蔵感覚」展 金沢 その1 ナタリー・ユールベリ&ハンス・ベリ #artweet #art_jp #contemporaryart

b0074921_22551350.jpg

"Visceral Sensation
— Voices So Far, So Near"

April 27, 2013 -September 1, 2013
Venue:21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

「内臓感覚 — 遠クテ近イ生ノ声」
2013年4月27日(土)~2013年9月1日(日)
金沢21世紀美術館

Aさんに誘われるがまま金沢21世紀美術館のオープンに行ってきました。
ビル・ヴィオラの映像を使ったポスターがちょっと暗めで、「怖いよぉ」と
思う方もいるかもしれませんが、展示内容はとても良かったです。
ゴールデンウィークに地方の美術館に行くなら、
やはり金沢でしょう!


ナタリー・ユールベリ&ハンス・ベリ
(Nathalie DJURBERG & Hans BERG )の
クレイアニメーションの作品
はおすすめです!
日本初公開だそうですが、これを見るだけでも行く価値あり。

Nathalie Djurberg at New Museum


あとピピロッティ・リスト(Pipilotti RIST)の
360度スクリーン空間!!

これは圧巻でした!

つづく、よ
sabo

*おまけ* 
さかぐに負けじさぼの鉄子の部屋。

(一度やってみたかった)
金沢は上越新幹線と特急はくたかを乗り継いで行きました。
行きの「はくたか」で爆睡してメガネを紛失してしまいました。
金沢駅ビルのZoffで20分で新調し、プレス会見にギリギリ間に合いましたよ。

越後湯沢〜金沢間は「はくたか」で。これは帰りね。
b0074921_22595793.jpg


帰路はこれに飛び乗りそうになったけど、我慢しました。
b0074921_2332698.jpg


トーマス・デマンド(Thomas Demand)の写真のような一泊3800円ポッキリのホテル。
一晩中、ぶーーーーんと音がなっていたよ。
b0074921_23361564.jpg

[PR]
by voidchicken | 2013-04-27 23:05 | art days | Trackback | Comments(0)

LOVE展で最も感動した澤柳英行 Hideyuki Sawayanagi #art #artweet #art_jp #contemporaryart

All You Need Is Love:
From Chagall to Kusama and Hatsune Miku

At Mori Art Museum
(TAB)

澤柳英行 Sawayanagi Hideyuki(R oentgenwerke AG)


六本木ヒルズ・森美術館10周年記念展
LOVE展:アートにみる愛のかたち―シャガールから草間彌生、初音ミクまで

会  期: 2013年4月26日(金)-9月1日(日)
会  場: 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)

さっそくつづき。
書き忘れていたことがひとつ。

でかいクーンズとありがたいハーストに感動しなかったわたしが最も感動した作品は、
澤柳英行(Sawayanagi Hideyuki)の
"You Will Be Possessed By Love in 30 Seconds"

なのである。

「もぉーーー、なぁーんだこういう仕組みなんでしょぉ〜」、とか思いつつ見たんだけど、
見終わった瞬間に、私の心のなかにはそれこそハートマークがポヨ〜ンって
感じで、いっぺんで恋に落ちてしまいました。(ひねくれてるけど単純な性格がバレる)。
ボクシングに喩えるなら、ワンラウンドKO負けって感じです。

いや、しかし、恋におちるってこういうことだよねぇ〜って、ひとり言。
すごくよくできた作品だと思います。
ネタばれしたくないので詳細は書きませんが、ぜひご堪能あれ。
何度もみたくなってしまいました。とってもロマンチックです。
sabo

なーんと調べたら、サーチギャラリーSaatchi Galleryでお取り扱い中。さすがだねぇ。目利きだねぇ。
Hideyuki Sawayanagi
”You Will Be Possessed By Love In 30 Seconds”
2002 Video
Saatchi Gallery
b0074921_22312565.jpg


サイトより参照画像
b0074921_22302958.jpg

[PR]
by voidchicken | 2013-04-25 22:39 | art days | Trackback | Comments(0)

LOVE展:アートにみる愛のかたちプレビュー TANY #art #artweet #art_jp #contemporaryart

All You Need Is Love:
From Chagall to Kusama and Hatsune Miku

At Mori Art Museum
(TAB)

プレスビューにわーっと行ってきました。
これを観に日本に来る価値ある展覧会ですね。アジアからも観客が呼べるくらい
すご〜い充実した内容で、拝みたくなる作品がいっぱいありました。
拝みすぎて腰が痛くなるほどです。
アートマニアだけじゃなく、ふつうにデートにおすすめ〜。
意外にロマンチックなポイントもあり、カップルで「ムフフ…」とかいっちゃう作品も多数あり!

個人的には目玉でもある巨大なジェフ・クーンズにあんまり感動しなかった。(へそ曲がってる?)
やっぱりTANYの懐かしい作品「昔の男に捧げる」に再会したのが、感涙モノだったT^T
元恋人、会田誠に手伝ってもらって(出演)制作した名作。
五輪真弓の「恋人よ」が最高〜!

この作品上映で東京はアップリンク・ギャラリー(当時は飯田橋あたり)、名古屋カノーヴァン(現ぱるる)、
北九州SOAPまで、TANYと「女子プロレス」みたいにドサ回りしたのを思い出すヨォ。
(TANYはその後、北海道とかも行ったんだよねぇ)

あれは10年以上前だねぇ。
あの作品が、岡本太郎の「痛ましき腕」の隣に並ぶとは。。。。
オヨヨ…とその場で泣き崩れそうになったよ。
意外にカップルとか女子友達、男子友達などに受けていた。
さかぐは「会田誠効果」と言ってたけど、まぁそういう作品だから。
この作品はふたりの熱演が肝だからね。
(追記)そういえば、アップリンクでお客として観に来てくれた、出光真子さんの映像作品が
すぐ近くにあったので、びっくりしたよぉぉ。なんか縁を感じました。
SABO


b0074921_2158479.jpg


六本木ヒルズ・森美術館10周年記念展
LOVE展:アートにみる愛のかたち―シャガールから草間彌生、初音ミクまで

会  期: 2013年4月26日(金)-9月1日(日)
会  場: 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)

LOVE展:アートにみる愛のかたち―シャガールから草間彌生、初音ミクまで


トーク最新情報(リリースより)
南條史生ギャラリートーク開催決定!
「LOVE展」企画者が自ら愛とアートを語る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明日4/26(金)からはじまる「LOVE展:アートにみる愛のかたち」。
本展を企画した森美術館館長の南條史生によるギャラリートークが決定
しました。当館の人気プログラム、お申し込みは明日AMスタートです。

日時:6/19(水)19:00−20:00
定員:30名(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)
お申し込み:4/26(金)11:00より、森美術館ウェブサイトで受け付けます。

以上。

b0074921_215906.jpg


いつもご愛読ありがとうございます
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

b0074921_0544423.gif

[PR]
by voidchicken | 2013-04-25 22:00 | art days | Trackback | Comments(0)

Sharjah 報告会その2 ガブリエル・オロスコ Gabriel Orozco

オススメ過去記事
*〜番外編〜インド初のビエンナーレ、Kochi-Muziris Biennale
*篠原有司男×清水靖晃 トーク行きました2

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
Sharjah Art シャルジャ・ビエンナーレ報告会その1の続きです。

Sharjah Art Foundation New Art Spaces

Re:emerge
Towards a New Cultural Cartography
In Re:emerge, Towards a New Cultural Cartography, curator Yuko Hasegawa proposes a Biennial that reassess the Westerncentrism of knowledge in modern times and reconsiders the relationship between the Arab world, Asia, the Far East, through North Africa and Latin America.


-- -- -- -- -- - - - -- --- -- - - - ----- - - --- --- -- - -- -- --- - - -- ---- - - --
報告会では盛りだくさんのアーティストが紹介されたましたが、
なかでもグッときた作家が、ガブリエル・オロスコです。
MoMAやグッゲンハイムでも個展をしてますし、また
金沢21世紀美術館にも収蔵作品があります。

Gabriel Orozco
シャルジャではSand on Table as Model of "Self-Organising Criticality"
という作品を出品。
これはテーブルの上にピラミッド型に砂が盛られているのですが、(リンク先参照)
下部の砂がテープルの端っこから、ボロボロと落ちてしまうので、構造が常に未完成な状態なんです。
つまり砂が少しずつ落ちることで、この美しいピラミッドはゆっくりと崩れ落ちているわけです。
このピラミッドを何かを頂点とした組織や社会構造にたとえるなら、
底を支える層が、スルスルと抜け落ちることで新しい変化を呼び起こしていると。
「Self-Organising」”自己組織化する”、「Criticality」”臨界”のモデル・・・というタイトル
からして、うひょ〜かっちょエエって感じです。
スライドでちょっと見ただけでも、ゾクゾクする作品でしたね。
というのがシャルジャっぽくていい〜(・∀・)
展示ではこの立体の背景にカオス理論を元にした図がたくさんあったような。(未確認)。

つづく。sb_voidchicken

以下関連リンク 
テート・モダンの展示

ガブリエル・オロスコにやられる(ブログ:やまもとのグレーゾーン)

にはグッゲンハイムの展示の様子があります。2012年07月09日

これは全然カンケーない他の作品。
ガブリエル・オロスコ「ゲームについて」


そのあとに食べた旨いもん。ピータン豆腐と黄ニラともやしの炒めもの。店名は後日。
b0074921_0221154.jpg


オススメ過去記事
*Acidattacks 酸で焼かれる女性 パキスタン
一刻も早くアイ・ウェイウェイを解放せよ!
さよなら、ミック。Tributes to Mick Karn

[PR]
by voidchicken | 2013-04-20 00:16 | art days | Trackback | Comments(0)

Sharjah Art シャルジャ・ビエンナーレ報告会その1 Tarek Atoui #art #art_jp #contemporaryart

オススメ過去記事
*Francis Alÿs フランシス・アリス展 その3 
*Takamine Tadasu 高嶺格のクール・ジャパンへの道(水戸芸術館)その1 


Sharjah Art Foundation New Art Spaces

国際交流基金のシャルジャ・ビエンナーレの報告会に行きました。
真っ黒ファッションの高谷史郎氏(参加作家)と
美脚白スーツ姿の長谷川祐子氏のトークは充実した時間でした。
シャルジャはドバイから車で20分だそうで、アクセスも良さそうです。
参加作家99人、作品200点以上というボリュームですから、すべて観るために丸2日はかかりそう。
報告会ではパフォーマンスの映像もチラリと観ることもできてよかった!
パフォーマンスがすべておもしろそうだったなぁ。
特にTarek Atouiが世界中から集めた
10人のドラマーによるゲリラ演奏にはう~んと唸りました。
行きたいよぉ〜!

シャルジャ・ビエンナーレ11

Basic Information
名 称 :シャルジャ・ビエンナーレ11
Re:emerge Towards a New Cultural Cartography
会 期 :2013年3月13日 ~ 2013年5月13日
入場料 :無料
会 場 :アーツ・アンド・ヘリテージ・エリア(シャルジャ、アラブ首長国連邦)
Sharjah Art Museum, Bank Street Calligraphy Square, SAF New Spaces
主 催 :シャルジャ芸術財団 ( Sharjah Art Foundation )のブログ。
キュレーター : 長谷川 祐子(はせがわゆうこ/東京都現代美術館チーフキュレーター)

(これは別のパフォーマンスです)
Tarek Atoui: performance at Media City Seoul 2010


そのあとに四谷三丁目でうまいもん。餃子づくし。肉、エビ、水。あとなんかの肉。
(店の名前は後日)
b0074921_22365179.jpg




sb


つづく。
[PR]
by voidchicken | 2013-04-17 22:38 | art days | Trackback | Comments(0)

篠原有司男×清水靖晃 トーク行きました2 #art #artweet #art_jp #contemporaryart

オススメ過去記事
*「梅佳代展」 UMEKAYO 4月13日から!招待券プレゼント予告
*絶世の美人とは・・・『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』 Om Shanti Om

b0074921_224558100.jpg


過去記事Ushio Shinohara 「反芻 篠原有司男」展のつづき。

ボクシングペインティングで有名な幻のアーティスト、ぎゅうちゃん先生のサイト。
Shinohara Ushio

映画のサイト
Cutie and the Boxer
篠原さんは型破りという形容詞では足りないほど、自分をトコトン貫いているアーティストである。
「アーティストで喰ってけるかな〜」とウジウジ悩んでる人は、彼の爪の垢を煎じて飲むべきだ。
飲んでアーティストとして成功するかは保証しないが、マムシドリンク並の効き目はあるだろう。

トークを主催したTraumaris、住吉さんの紹介でちょっとだけ会話ができた。
最近ボクシングを始めた私が一番ききたかった質問をした。
ーーー篠原さんは普段からボクシングをしてるんですか?
「ボクシングを真剣にやってる連中にとっちゃ、スポーツとして神聖なもんだからね。こんなこと(ボクシングペインティング)なんてやれねーよ」。
ちょっとはやってたんだと思うが、スポーツとしてやってはいないのだ。やはり。
篠原さんはボクシングのスタイルを借りて、表現をしている。なぜボクシングか?
それはボクシングがかっこいいからだ。
10月の映画公開(「Cutie and the Boxer」)に合わせて、PARCOでパフォーマンスをやるという。
これは絶対見逃せない!

ボクシングペインティングのスライドをみて、グローブの先に何かがついているのに気がついた。
のでそれは何ですかと尋ねた。
「椅子んなかに入ってるクッション、スポンジみてーなやつだよ」
なるほど!そして絵の具は水彩、墨などを使っているという。

そこで思い出したのが、重度心身障害児の図工の授業だ。
自分の思う通りに四肢を動かせない子どもたちだった。
その子らのために、先生は割り箸の先にスポンジをつけた絵筆を制作し、持たせていた。
車椅子に座った子どもたちはそのスポンジに絵の具を染み込ませ、紙を叩いていた。
子どもによっては、手にスポンジ筆を握るために介添えが必要な子もいた。

絵を描くという意志があって、手を動かしているかどうかも、最初私には判断できなかった。

しばらく観察していると、絵を描くということではなく、その子らは紙の上に自分というものの
印を残しているのかもしれないなと感じた。
今ここにいるという、大げさにいえば生きてる印だ。
スポンジのついた絵筆で紙を叩く。ただ思うままに叩いている。
それがスティックだったら、ドラムも叩いただろう。
腕をあちらこちらに振りまわしながら、紙にしっかりと絵の具の跡を残していた。
こすっただけの跡もあるし、紙から外れて切れてしまった跡もある。
最後に様々な形や色のスポンジの跡が重なりあった絵を見たときに、
なんとも言えない感動があった。この子たちに絵が描けるのかと思った自分を恥じた。

話はそれた。
(中略)
篠原さんとの会話の最後、私が名刺を渡そうとカバンの中をみるため目を逸らしたら、
すーーっと行ってしまった。
そこに彼のボクサー魂を感じた。
ボクシングは一瞬足りとも相手から目を逸らさないスポーツだから。
目を逸らした瞬間に、一発入っちゃうからね。篠原さんは、ここで終了と思ったのだ。

彼のシンボルでもあるモヒカンもすっかり銀髪だったが、初めてみる彼の眼はとても澄んでいた。
唐突ですけど、その眼をみてやっぱりアーティストなんだなぁと思った。
彼の眼に映る世界は私たちとは違うのだろうなぁ、と。

つづく。かも。sb
[PR]
by voidchicken | 2013-04-13 22:59 | art days | Trackback | Comments(0)

Ushio Shinohara 「反芻 篠原有司男」展 #art #artweet #art_jp #contemporaryart

オススメ過去記事
*映画『プリピャチ』   #Pripyat #nuclear #peakoilk
*ウォール街を(で)ハダカに!パフォーマンス   ExposingWallStreet

40年もNYに暮らす幻のアーティスト、ぎゅうちゃん先生のサイト。
Shinohara Ushio

Traumarisにて「 篠原有司男×清水靖晃 トークセッション」行ってきました。
篠原さんのドキュメンタリー映画「Cutie and the Boxer」に音楽をつけたのが清水さんです。
しかし、若い!江戸っ子べらんめぇトーク炸裂しておかしかったです。
とても穏やかな口調の清水さんとの対比がおかしかったですね。
まさか生でボクシングペインティングの話をお聞きできるとは思わなかったです(・∀・)
詳細は後ほど報告しますが、まずは展覧会の情報です。sb

川口市立アートギャラリー・アトリア
にて篠原有司男(ぎゅうちゃん先生)の個展開催中。

反芻 篠原有司男
展覧会期  4月13日(土)〜5月26日(日)
観 覧 料   300円
スタッフブログはこちら。




関連イベント
やさしい鑑賞講座「篠原有司男を反芻する」
※詳細や参加方法につきましては、こちらのページをご覧ください。

第1回 芸術×反芸術
日時 4月14日(日)15:30~17:30
対談:篠原有司男(出展作家)×山下裕二(日本美術史家)
当日先着順受付

第2回 日本の前衛 マンガ、ウキヨエ、チョウジューギガ
日時 5月19日(日) 15:30~17:30
講師 山下裕二(日本美術史家)
当日先着順受付

ワークショップ
エクササイズ 超獣擬我!(チョウ・ジュー・ギ・ガ)
日時 4月21日(日)14:00~15:30
講師 飯島 浩二(美術家、元総合格闘家)
[PR]
by voidchicken | 2013-04-13 18:00 | art days | Trackback | Comments(0)

Francis Alÿs フランシス・アリス展 その3 #art #artweet #art_jp #contemporaryart #mexico

オススメ過去記事
サム・テイラー・ウッド女児出産! Sam Taylor-Wood names baby girl Wylda Rae
「カリフォルニア・デザイン」開始 ミッドタウン激安カフェ
nendoとコカ・コーラ社のコラボデザイン nendo recycled Coca-Cola bottles


Francis Alÿs Exhibition(TAB)

Part Ⅰ MEXICO SURVEY
April 6 (sat) - June 9 (sun), 2013
Exhibition Gallery B2F

Part Ⅱ GIBRALTAR FOCUS
June 29 (sat) - September 8 (sun), 2013
Exhibition Gallery 3F

*
Francis Alÿs フランシス・アリス展 東京都現代美術館その1

*
XENONフィルム映写機 フランシス・アリス展その2


の続きです。

記者会見の様子。(photo by Hiroko S.)
b0074921_23543047.jpg


展示会場に足を踏み入れて頭にポッと浮かんだ言葉、それは「traveler」。
入場券を渡すところの左上に小さなモニターがあり、
そこからすでに旅のドラマは始まってる。

その土地に住む人と旅人の撮る写真が違うのはなぜかなぁ思う。
こないだ東京に遊びにきた英国人が撮影した渋谷は
私がいつも歩く渋谷のイメージとは全然違うものだった。

騒がしいコマーシャル映像が流れるヴィジョンだらけの
つまんない街が、彼女の写真では雨煙のなかに美しいネオンサインが
浮かぶ映画のロケーションのような場所に見えた。
映画「ロスト・イン・トランスレーション」のよう?(映画はすごくつまらなかったよ)。

フランシス・アリスもメキシコと出会い、徹底的に「観光者」の視点で
街を見つめていった。その時に制作された作品が第一部の展示だ。

記者会見では「今みると過去の作品はノスタルジックにも感じるけれど、
その頃は自分がいかにアーティストになったのかという
人生のターニングポイントとなる特殊な期間だった」とフランシスは語っていた。

つづく。

sb
[PR]
by voidchicken | 2013-04-09 00:10 | art days | Trackback | Comments(0)

XENONフィルム映写機 フランシス・アリス展その2  #artweet #art_jp #contemporaryart

オススメ過去記事
*artfilm  生物の生殖行動 GreenPorno
*今野雄二、逝く。Goodbye , Yuji Konno
*そうだ、無言館@上田市に行こう!!


Francis Alÿs フランシス・アリス展 東京都現代美術館その1のつづき。

フランシス・アリス展オープンでみた映写機です。
この映写機は本人のもの? 
初期の作品はこの8mmフィルムで上映されていて、フィルムおたく心をくすぐります。
やたらと低解像度でピンぼけた感じが、とても良かったです。
また作品については後ほど書きます。とりあえずスナップ。


b0074921_23575259.jpg

[PR]
by voidchicken | 2013-04-08 00:06 | art days | Trackback | Comments(0)


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新の記事

バンコクアートだより2017..
at 2017-07-22 12:49
追悼・後々田さんから。
at 2017-06-15 22:37
映画「ギターマダガスカル」と..
at 2017-05-04 00:34
メルマガ5/2でました。
at 2017-05-03 15:59
感じてもだえる愛の重さ…二藤..
at 2017-05-02 19:41
Kochi Muziris ..
at 2017-01-19 15:07
Kochi Muziris ..
at 2017-01-05 00:32
Kochi=Muziris ..
at 2017-01-01 02:16
入る旅人 出る旅人 vol...
at 2016-10-26 23:04
広島アートぶらぶらその3 番..
at 2016-10-22 19:05

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(464)
(451)
(432)
(309)
(259)
(254)
(163)
(139)
(127)
(110)
(109)
(105)
(98)
(45)
(39)
(33)
(27)
(10)
(8)
(8)

検索

Who's voidchicken?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


art for all.

記事ランキング

画像一覧

ライフログ


現代アートを買おう! (集英社新書)


図工室にいこう―こどもがつくるたのしい時間

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル

アート・デザイン
語学