<   2014年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

【余談枠】朝からいやーなゆめ

【余談枠】ほんのささいな選択

洗脳されないことの方が実は恐いことです。

自分だけ正気でいるつもりでもだんだんそれが不明になってきます。

あー朝からいやーな夢をみて目覚めたので、

しばらくfacebookはログインしないことにします。

あ、メッセージだけ読みます。すまん、更新情報もアップします。(追記)
fb嫌いだ。便利だけど。


本当に脳みそが苦しいとはこのことだっ。

sabo


b0074921_117119.png



過去記事
瀬戸内国際芸術祭2013 小豆島編
[PR]
by voidchicken | 2014-07-31 11:00 | remembrance | Trackback | Comments(0)

【余談枠】ほんのささいなことですが

ほんのささいなことですが、

成功するアーティストと、そうではないアーティストとでは
何が違うのか?ということについてひとこと。


野心も必要ですが、あとは何が必要でしょう?

成功したアーティストたちをみて、彼ら、彼女らが
何を持っているのか考えてみます。

なんでしょう?
揺るがぬ信念でしょうか?

それだけでも大変なことですが、
信念とはあまりにも抽象的なこと。

もっと具体的に言うとなんでしょう?
「巻き込む力」と「巻き込まれた人に対する敬意」かな?

そうですね、たぶん。

(追記※ここでいう成功したアーティストとは、私の目からみて、よい作品を発表している方を
いうので、アートマーケットでどんなに高値がつこうが、関係ありません。)


話は変わりますが、、、、
こちらからのお見舞いに返事がないってことは、
そっとしておいて、ってことだね。

ではそっとしておきましょう。


sabo

Bonne vacance!



b0074921_6271243.png



関連過去記事

【余談枠】ほんのささいな選択
鉄道記念の日切符の旅その3〜金沢うまい処〜

[PR]
by voidchicken | 2014-07-31 06:12 | remembrance | Trackback | Comments(0)

リー・ミンウェイ展 始まります。秋に。Lee Mingwei MAM #art_jp #contemporaryart #museum

おすすめ記事
ごごたさん  by Sachiko M
せとうち番外編〜高松の古書店「なタ書」
アイ・ウェイウェイ不在でもNYなど展覧会ラッシュ!
札幌国際芸術祭2014 プレイベント公開トーク
いちはらアートxミックス その1〜指輪ホテル〜
フレッド・ウィルソン透明人間彫刻 #FredWilson #高嶺格
野村佐紀子 写真展 "TAMANO" SakikoNomura


梅雨明け気温が急上昇中ですな。北海道に行きたいよ。


Mori Art Museum (MAM)


Yokohama Triennale 2014


ミンウォンでなくて、ミンウェイ。
みどころはこんな感じだが、
東京でもいろいろと現代アートの
大きな展覧会が観られるようになって、
嬉しいのぉーと思うのだが。

この展覧会の特徴は参加型なので、
縫い物とか得意な人はぜひ応募してみてはいかがでしょう?
不得意な人でも構わないと思うけどね。
私もめっちゃくっちゃド下手なドローイングなど、
恥ずかしげもなくワークショップで披露したことが
あって、やっぱり恥ずかしくなるんだけどね。

あとはビエンナーレですね、今年は。横浜の。
カウントダウンが始まりましたね。

Lee Mingwei and His Relations
September 20, 2014 - January 4, 2015


リー・ミンウェイ展、今秋東京にて開催
BLOUIN ARTINFO

リー・ミンウェイとその関係展
会  期: 2014年9月20日(土)-2015年1月4日(日)
会  場: 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)

Yokohama Triennale 2014
Yokohama Museum Of Art
(TAB)
8.1[金]-11.3[月・祝]

肉食系イケメンバイオリニスト主演! 『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』 みたいよ。

b0074921_11141273.png


¥¥sabo¥¥

Thank you!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2014-07-24 23:35 | art days | Trackback | Comments(0)

ブレッソン Bresson コミュニティセンターaktaの存続 #contemporaryart #gallery #artist #photographer

過去記事

パフォーマンス作品も買ってケロ! (Frieze Art Fair )
Charlotte Rampling シャーロット・ランプリング
“The Sorrowful 27 Club” #AmyWinehouse - Love Is A Losing Game
肉食系イケメンバイオリニスト主演! 『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』 みたいよ
野村佐紀子 写真展 "TAMANO" SakikoNomura
ガザからの報告 Israel-Gaza conflict
2014夏のカンパ山谷労働者福祉会館 #Inclusion #equlity #poverty



Henri Cartier-Bresson

b0074921_230370.jpg

ブレッソンが街の流し撮りをしている映像です。
l’œil du XXe siècle => The eye of 21century

ポンピドゥーで終わっちゃったブレッソン大回顧展
はローマに巡回するようだから、日本にもくるのかな?


こちらもぜひ!
ポンピドゥー・センター「アンリ・カルティエ=ブレッソン」展
(monad)


そしてこちらも。
voidchicken9号のハスラーさんインタビュー記事でも
登場したaktaの情報です。そういえばインタビューも
ここでやったんだった。

コミュニティセンターaktaを存続し、
同センターを中心とした男性同性間の
性的接触によるHIV予防の啓発普及を
継続することを求める請願



akta存続の署名運動は8月末までだそうです。

community center akta
TEL&FAX  03-3226-8998
MAIL  info@akta.jp
URL  www.akta.jp
[開館時間] 16:00-22:00 
[定休日] 火曜・水曜、年末年始
新宿区新宿2-15-13 第二中江ビル301

このようなスペースは細く長く活動を
存続することに意義があると思うのです。
短期のイベントや期間限定スペースもそれなりに役目はありますが、
いつでもだれでも飛び込めるフリーなスペースが常にあるって
こと、大事だよ。あと貴重な資料もいっぱいあるんだよね、ここ。

9月17日にトークあります。
「東京迂回路研究」
「Living Together Lounge:ともに生きているということ」
アキラ・ザ・ハスラー(アーティスト)


sabo

いつもご愛読ありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by voidchicken | 2014-07-19 02:40 | art days | Trackback | Comments(0)

ハリーポタ、ブーム、アゲイン? #HarryPotter in Osaka #art_jp #contemporaryart

おすすめ
過去記事
トリポリの病院の惨状  #Libya #Tripoli
ガザからの報告 Israel-Gaza conflict


ハリーポタ、ブーム、アゲイン?

大阪やん。
動画あり。

Universal unveils Wizarding World of Harry Potter in Japan
A Harry Potter theme park that cost £260m to build opens in Universal Studios Japan, featuring a unique recreation of Hogwarts Castle and the Black Lake
(The telegraph) 5:10PM BST 15 Jul 2014

sabo
b0074921_10131129.png


いつもご愛読ありがとうございます
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2014-07-16 10:12 | travel | Trackback | Comments(0)

芸術家・ろくでなし子氏(五十嵐恵容疑者)の即時釈放 change.org #artweet #art_jp #contemporaryart


釈放のニュースなど。(07.18 updated)
弁護士ドットコム


art news delivered by art blog voidchicken
キンキンメルマが発行予定!
b0074921_654671.png

おすすめ過去記事
札幌国際芸術祭2014 プレイベント公開トーク
野村佐紀子 写真展 "TAMANO" SakikoNomura
岡村昭彦の写真 東京都写真美術館 もうすぐ! 
珈琲にショウガを入れたら旨いのか? クスクス KopiJahe and Couscous


b0074921_0583353.png


-- -- -- -- -- - - - -- --- -- - - - ----- - - --- --- -- - -- -- --- - - -- ---- - - --
追記
ろくでなし子さんの別のジオラマ作品です。
うまいです。

Japanese Artist In Trouble for Making Her Genitals Available to Others
by Claire Voon on July 14, 2014 (Hyperallergic Media, Inc)


change.org
芸術家・ろくでなし子氏(五十嵐恵容疑者)の即時釈放



賛同!

b0074921_6542071.png


sabo

本日もお読みいただきありがとうございます!
↓  ↓  ↓  ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2014-07-16 06:55 | current issues | Trackback | Comments(0)

岡村昭彦の写真 東京都写真美術館 もうすぐ!  #contemporaryart #museum #photo #photographer

キンキンメルマが発行予定!

おすすめ過去記事

札幌国際芸術祭2014 プレイベント公開トーク
野村佐紀子 写真展 "TAMANO" SakikoNomura
珈琲にショウガを入れたら旨いのか? クスクス KopiJahe and Couscous


b0074921_0583353.png


Photographs of AKIHIKO OKAMURA
all about life and death


Photographs of Akihiro Okamura All About Life and Death
Tokyo Metropolitan Museum of Photography(TAB)


岡村昭彦の写真
生きること死ぬことのすべて


会 期: 2014年7月19日 ( 土 ) ~ 9月23日 ( 火・祝 )
会場:東京都写真美術館

とりあえずメモ。

なんというか、とてもナイスなタイミング。
日本中が沸騰しとるしな。

さぼ

いまね、14位くらいかな
いつもご愛読ありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by voidchicken | 2014-07-16 01:05 | art days | Trackback | Comments(0)

野村佐紀子 写真展 "TAMANO" SakikoNomura #artweet #contemporaryart #artist #photo #photographer

おすすめ過去記事
珈琲にショウガを入れたら旨いのか? クスクス KopiJahe and Couscous 
b0074921_110860.png


- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *


Sakiko Nomura “Tamano”

B Gallery (TAB)

b0074921_161884.png


野村佐紀子 写真展 "TAMANO"

期間 : 2014年7月5日(土) ~ 24日(木) 11:00-20:00 (会期中無休)
場所 : B GALLERY (新宿/BEAMS JAPAN 6F)
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6 6F
TEL : 03-5368-7309

新宿BEAMS、B GALLERYで野村佐紀子さんの写真展をみた。
今回は『瀬戸内国際芸術祭2013』で発表された
岡山県玉野市に暮らすおじいちゃんおばあちゃん48人のカラー写真。
いつも思うのだが、写真ほど出会いが大切な芸術はないと思う。
瞬間の時間、光の時間をメディウムに焼き付けるために、
手元のシャッターを押すことを許される芸術家は少ない。
野村さんはその限られた芸術家のひとり。そして稀なる出会いへの嗅覚も鋭い人だ。

彼女は獣の匂いがするような男女のヌード写真が
得意なのだけど、今回はガラリと雰囲気の違う作品だ。
経緯については下の動画をご参照くだされ!

お気に入りの帽子をかぶって粋におしゃれをしている男たち。
赤い口紅を引き、髪に花を飾っている肌艶のよい女たち。
男女とも瀬戸内の明るい陽光の下、透明感のある笑顔をレンズに向けている。

みなさんがそれぞれ美しいのに驚く。ポーズを取る仕草や雰囲気のなかに、
若者にはない色っぽさがにじみ出ている。
目の奥に光が輝いていて、プロのモデル顔負け。
野村さんに捕らえられると、老いも若きも、なまめかしくなるのかな。
岡山県じゃなくて、実はパリに住む老人だと言っても
おかしくないほど、みなさん生き生きとして、あか抜けている。
もう老人と言えるご年齢なのだけど、写真をみていて、
「若いときはかっこよかったのかな…」じゃなくて、
「今だからこんなにかっこいい」と素直に感じる。

もしかしたら、深い皺を刻みながらも、堂々と人生を満喫している自然な表情だから
いいと思ったのかもしれない。
老いから逃げず、皺や白髪があっても、人工的に隠したり、治したりしない。
太陽のしたでクスクスと笑いながら、スクスクと老いて、日々送る。(ワハハでもいいけど。)
造花は枯れないけれど美しくない。
最後に枯れる自然の花だから、萎んで散る間際まで美しいのよ。
写真をみたあと、玉野市の方々のように、自分も死ぬ間際まで
咲き続けたいもんだと考えたよ。(んで実行。)

このプロジェクトの写真集「TAMANO」は大判で、
ページをめくりながら、写真のご老人たちと向かいあって、
話をしているような気持ちになるね。

乾きに必要なものはなんだろう。
私の心はこう言ってる。
「水をくれー!」
"J'ai besoin d'eau"
sabo

写真家 野村 佐紀子さんインタビュー (おかやまタウン情報)


いつもご愛読ありがとうございます
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2014-07-14 16:16 | art days | Trackback | Comments(0)

ガザからの報告 Israel-Gaza conflict #artweet #art_jp #contemporaryart #nowar #gaza

b0074921_1603390.png

日本からするとあまり想像できないかもしれないけど、
100人も亡くなってるというのは大変な殺戮だと思う。
イスラエルの武器はどこから来てるのか?
sabo

BBC July 10, 2014
What weapons are being used in the Israel-Gaza conflict

BBC July 11, 2014
Gaza-Israel conflict: 'It's not worth living'


子どもたちの眼に羞恥ではなく、“誇り”をみたい
-ラジ・スラーニ氏・インタビュー-2014年7月10日(木)
土井敏邦氏のWebコラム

ーー以下拡散希望だそうですーー

現在のガザ情勢ついて、人権活動家ラジ・スラーニ氏によるガザからの報告です。
7月10日、スカイプでインタビューしました。

多くの方に知っていただきたいガザの現実です。
この記事の拡散にぜひ力を貸してください。

                 7月13日  土井敏邦..

   「子どもたちの眼に羞恥ではなく、“誇り”をみたい」

    ―ラジ・スラーニ氏・インタビュー(7月10日)―

                              土井敏邦

(Q・今のガザの状況を教えてください)
 この新たな「戦争」は、3人のユダヤ人入植者が誘拐され殺されたことのきっかですが、
イスラエルは事件があったヨルダン川西岸のヘブロン市だけではなく、西岸全体またガザまで攻撃の対象としたのです。西岸では大量にハマスの指導者たちを逮捕し、ヘブロン市とその周辺の村々に外出禁止令を敷き、家を一軒一軒捜査し始めました。また住民の家々を急襲し、住民を脅迫し侮辱し、ハマスの指導者たちの家屋を破壊しました。さらに以前ガザで誘拐されたイスラエル兵(シャリート)との捕虜交換で釈放された元政治犯のパレスチナ人を再び逮捕しました。その数は数百人に及びます。イスラエル軍はパレスチナ自治政府の治安警察も無視して、少しでも不審だと思ったら、たとえ自治政府の人間でも射殺します。彼らはフリーハンドなのです。
 3人のイスラエル人少年の誘拐・殺害後はイスラエルの中に怒りが渦巻き、パレスチナ人少年が犠牲になりました。モハマド・アブクデール(16歳)です。それがまた西岸で怒りと暴力の新たな波を引き起こしたのです。
 また同時に、西岸の事件とはまったく関係のないガザ地区でも、イスラエルは繰り返し、ハマスの指導者たちを暗殺すると脅迫しました。それも公にです。そしてイスラエルの世論は復讐を要求したのです。

 イスラエルは10日前(6月30日)からF16やドロン(無人飛行機)、アパッチ・ヘリコプターなどによってガザの攻撃を開始しました。いわゆる「クリーンな爆撃」と彼らは言います。それはガザ南端のラファから北端のベイトハヌンまで空爆し、個々人を標的して住民を殺すことはせず、ただ住民の間に恐怖心を植えつけるというのです。そしてガザ全体には安全圏はないと感じさせるようというのです。
 しかしこの「戦争」の最初に、イスラエル軍は6人のハマス武装メンバーを殺害しました。つまりもはや「クリーン」ではないのです。ハマスはそれを受け入れることができません。イスラエルは自らの宣言を破ったのです。それでパレスチナ人側は報復しています。つまりイスラエルが挑発し、この「戦争」は始まったのです。
 それがこの「戦争」の引き金なのです。イスラエルは当初から、ハマスが反撃を開始することを望んでいました。それに応戦し降伏させようと考えていたのです。その空爆のやり方は、気が狂ったように猛烈に激しい爆撃です。ガザ全体を爆撃し、標的にした者は確実に殺害し、破壊する。イスラエルは新たな作戦を作り上げ、12時間の間に24人を殺害し、220人を負傷させました。また85軒の家を破壊しました。その作戦は、例えば私、ラジ・スラーニがハマスがイスラム聖戦のリーダーであったとすれば、私がそこにいようといまいと、私の家を爆撃するのです。F16によってです。ガザ中部のハンユニスのアブ・カワレ一家がその一例です。5人の子どもを含む7人を殺害し、28人を負傷させました。ベイトハヌンのハマッド一家も同様に、近所の男性がコーヒーを飲んでいて、傍にハマッドの妻と母親がその部屋にいました。そのとき空爆され、孫たちを含め6人が死亡したのです。

 イスラエル軍は住民、家族を破壊し抹殺しようとしています。破壊とテロです。軍事的な攻撃目標などないのです。これまで犠牲者の中にハマスやイスラム聖戦のメンバーは6人から多くても10人ほどです。他の犠牲者は一般市民で、その数は今のところ87人です。その数は時間ごとに増えています。武装組織のメンバーたちの大半が地下にもぐって表には出てきません。だからイスラエル軍は彼らの家、農園、インフラを狙って攻撃するのです。そこに人がいようがいまいが構わないのです。住民の殺戮と負傷によって、住民に恐怖を植え付けようとしています。それが、200万人が暮らすこの360平方キロの広さしかない狭いガザ地区で起こっているのです。ここは世界でも最も人口密度の高い地域です。イスラエルにはF16やアパッチ・ヘリコプターがあり武装艦船を持っています。それを用いて24時間、砲爆撃を繰り返しているのです。それだけでは満足せず、ある地域では地対地ミサイルまで用いています。誰も満足に眠ることができません。夜に動くものは、車でもモーターバイクでもすべて爆撃されます。即座に、です。夜の間、ガザをマヒ状態にしようとしています。日中でもガザでは普通の車を使うことが困難です。私は今60歳ですが、こんなことは私の人生の中で一度も経験したことがありません。

 この「戦争」、爆撃の前からガザ地区はとても特殊な状況に置かれていました。これまで2度もイスラエルの激しい攻撃にさらされ、多くの建物は再建されてはいません。また封鎖によって、ガザは経済的にも社会的にも窒息状態に置かれています。その封鎖の影響はあらゆるところに及んでいます。ハマスとファタハの連立政府が成立したばかりですが、ヨルダン川西岸から新たな政府要人がガザへ来て業務を引き継ぐこともできません。ガザ地区は非常にひどい状況下にあるのです。
 現在、イスラエル軍の地上侵攻についての噂が大きくなっています。イスラエルには大きな政治的な意見の分裂があります。ネタニヤフは気が狂っているかようです。もしイスラエル軍がガザ地区に侵攻してきたら、多くのイスラエル兵が殺されます。今は空爆によって、ガザはまさに「象が侵入した庭」のような状況です。しかしイスラエル軍がガザに侵攻したら、何千人という兵士が殺されます。一方、ガザ住民は少なくとも1万から1万5千人が殺されることが推定されます。イスラエル軍はガザに侵入すると流砂の蟻地獄のような状況になります。だからイスラエルの軍や諜報部門は侵攻を望んでいないのですが、政府が圧力を加えています。しかもまったく仲介者がいません。ハマスはエジプト政権に、「我われはあなた方と話をしたくない。あなた方はイスラエルの側に立っていて、我われはあなた方を信用しない」と言っている。そのハマスの指導層の大半は地下に隠れています。彼らが表に出てくれば、即座に暗殺されるでしょう。

 この事態は短期間では終わらず、長期化すると私は思います。とても困難で、血にまみれたものになるでしょう。何日かではなく、何週間も続きます。
 ガザの住民はまだ抵抗を支持しています。ハマスに対する不平・不満はなく、イスラエルと彼らがやっていることに対して激しい怒りを抱いています。またイスラエルを支持するアメリカやヨーロッパなどの立場と対応に怒っています。2008-2009年、また2012年のガザ攻撃で犯した罪によってもイスラエルは何の罰も受けなかったので、自分たちは免罪され、やりたいことは何でも自由に行動できると思っている、と多くのガザ住民は感じています。
 ここで起こっていることは簡単です。ここは法が支配する世界ではなく、ジャングルの掟(おきて)が支配している世界なのです。一般市民を保護する基本的で原則的な法さえ欠落しているのです。
私は今国際的な組織と接触をとっています。彼らは住民が標的にされ、多くの人が殺され、負傷していること、ガザ全体に医療品が不足していること、また病気や負傷した人が封鎖によって治療にエジプト側に出られないことをとても心配しています。
 あらゆるガザ住民が不安に震えています。まったく展望が見えないからです。イスラエルはここでは「全能」です。住民は苦しみ泣いています。それは道理にかなったことです。私は最悪の事態が起こることを恐れています。時間が経つごとに、前よりさらに事態は悪化し、今日は前日よりもひどい状態になっています。

(Q・夜は動くものが標的にされる中、救急車は動けるのですか)
 爆撃は四六時中続いています。24時間ずっとです。夜に動く物体や人は全て爆撃されます。

(Q・もし夜に負傷した場合、どうやって負傷者を病院に運ぶのですか)
 とても難しい状況です。動くのがとても困難なのです。昨夜、ハンユニスの海岸で爆撃がありました。住民はただカフェに座っていただけです。電気もなく、テレビも見られない状態でした。それに対してイスラエル軍は海上の艦船から砲撃したのです。5人が死亡し、20人が負傷しました。病院に駆け込むことができなかったからです。その1人は脚が切断され、本人がその切断された脚を抱えてジャーナリストたちに見せたのです。とても困難な状況です。まったくイスラエルはガザ住民の被害など気にかけない。女性や子どものこともまったく気にかけないのです。

(Q・薬品や食料が不足しているとのことですが、説明してください)
 ガザの保健省の大臣が昨日(7月9日)私のところに電話をしてきて、病院で必要な医薬品の種類の25%が不足しているとのことでした。さらに他の25%も明日までに底をついてしまうというのです。今朝(7月10日)までの負傷者は520人です。その負傷者のすべてに薬品や手術、縫合糸が必要です。その基本的な薬品がないのです。とても深刻な状況です。いつもなら、エジプトとの国境が開かれ、エジプトやトルコやチュニジア、フランス、英国から医薬品や医者や看護師など医療関係者たちがエジプトから入ってくるのですが、今は誰も救援に来ません。国境が封鎖されているからです。もちろんイスラエル側の境界からも入ってこれません。だから殺戮、負傷、破壊がさらに深刻なレベルとなっているのに、明日(7月11日)までに医薬品の種類の50%が底をついてしまうのです。
 ICRC(赤十字国際委員会)ガザ支部の幹部と昨日話をしましたが、2、3日の間に医薬品を搬入しようと試みていますが、それはわずかな量で、不足している薬品全てを補うものにはならないとのことでした。それさえできなければ、深刻な事態になります。
 それ以外にも、手術や透析のための電気が不足しています。またガザ全体が燃料不足の状態です。だから事態はとても複雑な状況です。これは人工的に生み出された大惨事です。

(Q・食料は?)
 今のところ、食料は大丈夫です。もちろんいい状況ではありませんが、人々はなんとかしのいでいます。ガザ地区では野菜や果物などが生産できます。しかし長期的にはわかりません。イスラエル側から物資が入ってくる検問所は今、機能していません。だからまもなくこの問題が深刻になるでしょう。ガザ住民の85%に食料を配給しているUNRWA(パレスチナ国連難民救済事業機関)は深刻な危機にあります。深刻な財政難のためであり、食料を搬入できない状態です。すぐに食料配給ができない状況に追い込まれます。しかも今はラマダン(断食月)です。

(Q・ラファとエジプト側との地下トンネルはどういう状況ですか。機能していますか。イスラエルがトンネルも爆撃していると聞いていますが) 
 全体としてトンネルは機能していません。物資の搬入は枯渇しています。この2、3日間、ガザ・エジプト間の14キロの国境線沿いの地域全体をイスラエル軍は爆撃しています。しかも特殊な爆弾によってです。とても大きな重量の爆弾です。

(Q・外国のジャーナリストはガザにいるのですか)
 昨日から外国人の存在を確認できました。昨日になってやっとできたのです。BBCワールド、BBCチャンネル4、BBCラジオ、それに「シュピーゲル」などドイツのメディアなどです。だから昨日から外国のメディアの存在について話ができるようになりました。特派員たちがガザに入ってきています。

(Q・2012年のガザ攻撃と今回では何か違いがありますか)
空爆のレベルも質も違います。今回はF16、ドロン(無人飛行機)、アッパッチ・ヘリコプター、地対地ミサイルなどあらゆる武器を用いています。また標的もガザの指導者たちの大半の家を攻撃しています。すでに125軒のハマス指導者たちの家が破壊されました。ハマス指導者たちは誰もがその家を破壊され、さらに死傷者が出ています。
 もちろん2012年のガザ攻撃もひどいものでした。しかし今回は住民を心底からの恐怖に陥らせています。前回はイスラエルも一般市民の被害を避けようと注意を払っているようでした。しかし今回は誰もがこの攻撃から自由にはなれないのです。自分の家に留まっていたとしても、比較的静かな地区に住んでいても、家が空爆の衝撃で揺れるのです。家の天井が自分の頭上に崩れ落ちるのでは感じるほどです。非常に危険な状況です。
 この状況は前例はありません。こんな事態に直面したことがありません。

(Q・なぜイスラエル軍はハマスの指導者たちを攻撃できるのですか。情報をイスラエル側に流すパレスチナ人の「協力者」がいるのですか)
 「協力者」(collaborator)はいつでも存在します。占領者がいる所には必ず「協力者」がいる。彼らが占領者イスラエルの眼、耳、鼻、手となっています。とりわけF16やドロンには協力者が必要です。「協力者」たちは標的の家や車を特定します。その動きや武器倉庫などの情報をイスラエル側に流します。
 イスラエルはハマスやイスラム聖戦のメンバーたちに「死刑判決」を下し、それを実行しています。しかもそれを彼らの権利だと思っている。例えばラジ・スラーニを殺そうと思えば、私の家を爆撃し破壊する。そして家族を殺す。これは戦争犯罪です。誰も暗殺する権利はないのです。組織の指導者たちを「懲罰」するためにこれほど冷血な手法で殺害し、家を破壊することは許さないことです。ジュネーブ条約や国際刑事裁判所でもこれは戦争犯罪です。これは全く違法な行為です。

(Q・世界の眼はイラクやシリア情勢に向き、ガザの情勢だけに注目しない状況です。また3人のイスラエル人少年の誘拐と殺害が事の発端であると報道されています。このような国際社会の見方にあなたはどう反応しますか)
 シリアやイラクの問題はあります。イエメンやエジプトやチュニジアの問題もあります。パレスチナだけが特別な問題ではないことはわかっています。
 しかし我われはこのタイミングを自ら選んだわけではありません。
 もう1つ忘れていけないのはブラジルでのワールド・カップです。世界の関心がそこに向かっている時期です。
 しかし私が腹の底から感じるのは、今のガザの状況の特別な“空気”です。一般に国際社会が事態を理解するのに2、3日を要します。今ここで起こっている事態を国際社会がやっと把握し始めています。
今回のようにテルアビブやエルサレム、昨日のディモナ(イスラエルの核施設のある町)、ハイファへのパレスチナ側のロケット弾攻撃はこれまでにない事態です。テルアビブはマヒ状態にあります。多くの市民がシェルターに隠れ、この3日間は学校や仕事に出られない状態です。イスラエル人はこの事態に怒っています。
彼らは今ジレンマに陥っています。セキュリティー(安全)に不安を感じ、今は「抑止力」について話を始めています。しかし誰も抑止できないのです。ガザからのロケット弾攻撃はずっと続き、ガザ住民は降伏もしません。自分たちの強靭さを自覚しています。もちろん住民はイスラエルの攻撃に苦しみ、恐怖に怯えています。
しかし同時に、この攻撃を甘受し何の抵抗もしない「いい犠牲者」でいいと思っている者はだれもいません。中にはこの被害を自分たちが求めているものを手に入れるための“代償”なのだと考える者さえいます。我われは「いい犠牲者」にはなりません。

他のアラブ世界からも連絡が届いています。エジプトからもです。この2日間に驚いたことにエジプトの知人から電話をもらいました。彼らは「パレスチナ・ガザへの連帯」と言うのです。彼らもとても動揺し、とても後ろめたく感じています。これがパレスチナとそれを取り巻く“空気”です。パレスチナで起こっていることを誰も無視できません。これまでイスラエルといろいろ共謀してきた自治政府のアブマーゼン(大統領)でさえです。西岸のパレスチナメディアも変わってきています。パレスチナTVは24時間体制でガザの状況を伝えています。西岸のメディアがです。
西岸の住民はガザ攻撃に抗議するデモをやり、イスラエルに対する抗議行動を起こし始めています。国連の安全保障会議では、私はナンセンスだとは思うけれど、協議が行われています。国際刑事裁判所もイスラエルを非難し始めています。アブマーゼンはイスラエルを非難し始め、「この事態は決して受け入れがたいことだ。ひどすぎる」と公言しています。彼はハマス指導者のメシャルと電話で会談し、またエジプト側に国境を開けるように要請しました。

(Q・昨日、あなたは私に「人間の尊厳が命より大切だ」と言いましたが、爆撃で家族を殺された住民の中には「ハマスのロケット弾攻撃のために自分たちはイスラエルの攻撃によって、さらに苦しまなければならない。後生だから、ロケット弾で攻撃するのは止めてくれ」という住民も少なくないと思いますが)
もちろん多くのガザ住民は「人間の尊厳が命より大切だ」ということに賛同しないかもしれない。我われは弱い人間だし、個人の利益を最優先に考えがちです。「人間の尊厳が命より大切だ」というのは、私自身について言っているのです。ただ私だけではく、私の周囲の理性的な人もそうです。この封鎖や攻撃の後は、ガザは“動物農場”のような状況です。封鎖、失業、貧困、分断、爆撃、殺戮、流血・・。下水道も管理できず、下水を海に流さなければならず海を汚染している状態、自分の運命も自分で決められず、建設的な生活をすることもできず、普通の人間のように行動することもできない。だからガザの人々はもう失うものはないのです。この悲惨な状況、非人間的な状況に置かれているのです。私たちは今すぐにはパレスチナを解放できなことはわかっています。しかし少なくとも人々はイスラエルの抑圧と攻撃を甘受するだけで抵抗しない「いい犠牲者」ではありたくはないのです。人間としての“誇り”と“強さ”を持ちたいのです。たしかに人々は流血し、気を失い、すべてを失ったという絶望感もある、それでも人々は自由と人としての尊厳を大切に思っているのです。そして自分の子どもたちの眼に、羞恥ではなく、“誇り”をみたいと願っているのです。


いつもご愛読ありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by voidchicken | 2014-07-14 15:58 | current issues | Trackback | Comments(0)

珈琲にショウガを入れたら旨いのか? クスクス KopiJahe and Couscous  #art_jp #contemporaryart

おすすめ過去記事
涼しげな記事
*レアンドロとばか飲み会 レアンドロ・エルリッヒ Leandro Erlich
*ハリー王子の全裸ヌード*Prince Harry naked pictures
*Danish exhibition shows couples having sex as art
*なぜアートに恋をするのか?  #EricKandel 神経科学者 エリック・カンデル

熱い記事
*非暴力行動の198の方法 #GeneSharp
*オリンピックインド選手団にまじった女性、反省の弁?
*「自発的隷従論」が読め!と言ってくる ティエンヌ・ド・ラ・ボエシ
*大正の幻 #manga #プリンセスゴールド #坂本一水 #関東大震災 #大正モダアン探偵
*名演奏家が流しのバイオリニストになってみたよ…#RenaudCapucon


- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *

さぼですが、たまには食いもんネタも。
This rustic Indonesian coffee gets a spicy jolt from smashed ginger.
Receipe: Kopi Jahe
(Indonesian Coffee with Ginger)


まずはジンジャーコーヒー、コピ ジャヘ(Kopi Jahe)
インドネシア土産にインスタントのジンジャー珈琲をいただく。
b0074921_14495163.jpg



ショウガの粉末入りで、ピリリとした風味がいい感じです。
湿度の高い梅雨シーズンに飲むと気分爽快なので、
ぜひおすすめしたい。お湯を注ぐだけで便利じゃ。(カップの底に沈む粉は飲まないこと)

youtubeで見つけたインドネシアンボーイがつくるショウガコーヒーは
ブランデーとクリームまで入れている。これはちょっと重いなぁ。
ショウガの皮をバーナーであぶるのは、なかなかおもしろい。
これは彼のオリジナルなのか、本場のカフェレシピなのか不明。

GINGER COFFEE (KOPI JAHE)


そしてクスクス。
Couscous recipes
(BBC Good Food)
b0074921_14494251.jpg

クスクスはさかぐーが作った。作ってるときにいなかったので、
作り方は不明だが、レシピはいっぱいあるだろう。

おすすめ本はこれ。
レシピもあるけど、どちらかというと、「あのつぶつぶはなんじゃ?」と
クスクスの食文化や歴史などを解明したい人向けです。

クスクスの謎―人と人をつなげる粒パスタの魅力 (平凡社新書)

b0074921_1454086.jpg



本日もお読みいただきありがとうございます!
↓  ↓  ↓  ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2014-07-08 15:00 | foods | Trackback | Comments(2)


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

バンコクアートだより2017..
at 2017-07-22 12:49
追悼・後々田さんから。
at 2017-06-15 22:37
映画「ギターマダガスカル」と..
at 2017-05-04 00:34
メルマガ5/2でました。
at 2017-05-03 15:59
感じてもだえる愛の重さ…二藤..
at 2017-05-02 19:41
Kochi Muziris ..
at 2017-01-19 15:07
Kochi Muziris ..
at 2017-01-05 00:32
Kochi=Muziris ..
at 2017-01-01 02:16
入る旅人 出る旅人 vol...
at 2016-10-26 23:04
広島アートぶらぶらその3 番..
at 2016-10-22 19:05

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(464)
(451)
(432)
(309)
(259)
(254)
(163)
(139)
(127)
(110)
(109)
(105)
(98)
(45)
(39)
(33)
(27)
(10)
(8)
(8)

検索

Who's voidchicken?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


art for all.

記事ランキング

画像一覧

ライフログ

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル