ドキュメンタリー映画『沖縄 うりずんの雨』と『戦場ぬ止み』】(2) #film #eiga #okinawa #movie

おすすめ記事
ドキュメンタリー映画『ルック・オブ・サイレンス』(特別寄稿)
ドキュメンタリー映画『沖縄 うりずんの雨』と『戦場ぬ止み』 (1)



【沖縄の歴史と現在を知る――ドキュメンタリー映画『沖縄 うりずんの雨』と『戦場ぬ止み』】(2)

先日、アップした(1)の続きです。まず『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』について。

昨年11月の沖縄県知事選で、基地反対を唱える翁長雄志・現知事が当選したことはみなご存じでしょう。にもかかわらず、夏から中断していた工事が即座に再開され、「粛々と工事を進める」という、選挙結果を完全に無視したコメントが政府から出されたことも同様だろうと思います。

私もニュースとしては知っていました。でも、弾けるような喜びに沸いた知事選勝利のわずか3日後に、資材を積んだトラックが辺野古ゲート前に現れる残酷さと不条理を、私はまるで想像できていなかったとこの映画を見て突きつけられました。

たとえば、辺野古が普天間基地の「移設候補地」とされた17年前から、反対してきた渡具知武清さん一家。長男は17歳。家族の歴史がそのまま基地反対運動の歴史に重なる、その重み。

かつて半ば完成していた米軍の実弾訓練場を住民の反対で撤去解体させた恩納村から来る、池原澄江さんと寿里さん親子。警察に強制排除される父親の写真を見て育った寿里さんが、自らも強制排除される、その理不尽さ。

火炎放射器に焼かれてできた大火傷の痕がいまも残る、85歳の島袋文子さん。たった15歳で目の不自由な母親と弟を連れて逃げ、血の混じった水さえ飲んだ。戦後も辛酸を舐め、「生きていていいことは何もなかった」と言うその身体には、70年間、戦場(いくさば)であり続けてきた沖縄の歴史とやり場のない思いが詰まっている。

そんな彼らが「今度こそは」と思った知事選の結果が無残にも踏みにじられていくさまを見て、その非道さに震えました。翁長氏に投じられた36万票一つひとつの背景に、このような積もる思いがあったろうに、それらがいとも簡単に一挙に黙殺されたのですから。

それでも、この映画に希望があるのは、折れることなくしたたかに生き延びる、多様な人々の姿が写っているからでしょう。

なかでも、熱きハートを持ったリーダーのヒロジさんは、どんな困難な状況でもめげることなくマイクを握り続け(まるで倒されても倒されてもひょっこり起き上がる「起き上がりこぼし」のよう)、運動(とそして映画)に継続性とリズムをもたらしています。歌い、踊り、喜びを全身で表わしたかと思うと、緊張と怒りの高まる場面でジョークを炸裂させ、敵対する警察官たちをも失笑させるヒロジさんの人間臭さが、さまざまな感情が渦巻くだろう運動の現場に、ぶつかっても壊れない弾力を与えているのは間違いないように思います。

また、占領下で米軍に土地を接収され、いまも日本国内の米軍基地の74パーセントが沖縄に集中するという現実のなかで、基地と折り合いをつけて生きてきた辺野古の住民たちの姿をとらえているのも、この映画の魅力の一つです。60年もの月日をキャンプシュワブと同居してきた積み重ねの果てに、賛成の立場、反対の立場がある。その複雑な状況の一端を映画は垣間見せてくれます。いまでは国に雇われ、工事海域に船を出す漁師の仲村さんが、新年の挨拶に放った一言には誰もが胸を衝かれるのはないでしょうか(浜辺での年越しのシーンはあまりに素敵なので、ここでは内緒です)。

こんな魅力的な人々の姿が撮れたのも、監督の三上智恵Chie Mikamiさん自身が、厳しいことを言われても、時に追い払われても、「また来たのか」と言われつつ(やはりまるで「起き上がりこぼし」のよう)、17年間、辺野古に通い続け、取材を続けたからなのでしょう。ともに月日を過ごしてきたからこそ、つくることのできたドキュメンタリー映画だと思いました。

また長くなってきたので、ここでいったん切り、(3)ではそこに不在だったものについて書きたいと思います。
水谷みつる
(facebookより転載)


映画の過去記事
映画 「裏切りのサーカス みたわよ!」 by おねえ Tinker Tailor Soldier Spy
映画 「画家モリゾ、マネの描いた美女」 BERTHE MORISOT
映画「ミッドナイト・イン・パリ」のみどころ(ver.2) ロートレック
映画『バスキアのすべて』をみた Jean-Michel Basquiat


今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします! 
Thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by voidchicken | 2015-08-23 01:48 | movies | Trackback | Comments(0)

映画 #裏切りのサーカス みたわよ! by おねえ Tinker Tailor Soldier Spy #eiga #film #paulsmith

おすすめ記事
ドキュメンタリー映画『ルック・オブ・サイレンス』(特別寄稿)
ドキュメンタリー映画『沖縄 うりずんの雨』と『戦場ぬ止み』 (1)



b0074921_2193148.jpg
ぼんじゅーる、さぼぐおねえよ。
やっと涼しくなったわねぇ。ちょっと前の映画だけどおすすめのハードボイルドだわよ。


『裏切りのサーカス』公式サイト



ハードボイルド(もはや死語?)って、女の扱いがぞんざい(出番が少ない、存在感が薄い、
容赦なく消される)であればあるほど、サイコー
だと思うのだけど、
それを徹底した映画だわって思ったわ。

あてくしとしては、ゲイ、バイ、推理おたく、スパイ軍事おたく、イケメン好きに
おすすめしたいと思うわ。

それで、この映画の一番のみどころは、やっぱり主役のゲイリー・オールドマンに
ずっともってかれっぱなしの、影の薄いコリン・ファースの最後のキメスマイルね。

あてくし、もう、椅子から転げ落ちるほどのシーンでしたのよっ!
まぁーーーーこの映画って、そーゆー映画なのねっ!と。
そう....(ネタバレ注意)なのよ、男のね。

ま、ストーリーの謎解きももちろん最高なのだけど、純粋に「いい男だわー」って
全世代(若いのから年寄りまで)の男をながめて、うっとりするのが
この映画の正しい鑑賞の仕方だと思うわっ。(だって俳優陣が豪華だしぃ)
(ってゆうか、そんなの監督自身が意識してることだと思うけど)

イギリスのメンズブランド、Paul Smithが衣装協力しただけあって、
カンバーバッチやオールドマンのスーツなんか、とってもオサレだったわね。

まぁ、この時代に東西冷戦時代ネタで、これほどおもしろい映像つくるのって、
かなり難易度高いんじゃないかしらぁ?って思うのだけど。(原作があれど)
監督のトーマス・アルフレッドソン(スウエーデン出身でこれが初の英語の映画)は
とっても才能ある方ねぇ。次作はどんなの撮ってるのかしら?また男で攻めてほしいわぁ。

それからぁ、最後のシーンに流れる曲がよかったわね。
「ラ・メール」ね。
ラスト数分はこの曲に乗って、一気に進むのよぉ。映画史上に残るスンバラシイ音楽のコンビネーションだわ。
妙にぴったりなのよねぇ。なぜかしらぁ?
みなさまにぜひ見て確認していただきたいくらいだわよっ!

さぼぐおねえ


La Mer (Tinker Tailor Soldier Spy Version)



参考ブログ
裏切りのサーカス(ネタバレ)/ユニオンジャックの下に集う男たちは、愛のために涙する

Tinker Tailor Soldier Spy (2011)
(Rotten Tomatoes)

Tinker Tailor Soldier Spy - Official US Trailer



映画『裏切りのサーカス』予告編


裏切りのサーカス 特別映像 -Tinker Tailor Soldier Spy-


「ラ・メール」オリジナルはこれ


*ラ・メール La Mer*トレネ(ミスター・ビーンのお気楽ブログ)



おねえに!  ぽちんよろくねっ!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by voidchicken | 2015-08-22 02:11 | movies | Trackback | Comments(0)

ドキュメンタリー映画『沖縄 うりずんの雨』と『戦場ぬ止み』 (1) #eiga #film #movie #okinawa

*特別寄稿*

【沖縄の歴史と現在を知る――ドキュメンタリー映画『沖縄 うりずんの雨』と『戦場ぬ止み』】(1)

ポレポレ東中野で上映中の三上智恵 (Chie Mikami)監督『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』(2015年、東風)の感想を書こうと思いながら、延び延びになっていました。ちょうど先週末から同じくポレポレで『沖縄 うりずんの雨』(ジャン・ユンカーマン監督、2015年、シグロ)の上映が始まったので、併せて紹介します。

まず、タイトル。どちらも「いま」の沖縄から生まれた「うた」から取られています。

「うりずんの 雨は血の雨 涙雨 礎の魂 呼び起こす雨」(詠み人 小嶺基子)

「今年 しむ月や 戦場ぬ止み  沖縄ぬ思い 世界に語ら」
(くとぅし しむぢちや いくさばぬとぅどぅみ うちなーぬうむい しけにかたら)

『沖縄 うりずんの雨』のパンフによると、「『うりずん』とは、『潤い初め(うるおいぞめ)』が語源とされ、冬が終わって大地が潤い、草木が芽吹く3月頃から、沖縄が梅雨に入る5月くらいまでの時期をさす言葉」だそうです。「礎(いしじ)」は、もちろん沖縄戦の戦没者の名前を刻んだ「平和の礎」を指しています。沖縄の地上戦は4月1日、つまりうりずんの季節の最中に始まりました。新しい命の萌え出でる季節が、凄惨な戦争の記憶と重なり、雨さえも血となって流れて、死者の(そして生者の)魂を揺り動かすというわけです。映画では、この短歌がラジオ番組で朗読される場面が出てきます。

一方、「今年 しむ月や~」は、昨年(2014年)11月の沖縄県知事選挙の前に、辺野古のゲート前に掲げられた琉歌から取られています。「今年11月の県知事選挙は、私たちのこの闘いに終止符を打つ時だ。その決意を日本中に、世界中に語ろうじゃないか」という意味ですが、辺野古の基地建設をめぐる闘いだけでなく、沖縄戦以来、沖縄が戦場の島であり続けてきたことに止めを刺したいという意味も込められています。「沖縄ぬ思い」には、「うりずんの~」の歌にも重なる歴史の記憶も刻み込まれているでしょう。

『戦場ぬ止み』は、ほぼすべてが昨年夏から今年1月までに撮られた映像で構成されています。沖縄の現在、それも辺野古の基地問題に焦点を当て、それにかかわる一人ひとりの思いと記憶を遡るかたちで、歴史が決して過去の問題にはなっていないこと、そのうえにいまの運動がかたちづくられていることを示しています。

一方、「沖縄戦」「占領」「凌辱」「明日へ」の4部構成から成る『沖縄 うりずんの雨』は、主として資料映像とインタビューによって、沖縄の歴史を1945年から現在まで辿る内容になっています。2時間半のなかに非常に多くの情報を詰め込んでいますが、決して駆け足ではなく、一つひとつのテーマをじっくり掘り下げつつ進んでいく感じで、その編集のテンポは本当に見事です。

それぞれの作品はもちろん別個につくられたものですが、『戦場』がいわば横断面、『うりずん』が縦断面から見た沖縄になっており、併せて見ることで沖縄の歴史と現在がより立体的に見えてくるのではないかと思います。

ポレポレ東中野で、『戦場』が13:00と18:20から、『うりずん』が15:30からなので、ぜひぜひ併せて見ることを勧めます。どちらも2時間を超す作品ですが、長さを感じさせない内容なので、少し覚悟すれば大丈夫です!(と太鼓判を押します)

と言いつつ、この紹介文のほうはひどく長くなってしまったので、ここでいったん切り、それぞれの作品については明日以降、また書きます。

水谷みつる
(facebookより転載)


過去記事 contributed by Mitsuru Mizutani
ドキュメンタリー映画『ルック・オブ・サイレンス』(特別寄稿)


映画の過去記事はこちらにも!
映画「ASAHIZA 人間は、どこへ行く」を見た
「ハート・ロッカー」 #eiga #Iraq war #film #TheHurtLocker #movie #Bigelow
"I am gay..." Brüno coming March 2010



今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします! 
Thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by voidchicken | 2015-08-20 01:20 | movies | Trackback | Comments(0)

ドキュメンタリー映画『ルック・オブ・サイレンス』(特別寄稿) #eiga #film #documentary #cinéma

【虐殺の被害者が加害者と対峙する――ドキュメンタリー映画『ルック・オブ・サイレンス』@イメージフォーラム】

もたもたしているうちに渋谷イメージフォーラムでの上映がモーニングショーだけ、そして21日(金)までになってしまったので、慌てて紹介します。

昨年、公開されて大きな注目を集めた『アクト・オブ・キリング』(ジョシュア・オッペンハイマー、2012年)を覚えていらっしゃる方も多いでしょうが、『ルック・オブ・サイレンス』(同、2014年)は時系列的にはその続編、内容的には対を成す作品になります。

どちらも取り上げているのは、インドネシアで1965年から66年にかけて100万から200万もの人々が「共産主義者」として虐殺された事件です。驚くべきことですが、50年経ったいまも加害者たちは一切、罪に問われることなく、多くが権力を持つ者(政治家であれ、実業家であれ、ギャングのボスであれ)として、社会でのなかで支配的な位置を占めています。その一方、被害者とその家族は「共産主義者」として長く差別され、困難な生活を強いられてきました。もちろん、声を上げるなど許されないことでした。

『アクト・オブ・キリング』は、加害者が自らの加害行為を演じて映像化する過程を追うという斬新な手法で、その内容のおぞましさとともに観客の度肝を抜きました。『ルック・オブ・サイレンス』は、逆に被害を受けた側に焦点を当て、虐殺の後に生まれた被害者の弟アティ・ルクンが加害者を一人ひとり訪ね、彼らと対峙していくさまをオーソドックスなドキュメンタリーの手法で静かに映し出しています。

被害者として言葉を発することが直接的な身の危険につながりかねない状況のなかで、無料の検眼を装って加害者のもとを訪れ、殺されたのは自分の兄だと切り出すアディ。その決意を秘めた揺らぐことのない表情が、動きのない画面に強い緊張感をもたらしています。一方、カメラは、不意を突かれ(まさか被害者から加害の事実を突きつけられる日が来るとは思ってもいなかったのでしょう)、うろたえ、怒り、脅し、あるいは、言い訳し、微笑み、和解をもちかける加害者の姿も、容赦なく抉り出しています。

前作の『アクト・オブ・キリング』を見た時、なぜ加害者がこんなにも嬉々としてオッペンハイマーの取材を受け入れ、一切、悪びれる様子もなく、まるで記録されるべき英雄的な事績のように自らの残虐な行いを誇り、演出たっぷりに再現までして見せるのか、不思議でたまりませんでした。ですが、今回、『ルック・オブ・サイレンス』を見ていて、ああ、これなのかと、謎を解く鍵の一端が垣間見えたように感じた瞬間がありました。

先週末から今週末にかけて、原爆投下とそのナラティヴをめぐる対照的なスタンスの記事を二つ紹介しました。「原爆投下によって多くの命が救われた」というナラティヴが優勢であれば、「原爆投下は正しいことだった」という判断がより容易になるように、「共産主義者は社会の安定を脅かす危険な存在で撲滅されて当然」というナラティヴが優勢な世界では、彼らの虐殺を正当化することがより容易になるのは想像がつきます。それどころか、加害者が自らを「悪を倒したヒーロー」として英雄視することも可能になるでしょう。『アクト・オブ・キリング』でも『ルック・オブ・サイレンス』でも、欧米から来た映画監督の前で、加害者たちがあれほど嬉々として自らの残虐行為を語り、再現して見せたのは、そこに格好の伝記作者(英雄譚の語り部)を見出したからなのでしょう。結果は彼らの期待とは異なり、歴史の闇に埋もれていた虐殺の事実を世界に知らしめるものになりましたが。

社会がどのようなナラティヴを優勢なものとして受け入れるかが、個人の行動と思考にどれほど大きな影響を与えるのかを、非常に特殊で極端とも思える事例を通して(でも、それは本当に稀な事例でしょうか?)、剥き出しにして見せる映画です。そしてナラティヴの形成は、上に教室の場面を紹介したように、もちろん教育とも深くかかわっています。終戦70年目を迎える私たちにとっても、本当に差し迫った緊急の問題の一つと思います。

来週21日(金)までで、朝10:30からと早いですが、ぜひ劇場へどうぞ。

水谷みつる
*facebookより転載

映画『ルック・オブ・サイレンス』予告編


資料
「原爆投下は必要なことだった」という一面的な《語り》を乗り越えようとするBBCの記事 

by nofrills

【オピニオン】原爆投下を神に感謝
「原爆投下を神に感謝」という見出しのThe Wall Street Journalのオピニオン記事の日本語訳。

The Wall Street Journal 元記事 原文
Thank God for the Atom Bomb
By Bret Stephens Aug. 3, 2015 7:02 p.m. ET

現代第8位
b0074921_25927.png

いつもご愛読ありがとうございます
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

おすすめ過去記事
映画 「画家モリゾ、マネの描いた美女」 BERTHE MORISOT
『漂泊之碑  大阪/梅香』
「クロークオルグ」 cloaque
himming紀行・アート編 「ヒミオトフェスティバル」&氷見クリック上映会

"I am gay..." Brüno coming March 2010

[PR]
# by voidchicken | 2015-08-18 01:10 | movies | Trackback(1) | Comments(0)

辺野古 18日に政府と沖縄知事 #Henoko #okinawa #いくさばとぅどぅみ #戦場ぬ止み

b0074921_1123745.png
過去記事
公開中! 映画「 戦場ぬ止み (いくさばぬとぅどぅみ)」


この映画をみてから、沖縄と政府との交渉が気になる。
影響を受けやすい単純なわたしとしては、沖縄県知事の動向が気になります。
映画「いくさばとぅどぅみ」を見てから変わった自分の頭の中。
ウッディ・アレンのどーでもいい恋愛コメディも嫌いじゃないけど、
たまにこういう映像をみるとガツーンときます。

sabo


辺野古集中協議、18日に2回目 政府と沖縄知事ら
日経新聞 2015/8/17 22:26



July 13,2015 Peter Ennis :Dispatch Japan (Toyo Kezai Online)
Does Henoko Project Damage US-Japan Relations?
Convertsation with Okinawa Governor


12 August 2015 BBC Asia
US military helicopter crashes off Okinawa in Japan
[PR]
# by voidchicken | 2015-08-18 01:04 | current issues | Trackback | Comments(0)

Petit à petit #francaise

b0074921_02293434.jpg
J'ai retrouvé mes amis dans un restaurant français à Tokyo. Ils étudient le française.
Au cours de l'année dernière, nous avons étudié dans la même l'école.
Mais j'étudie avec une professeure  particulière.
Hier, on a passé un bon moment.
Petit à petit, j'étudie le français.

sabo




[PR]
# by voidchicken | 2015-08-17 02:16 | français | Trackback | Comments(0)

公開中! #映画 #戦場ぬ止み (いくさばぬとぅどぅみ) #eiga #film #okinawa #henoko

「いくさばぬとぅどぅみ」と読みます。
この映画については、監督の三上智恵さんと
高校時代同級生だったという水谷みつるさんに
原稿を書いていただいてますのでお楽しみに!

前回のエントリー
ドキュメンタリー映画『ルック・オブ・サイレンス』(特別寄稿)
(FBより許可転載)


さぼの感想としては、沖縄の辺野古の人々の体を張りながら、
ユーモアを忘れない抵抗運動に、学びたいと思ったことがたくさんあったという事。

辺野古の海底にアンカーが投下され、美しい珊瑚が潰されていく様子は、
村民だけでなく、沖縄全体、いや、日本国民全員を象徴している。
私も見ていて辛かった。民意を無視する政府のやり方の恐ろしさよ。
日本政府は恐ろしい。誰が命令しているのか?もちろん決まっている。
県民、県知事が「No」と言っても、海を破壊し、でかい米軍基地を
作ろうとしている。あの基地がもしできたら、日本はもっと変わってしまう。
沖縄だけの問題ではないんだな …と気付かされた。

市民運動ってなに?そんなことやってバカじゃない?と
思ってる人もいるかもしれない。沖縄は代々日本政府に犠牲を
払い続け、我慢も限界にきているのだ。

それを本土にいる私たちが「よくわからん」「金もらってるんだろ」「無駄でしょ」
などと言うのも、そろそろ終わりにしないと。
それは福島の放射能汚染や鹿児島の原発再稼働の問題とも地続きなのに気づかないと。

この映画を見て、9条を骨抜きにする「集団的自衛権」を推し進める国家とどう対峙するか、
どう行動すればよいのか、沖縄の人にエネルギーをもらった気がした。
国民の命を札束で買う、恐ろしい国よ。手当を出すから黙っていろは、もう通用しない。

辺野古の基地建設問題をまったく知らない無知な私でしたが、
いろいろ知ることができた。

沖縄の人たちがどんな思いをしているのか、
少しでも興味があれば、ぜひこの機会に見て欲しい。
あの美しい海がどんどん破壊されてしまうのを、
許してはならない。

公開劇場|映画『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』公式サイト


『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』劇場予告編


facebookサイトより上映スケジュール抜粋

『戦場ぬ止み』は明日8/15から、宮城県 フォーラム仙台、富山県 フォルツァ総曲輪、石川県 シネモンド、京都府 京都シネマ、岡山県 シネマクレールでの上映が始まります。
他にも、8/17から新潟県 シネ・ウインド、8/21のみですが、長野県 松本シネマセレクトでの上映も行われます。
東北と北陸での上映がスタートします。
8/8〜14は仙台・東京・千葉県柏市・名古屋・新潟・富山・金沢・大阪・京都・広島・岡山・那覇・沖縄市など、全国各地にて上映中です!!
8/21までの上映劇場もございます。お気を付け下さい。
今週上映中の映画館は下記の通りです。
是非ご来場下さい。

◆宮城県 フォーラム仙台 022-728-7866
◆東京都 ポレポレ東中野 03-3371-0088
◆千葉県 キネマ旬報シアター 04-7141-7238 〜8/21まで
◆愛知県 名古屋シネマテーク 052-733-3959
◆新潟県 シネ・ウインド 025-243-5530 8/17〜
◆富山県 フォルツァ総曲輪 076-493-8815 〜8/21まで
◆石川県 シネモンド 076-220-5007 〜8/21まで
◆長野県 松本シネマセレクト 0263-98-4928 8月21日のみ
◆大阪府 第七藝術劇場 06-6302-2073
◆京都府 京都シネマ 075-353-4723
◆岡山県 シネマクレール 086-231-0019
◆広島県 横川シネマ 082-231-1001 〜8/21まで
◆沖縄県 桜坂劇場 098-860-9555
◆沖縄県 沖縄市民小劇場あしびなー 098-860-9555
 8月13日(木)〜15日(土)の3日間上映
 8月15日(土) 三上智恵監督による舞台挨拶あり



さぼ


現代美術6位!

今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします! 
Thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]
# by voidchicken | 2015-08-13 14:41 | movies | Trackback | Comments(0)

チケットプレゼント締め切りました。#art



アーティスト・ファイル 2015
隣の部屋――日本と韓国の作家たち


の招待券プレゼントに多数のご応募
ありがとうございました。


当選した方にはメールにてご連絡します。

残念ながらプレゼントできなかった方、
ごめんなさい。
でもお時間に余裕を持ってぜひ展覧会はご覧ください。



将来有望な日本と韓国の若手や中堅作家たちの作品を
見ていると、ちょっと明るい未来を感じました。001.gif



※銀座に行ったら交通会館で北海道のソフトクリームを食べよう❗️



b0074921_00592996.jpg

Sabo








[PR]
# by voidchicken | 2015-08-13 00:50 | Trackback | Comments(0)

高山明 + 小泉明郎 「境界」 #メゾンエルメス #AkiraTakayama #MeiroKoizumi #Hermès #contemporaryart

過去記事
夏休み8月4日火曜日
アーティストの小泉明郎さんあちこちで活躍中! Meiro Koizumi
累累ールイルイの「おとしモノ」を見る 
日産アートアワード・グランプリとゴーン社長のこと。NISSAN ART AWARD
ブログ村現代美術人気記事 第7位
『フリーダ・カーロの遺品 -石内都、織るように』本日より #FridaKahlo

b0074921_12331.png



夏休み、銀座にいったらエルメスに。
おすすめの展覧会が開催中です。
まず、銀座エルメスビルに入ったら、ギャラリーはどこですか?と
聞いてみましょう。案内してくれます。
奥のエレベーターでLe Forumへ。

次号メルマガにてレビュー掲載予定です。
お楽しみに!


高山明 + 小泉明郎 「境界」
メゾンエルメス



Akira Takayama + Meiro Koizumi “Demarcation”
Maison Hermès
(TAB)

会期は、10 月 12 日(月・祝)まで。


少しずつロンドン旅行記も書きます。

b0074921_1374445.jpg


sabo


現代美術13位!

今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします! 
Thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by voidchicken | 2015-08-11 01:20 | art days | Trackback | Comments(0)

累累ールイルイの「おとしモノ」を見る #dance #おとしモノ #ルイルイ #ルイルイ

館内ホールコンテンポラリーダンスシリーズ
DANCE in LIFE Yokohama Vol.5
累累ールイルイ
おとしモノ
構成・振付・出演 藤田善宏/丸山和彰


のお誘いがあったので、見てきました。
この演目は再演で、チケットも完売だった。

「累累ールイルイ」とは、コンドルズのダンサーでもある
藤田さん(振付家、ダンサー、デザイナーと3つも肩書きのあるマルチな方)と
マイムパフォーマーで世界的に活躍する丸山さんのユニット(ふたり組)である。

もし、「コンテンポラリーダンスはちょっと …」という苦手な人がいたら、
ルイルイのようなユニットを見るのはおすすめかもしれない。

参照過去記事
中村恩恵 岡登志子 『白い夜』国シアターΧカイ 

というのは、プロデュースをしているCAT-A-TAC(藤田氏が主宰)自体が
「日常生活へのダンスの浸透」を
標榜しているだけに、眉間にシワをよせて見るシーンはほとんどないからだ。
お芝居やマイムを楽しむと同時にコンテンポラリーダンスも
楽しめる構成になっている。

「無声映画のようなストーリ性のつよいダンスが織りなす …」とチラシに
説明があるように、体の仕草で表現するマイムとダンスが組み合わされた
ステージはとてもわかりやすい。

この演目も、「おとしモノ」をひろってしまった男ふたりの顛末というスートーリーがあり、
ユーモアもほどよく散りばめられて、物語の展開を楽しむことができる。

また、まったくセリフがないというところが、わたしはとてもよいなと思った。
ダンスでも芝居でも、私は(あまりうまくない)役者たちが熱っぽいセリフの応酬をするのが、
かなり苦手なのである。(素人芝居はかなり遠慮したい。たとえ子どもでも)

でもルイルイはガチンコのコンテンポラリーダンスほど、肉体表現に頼らずに
そこに日常的な仕草の模倣であるマイムの表現(とてもうまいのだ)を上手にミックスしている。

この必要最低限の小道具とセットで展開していくストーリーをみて、
思い出したのがこのサイレント映画。「アーティスト」である。
なぜこの映画を思い出したのか? マイムのような芝居(表情や仕草で感情を
表現をする基本技法)は、芸術スタイルの流行とは関係なく、
ダイレクトに人の心を捕らえてしまうんだなぁと感じたから。(私はあまり見ないけど)

身体表現による伝達の強度というのは、
絵画や彫刻などに比べものにならないくらい、大きいのかなぁ …と。
ちょっと悔しい感じです。

映画『アーティスト』予告編



またこのようなユニットが関内小ホールを満員にするというのはすごいなぁと思う。
ダンサーや演劇、ダンス関係者の長年の尽力が実り、
横浜はコンテンポラリーダンスも一般に定着したのだろうか?と
考えながら、会場をあとにした。

b0074921_156121.png



sabo
[PR]
# by voidchicken | 2015-08-09 15:07 | art days | Trackback | Comments(0)

映画 「画家モリゾ、マネの描いた美女」 BERTHE MORISOT #film #eiga #Manet #MarineDelterme


J'ai vu le film français "BERTHE MORISOT".
J'ai été déçue, je regrette de l'avoir regardé.
Pas Passionnant!

画家をテーマにした映画は星の数ほどあれど、
これほどの駄作はないのではないか?

原題は「BERTHE MORISOT」
画家としてのモリゾの名前だけなのに。
知名度が低いので「マネの描いた美女」という
ことになったのね。

衣装や小道具はよかったけど、
話があまりにもつまらない(- -#)
あと風景が美しく撮影できてないのに驚いた!
美しい絵のモチーフになる海のシーンも全然きれいじゃない。

つまり、モリゾ役のマリーヌ・デルテリム(Marine Delterme)が美人だ!
という以外にみどころがない。
マネ役のマリック・ジディもかっこよくないし(- -#)
私の時間を返してくれ。
異論のある方は穴を掘ってそこに叫んでください。

sabo



『画家モリゾ、マネの描いた美女~名画に隠された秘密』


『画家モリゾ、マネの描いた美女~名画に隠された秘密』予告編 6.13公開


Edouard Manet, Berthe Morisot, un mystérieux duo - Documentaire 2015




ブログ村現代美術人気記事 第2位
『フリーダ・カーロの遺品 -石内都、織るように』本日より #FridaKahlo


おすすめ過去記事
ランディのゴミ! Michael LANDY 横浜トリエンナーレ2014
インド初のビエンナーレ、Kochi-Muziris Biennale



現代美術12位!

今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします! 
Thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by voidchicken | 2015-08-09 01:19 | movies | Trackback | Comments(0)

夏休み8月5日

3日前の日記。
前回アップした川角岳大くんのアートアワードトーキョー丸の内での作品、正面はこっちだそう。
今回裏側の存在感が大きい配置になってたが、どっちから見ても面白い。正面から見るとちょっとカニっぽい。
b0074921_925294.jpg


1ヶ月ぶりに事務所へ行き、2ヶ月ぶりにマサラワーラーの南インドカレー。毎週水曜日事務所にデリバリーされるカレー弁当すごくうまかった!やっぱり夏はカレー!

そして暑い東京を脱出して札幌へ。札幌も最近暑いらしくて、ちょっとぬるい。
それでも久々に人間性を取り戻した感じする。
今日から8月7,8日のさっぽろ8月祭の準備。
大風呂敷もたすきものぼり旗も浴衣もほぼ完了。
かわいいうちわや手ぬぐいもできていた。すばらしいね。

2013年福島で始まったプロジェクトFUKUSHIMA!の盆踊り、去年もあちこちでやったけど、今年は札幌、福島、天王洲、愛知、池袋と秋まで続く。しかも毎回大風呂敷を敷き詰めるので各地に大風呂敷を縫うチームができていて、、なんだか面白いことになっている。
大風呂敷とともに、今年の盆踊りシーズンはじまりはじまり。

b0074921_13552844.jpg
羽田へ向かう途中に、9月の天王洲でやる盆踊りの会場下見へ。焼け死ぬ日差し!
[PR]
# by voidchicken | 2015-08-08 09:39 | travel | Trackback | Comments(0)

『フリーダ・カーロの遺品 -石内都、織るように』本日より #FridaKahlo #eiga #arttweet

おすすめ過去記事
NBC skips 9/11 moment of silence  米NBC局911黙祷を生放送せず批判される
アーティスト・ファイル 2015「隣の部屋」展が始まりました! 


先日BankARTで幸運にも石内都さんのトークをお聞きしたけど、
真剣に相手に向き合いながら、その語り口は軽妙だけど、的確に話の核心を
ついてくる魅力的な方でした。私もそんな人間になりたい!と切に痺れました。


The Legacy of Frida Kahlo
(English site)

The Legacy of Frida --- Film Review by Natsuko NAKAMURA (Worldwide-Women's Action Network)

シアター・イメージフォーラムで本日より公開される石内都さんの映画。
カーロの遺品を撮影したドキュメンタリーですが、小谷忠典監督が
どのように石内さんの姿を追ったのか。「織るように」とタイトルにあるように、
遺品を撮影しながら、現在と過去をつなぐ時間の糸を織っていったのしょうか?
(詳細はオフィシャルサイトも参照ください)


『フリーダ・カーロの遺品 -石内都、織るように』

映画について語る石内さんのインタビューがいろんなメディアに
あがっているのをみると、いかにこの映画が注目されているかわかりますね。

インタビュー記事リンク(Huffpost Japan)
フリーダ・カーロの遺品と出会った写真家、石内都さん 「遺されたものたち」を見つめるまなざし


『フリーダ・カーロの遺品 -石内都、織るように』予告編


イベントもこれから続きますので、
お時間のある方はぜひ!

8月8日(土)
13:00~ 石内 都(写真家)、小谷 忠典 監督 舞台あいさつ
15:00~ 石内 都 (写真家)、小谷 忠典 監督 舞台あいさつ
17:05~ 小谷 忠典 監督 舞台あいさつ
19:00~ 小谷 忠典 監督 舞台あいさつ

8月9日(日)
13:00~ 小谷 忠典 監督 舞台あいさつ
15:00~ 片山 真理 (美術家)×小谷 忠典 監督
17:05~ 小谷 忠典 監督 舞台あいさつ
19:00~ 小谷 忠典 監督 舞台あいさつ

8月10日(月)
19:00~ 亀山 亮 (写真家)×小谷 忠典 監督

8月11日(火)
19:00~ 鈴木 芳雄 (美術ジャーナリスト)×小谷 忠典 監督

8月12日(水)
19:00~ 青野 賢一 (BEAMSクリエイティブディレクター)×小谷 忠典 監督

8月13日(木)
19:00~ 藤原 えりみ(美術ライター)×小谷 忠典 監督

8月14日(金)
19:00~ 諏訪 敦 (画家)×小谷 忠典 監督

8月15日(土)
13:00~ 小谷 忠典 監督 舞台あいさつ
15:00~ 小谷 忠典 監督 舞台あいさつ

8月16日(日)
13:00~ 小谷 忠典 監督 舞台あいさつ
15:00~ 小谷 忠典 監督 舞台あいさつ

8月19日(水)
19:00~ 鎌仲 ひとみ (映画監督)×小谷忠典 監督

8月23日(日)
15:00~ 堀尾 眞紀子(文化女子大学教授) 聞き手:大澤 一生(本作プロデューサー)

8月27日(木)
19:00~ 飯沢 耕太郎 (写真評論家)×小谷忠典 監督

8月28日(金)
19:00~ 佐藤 直樹 (東京藝術大学助教授)×小谷 忠典 監督

8月29日(土)
13:00~ 小谷 忠典 監督 舞台あいさつ
15:00~ 小谷 忠典 監督 舞台あいさつ

8月30日(日)
13:00~ 小谷 忠典 監督 舞台あいさつ
15:00~ 小谷 忠典 監督 舞台あいさつ

9月3日(木)
19:00~ 七里 圭 (映画監督)×小谷 忠典 監督


さぼ

art news delivered by art blog voidchicken

いつもご愛読ありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by voidchicken | 2015-08-08 06:20 | art days | Trackback | Comments(0)

【広報協力】9/13美術史7万年の骨組みを理解する(池袋コミュニティ・カレッジ) #art

おすすめ過去記事

番外編 いちはらアートxミックスの回り方?

2014夏のカンパ山谷労働者福祉会館


【広報協力】

美術史7万年の骨組みを
理解する!9/13



「千人仏プロジェクト」で知られる画家、三杉レンジさんの講座が
池袋コミュニティ・カレッジで行われます。

美術史7万年というとんでもない長い長い歴史を
元美術教師の三杉先生がとてもわかりやすくお話してくれます。
人気講座なので、申し込みはお早めに!

三杉先生はアトリエで絵の教室も開いてます。
大人向け、子ども向けといろいろコースがあるので、
サイトをご参照くださいませ。

絵画教室 ルカノーズ

b0074921_0101835.jpg

三杉レンジ先生
画家 LUKANOSE主宰
多摩美術大学絵画科油画専攻卒業
Bゼミスクール修了
ターナー色彩株式会社・顧問(-2010.5)
池袋西武コミュニティカレッジ講師




蛇足
saboが初めて油画にトライしたときの記事はこちらです。(つたない英語つき)

s/b

art news delivered by art blog voidchicken

いつもご愛読ありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
# by voidchicken | 2015-08-08 00:11 | art days | Trackback | Comments(0)

映画「ミッドナイト・イン・パリ」のみどころ(ver.2) ロートレック #Lautrec #WoodyAllen #film #eiga

おすすめ過去記事
夏休み8月4日火曜日  by Sakagu


やや修正版
Midnight in Paris (2011) - Rotten Tomatoes

ウッディ・アレンの映画「ミッドナイト・イン・パリ」(2011)みました。
(フランス語のタイトルは”Minuit à Paris"で同じです。ってか元々アメリカ映画でしたね)

b0074921_224440.jpg


これはポスターにゴッホの絵をうまくつかっていて、とてもズルい。これに騙されるアートファンも多いのでは?

私も騙された。
しかし、、、、
ウッディ・アレンの映画だと思ってみるとがっかりするのでは?
というのが正直な感想です。

が、見どころはまぁまぁあります。
アートマニアが喜ぶ大芸術家のそっくりさん大集合のシーンが、最大の見せ場。

ピカソもガートルード・スタインもマチスも
ヘミングウェイもマン・レイも
本当に生き写しのようにそっくりです。
(追記:各々の作品や芸術に対する考えを話すシーンは特におもしろい。なぜなら顔や仕草が似てるだけでなく、セリフなどに彼女、彼らが現代の芸術にもたらした影響について凝縮して詰め込んである。軽いけど重いセリフはアレン脚本の白眉といえなくもない)


アレンのインタビューを読むと俳優探しに苦労したと
言ってますが、本人が出演しているかのごとく、
摸倣の完成度が高いし、アートファンでなくても笑えます。

ヘミングウェイ役は、現代の男性だったらちょっと言えないような、こっぱずかしい「男気」なセリフが多いのですが、コリー・ストールが目をウルウルさせて、ヘミングウェイになりきり演じて素晴らしかった。
私もうっとり。本物もこんなロマンチストなら惚れそう…ハンサムだし、懐かしいほど男性らしく、かつ人間的な魅力に溢れている。
(当時、キャパも憧れるほど男性に人気のあった理由がわかった。)

アドリアナ役のマリオン・コティヤールは美しいし蠱惑的でした。(サンドラの週末にも出てる)

そっくり度で、一番わたしが受けたのは、ダリとブニュエルとロートレックの人物像あたり。
というか、この三人のファンなので特にそっくり度に驚いた。かなり研究したのだろうなぁ。


ジョン・ヒューストン監督の「赤い風車」(1952)をちょっと前に見たばかりだったので、
ロートレック役やムーランルージュのセットはこの映画を参考にしてるのがわかる。また、あの映画が「ミッドナイト・イン・パリ」のなかで二重構造で豪華によみがえっているところが素晴らしい!
(「赤い風車」は映画的にはあまりおもしろくないけれど、ロートレックのことがよくわかる)

他にもオマージュ・シーンはたくさんあるだろうと思いますが、個人的にはベルエポックのシーンが好き。

b0074921_2385938.jpg


ウッディ・アレンは「マッチポイント」が最後に見た映画なのですが、
これは名作だと思う。見ていて胸がキリキリしてきていいですよねぇ〜。

しかし、これの他に見たいと思うアレンの映画がないのですが、おすすめの近作があったら教えてほしいです。

映画『ミッドナイト・イン・パリ』予告編



映画「赤い風車」 ロートレックの生涯を映画化した1952年のカラー映画。



参照サイト

『ミッドナイト・イン・パリ』ウディ・アレン監督単独インタビュー


↓(注意)ネタばれしてます
今年見た映画のワースト1「ミッドナイトインパリ」(埋没地蔵の館)


おすすめ過去記事
映画「ボヴァリー夫人とパン屋」のねちっこビーム #Gemma

sabo

[PR]
# by voidchicken | 2015-08-06 02:31 | movies | Trackback(1) | Comments(0)


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

バンコクアートだより2017..
at 2017-07-22 12:49
追悼・後々田さんから。
at 2017-06-15 22:37
映画「ギターマダガスカル」と..
at 2017-05-04 00:34
メルマガ5/2でました。
at 2017-05-03 15:59
感じてもだえる愛の重さ…二藤..
at 2017-05-02 19:41
Kochi Muziris ..
at 2017-01-19 15:07
Kochi Muziris ..
at 2017-01-05 00:32
Kochi=Muziris ..
at 2017-01-01 02:16
入る旅人 出る旅人 vol...
at 2016-10-26 23:04
広島アートぶらぶらその3 番..
at 2016-10-22 19:05

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(464)
(451)
(432)
(309)
(259)
(254)
(163)
(139)
(127)
(110)
(109)
(105)
(98)
(45)
(39)
(33)
(27)
(10)
(8)
(8)

検索

Who's voidchicken?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


art for all.

記事ランキング

画像一覧

ライフログ

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル