タグ:アートねた ( 253 ) タグの人気記事

岸壁の父母 No.3  渡邉ひろ子個展 #現代美術 #contemporaryart #ギャラリー #日暮里

おすすめ過去記事
アニッシュ・カプーア、インドで大個展
PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015
ドキュメンタリー映画『ルック・オブ・サイレンス』(特別寄稿)
楠見清氏「90年代のインディーズ・メディア …」を読んで思い出したこと
さかいアルテポルト黄金芸術祭2016開催中!


以前に弊ブログ の
現代美術作家・渡邉ひろ子さんインタビュー 
でご紹介した渡邉ひろ子さんの個展のお知らせです!
TWSから久々の展示ですのでお見逃しなく!
sabo



・岸壁の父母 No.3  渡邉ひろ子個展 「隣人について ー その訪問の心得」
Mom and Dad on the Cliff, Hiroko Watanabe, " On Neighbors - The Do's and Don'ts of Visits

・会場:HIGURE 17-15 cas  (〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-17-15)
アクセス:ヒグレブログ

・会期:2016年4月16日(土)から 30日(土)まで 会期中無休
・開催時間:12:00~20:00

・オープニングパーティ: 2016年4月16日(土)18:00から
・トークイベント: 2016年4月16日(土)19:00から ゲスト 倉石信乃(美術/写真評論)、金川晋吾(写真家)
・トークイベント: 2016年4月23日(土)19:00から O JUN 、ゲスト 能勢陽子(豊田市美術館学芸員)

※上記以外にもイベントを予定しています。
※O JUNは、23日(土)のトークに参加します。



「他者との距離」 

 渡邉ひろ子は、他者について、あるいは自他の両岸を隔てる境界について、様々な場所から、様々な素材を使って、アプローチを続けている。彼女が制作し続けている「氷の文字」の映像は、そのような幾多の試みの中から生まれた作品であり、彼女の言う「いまだ見えない」大きな世界の存在、「サイクル」を見る人に感じさせるものだ。

 今回は、新作の映像インスタレーションの他に、作家の実家を再構成した部屋を作り、彼女の祖母が遺した品々と彼女の作品を置く。祖母の死を通して、自身の存在の輪郭や「祝福」という感情の在り処、また、亡くなった存在との距離の取り方、関係のあり方を探って行く。はたして、最愛の、だが絶対的他者(死者、あるいは死そのもの)との距離は、測ることが出来るだろうか? 来場者は、渡邉の部屋に訪れた一人の他者として、様々な試みを作家と共有することになるだろう。

 「岸壁の父母」は、この会期中、「他者との距離」をテーマに評論家や学芸員の他、若い作家達をゲストに複数のイベントを企画・開催する。また、会期後にNo.1~3の記録集を作成する。この記録集においては、展示の記録とともに、企画者の一人である岸壁の父、O JUNが、生まれつつある若き作家達に向けて発した言葉が掲載される。(カトウ)


・作家:渡邉ひろ子 HP:http://watanabehiroko.com/


sabo
[PR]
by voidchicken | 2016-04-12 22:14 | art days | Trackback | Comments(0)

アルトゥル・ジミェフスキ Artur Żmijewski MOTアニュアル2016#現代美術 #contemporaryart #museum

MOTアニュアル2016

キセイノセイキ 行ってきました。
いろいろ問題提起のある展覧会でした。

安保法案とは、そもそも何? わかりやすく解説【今さら聞けない】
(ハフポス)

世の中が緊張してくると、アートもいい感じに緊張してくるのは
皮肉なことだが、真実である。


アルトゥル・ジミェフスキ Artur Żmijewski
の囚人と看守の実験を再現した映像が傑出してよかった。

アルトゥル・ジミェフスキ (@KCUA)

Artur Żmijewski (Tate Modern)



Tate Modern で "Blindly"という映像作品を見たことがあった。
この作品も感動的な作品だった。
なんというか、やはり見ていて、このひねくれたわたしもジーンとくるのよ。
キセイノセイキでは、「目をそらすでねー!」な映像があって、
わたしには辛いものがあった。
辛いものを見たり、聞いたりしたことのない、特に若い人間はぜひ。
でも見て欲しい人こそ、「目をそらして」、きっと見ないんだよね。

b0074921_2233123.png


高田冬彦の踊る映像は、ドイツ人の子連れ家族が笑ってみていたのが印象的だった。
彼の作品が、ちょうどいいかんじでキーンとした雰囲気をフニャーっと中和してくれていたね。

チケット持ってくと二回目は半額で見れるらしいので、また行きます。

コピペ=>
2回目はもっとお得にMOTアニュアル!
本展の有料観覧済みチケットで二回目の観覧料が半額になります。(サイトより)

サボ





リンク。

[PR]
by voidchicken | 2016-03-31 21:59 | art days | Trackback | Comments(0)

大西香澄は素晴らしい作家だと思う。 Kasumi Onishi #現代美術 #contemporaryart

fb より転載

記しておく。
大西香澄は素晴らしいと思う。Kodama Galleryにて。
さぼ

b0074921_236753.png

[PR]
by voidchicken | 2016-03-24 23:07 | art days | Trackback | Comments(0)

さかいアルテポルト黄金芸術祭2016開催中! #art #art_jp #contemporaryart #芸術祭

大阪の堺市で開催中の芸術祭「さかいアルテポルト黄金芸術祭2016」に行ってきました。

堺って、どこ?
なんばから関空へ行く南海線で20分くらい。

全然知らなかったけど、実は仁徳天皇陵があったり、千利休が生まれたり、南蛮貿易の拠点だったり、新しいもの好きな、文化と自由のまちでした。かつては。
今は、美術館もなければ企画画廊も一軒のみ。すっかりおとなしい。
その「何もないことへの怒り!」から立ち上がった、草の根芸術祭の第一回め。

b0074921_1213198.jpg
行ってみてわかったけど、こんなふうに仁徳天皇陵が見える場所はないです!空撮。

いいだしっぺは、震災後から堺市に引っ越したアーティスト朝岡あかね。
アーティストが外からやってきて、堺のまちの人の心に火がついたのかな。

作品は、堺にゆかりのある人やスペインのアーティスト、あとは朝岡さんの知り合いとか。
まあ一回目だし、人間関係で声をかけたって感じがするけど、作品には
震災後がテーマになってるところもあった。
昨秋いわきの玄玄天で見た、華道家片桐功敦さんも堺の人だった。

b0074921_12222124.jpg
地元作家ウエダリクオxデンマークのスティーン・ラスムッセン。いろんなまちで風をあつめて缶づめに。
b0074921_12294228.jpg
柴辻健吾の石彫作品。なんかしっくり。
b0074921_12334023.jpg
フジオカヨシエ。堺を代表するものをキット風に制作。堺は包丁鍛冶が有名で、元は鉄砲鍛冶だったらしい。
b0074921_12305218.jpg
これもウエダさんの作品。風が描くドローイング。雨が降って水彩画みたくなっていた
b0074921_12212650.jpg
YOTTAの焼き芋屋さん。ヤンキー小学生も超リスペクト!

会場は、堺の特徴ある4つの区域に散らばっていて、かなり広い。たぶん話してるうちに盛り上がって、
あれもこれもってどんどん広がっていっちゃったんだろうなあ。あはは。
市役所のロビーとか展望台とかでも展示してます。

あんまり告知行き渡ってないし全員手弁当だし、まあ立ち上げるだけでせいいっぱいだった感は否めないけど、
そういうドタバタも全部含めて、今後の伸びしろは無限大。
各地に芸術祭は数あれど、堺には一個しかない。だから貴重なんだよね。
3月21日まで開催中です!


『さかいアルテポルト 黄金芸術祭』
場所:堺市市民交流広場、堺東商店街界隈、さかい利晶の杜、茶室伸庵・堺市博物館 など

- アーティスト -
今井紀彰
ウエダリクオ
大野知英
片桐功敦
小野晃蔵
河合晋平
七野大一
柴辻健吾
Theatre Group GUMBO
田辺小竹
友井隆之
中村岳
滑川みさ
西村佳子
藤井達矢
フジオカヨシエ
松本かなこ
ヨタ(Yotta)
Domènec [ドメネク]
Francesca Llopis [フランチェスカ・ヨピス]
Steen Rasmussen [スティーン・ラスムッセン]
Victoria Rabal [ヴィクトリア・ラバル]

b0074921_12185477.jpg
おまけ。魚市場で深夜0時に開店する天ぷら屋さん。いつもすごい並んでる。そんなにうまいの?隣も店もおいしかったよー
[PR]
by voidchicken | 2016-03-17 12:59 | art days | Trackback | Comments(0)

「おしゃれ野郎の告白 重野克明銅版画展」 #art #art_jp #contemporaryart #版画 #gallery #artist


重野さんの版画展のお知らせです。

「おしゃれ野郎の告白 重野克明銅版画展」

2016年3月2日→21日
髙島屋日本橋店6階美術画廊X

2016年4月13日→26日
髙島屋大阪店6階ギャラリーNEXT


重野さんは高校時代に野球をやっていたそうで、
野球のモチーフが毎回あるのですよね。

小品しか買えませんが、野球のものも一点欲しいなぁ …。


sabo
[PR]
by voidchicken | 2016-03-05 23:57 | art days | Trackback | Comments(0)

水と土の芸術祭2015その3おしまい〜その他のエリア〜

b0074921_14475386.jpg

今回、四大公害病のひとつで第二水俣病と呼ばれる新潟水俣病に焦点を当て静かに注目を集めた、高橋伸行の「旅地蔵‐阿賀をゆく-」。
新潟水俣病の舞台であった阿賀野川の河口から上流の草倉銅山跡(阿賀町)まで、公害運動の原点、栃木県足尾産の石地蔵尊を背負って旅をした、そのプロジェクトがベースとなっている。街からバスで40分行った松浜という小さな町で、背負っていたお地蔵さんの胎内をイメージしたという泥の家を展示してました。
今回松浜に滞在していたので、私が一番最初に見た水土作品がこの泥の家だった。すごくコンセプチュアル。
b0074921_1451145.jpg

ぽつーんと離れた会場でひと気もない泥の家、ああもう旅は終わってて思い出なんだな、という印象だった。ベースキャンプでは、地蔵を担いで旅したドキュメント写真を展示しているけれど、あくまでメイン作品は松浜の泥の家だという。そうなのか。でも、あとからベースキャンプでいろんな人が関わっている旅のドキュメントを見て、こっちを展開したほうがよかったんじゃないかなーと思ってしまった。
ジャーナリズムじゃなくてアートだから必ずしも警鐘を鳴らさなくてもいいんだけど、お地蔵さんの胎内ってわかりにくかったなー。誰もがあまり触れたがらない大きな歴史が相手なだけに、ちょっともやもや。
b0074921_18274475.jpg

2009年にできた海沿いにあるShinohara House。アン・グラハムの作品。米を注ぐ漏斗の作品できれい。大切に維持されてる家屋。夕日が沈む海の向こうには佐渡が島が見えました。

b0074921_18372698.jpg

長岡市の新潟県立近代美術館で開催中の会田誠展で、新潟の山をテキトーな鼻歌を歌いながら登ってる昔のビデオ作品があった。タイトルが「たいらっぴょう」。クライマーハイを撮りたかったのに山が平すぎて違う感じになった、と会田さんは言っていた。たいらっぴょうっていい名前だな。信濃川と阿賀野川に挟まれた、ほとんど水に土を盛って盛って盛って作られた都市。新潟はほんとうにのっぺりと、たいらっぴょう。空のひろさがやたらと印象的でした。
潟はすてきだし空も広いしすてきなところはいっぱいあった。よい新潟の旅でした。
だけど、なんだかそれだけじゃ満足できないんだなってことも思う芸術祭でした。
都市に残された自然、美しい里山の景色、どれもすてきだけど、美しい風景もおもてなしも笑顔もそれが見たくて足を運ぶわけじゃない。旅行がしたいわけじゃない、もっと前のめりになれるアートに出会いたい、なんて。
でもなんどもいうけど、「市民や地域が主体となり参加する」、というのが今回の水土だったので、地元が盛り上がってればそれでいいのかなー。

b0074921_1942937.jpg
人気No.1の水土羊羹。老舗和菓子屋さん丸屋のお菓子はなんでもおいしかった!

今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします! 
Thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2015-10-14 22:59 | Trackback | Comments(0)

初夏のロンドンレポート その1米田知子展 Tomoko Yoneda  #photography #contemporaryart #gallery

すっかり晩秋になりましが、6月にロンドン旅行から少しずつアート情報をアップ。

まずは米田知子さんの個展がありましたので、そちらのオープニンの様子です。

ギャラリーの外の通り(パノラマ)
b0074921_21313169.jpg

展示の全体(パノラマ)
b0074921_2132758.jpg

ギャラリー入り口に写真集を発見。
b0074921_21325985.jpg


オフィスのなかにも。(この作品は大好き)
b0074921_21321855.jpg


米田さんとお祝いに駆けつけた人々。ギャラリーはビルの地下にあります。
b0074921_21324223.jpg


ビルの前にて、米田さんを激写。
b0074921_22121743.jpg



いままでの作品の総括的な展示で、ギャラリーの壁いっぱいに作品がありました。
恵比寿の東京都写真美術館の個展で好きだった写真シリーズも。
お友達やファン、美術関係者でごった返し。オープニングは大盛況でした。
Nissan Art Award 2015のファイナリストにもなっている米田さんです。
今回はすごい激戦が予想されますが、応援してます!

Tomoko Yoneda
Beyond Memory
12 June - 18 September 2015

at
Grimaldi Gavin Gallery
27 Albemarle Street, London W1S 4DW
United Kingdom
info@grimaldigavin.com

各紙のレビューでも好評です。
Tomoko Yoneda: Beyond Memory
Evocative photographs with dark secrets

(Timeout London)

Tomoko Yoneda Goes Beyond Memory
(AnOther)

Artist website Tomoko Yoneda Com

(必読!)
米田知子 インタビュー - ART iT(ART iT)



ブログ過去記事
米田知子 「暗(やみ)なきところで逢えれば」展へ行く


おまけ!ビルの入り口がわかりにくいので誘導係りのバイトにきていた男の子。
子どものころはモデルをやっていて、いまは俳優を目指して演技の勉強中。
米田さんの作品のなかで一番好きなのはどれ?ときいたら、わたしと同じだった。
b0074921_21331084.jpg


by sabo

Thank you!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2015-10-10 21:52 | art days | Trackback | Comments(0)

大野一雄フェス「生活とダンス」いいよ! #現代美術 #ダンス #contemporarydace #dancer #streetdance

おすすめ過去記事
水と土の芸術祭2015〜その1(潟編)
映画「彼は秘密の女ともだち」見たわよ! byおねえ
超克する少女たち展 Beyond Sugar and Spice
写真家、中平卓馬さん死去 #TakumaNakahira


*- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *- - - - - *

さぼです。
横浜 BankART1929にてチラリと見てきたのですが、

大野一雄フェスティバル2015「生活とダンス」

おもしろそうです!


2015年10月3日[土]〜25日[日]

レジデンス制作中の
マダガスカルからきたストリーートダンサー、ジュリーさんと
ロンドン出身のアレッサンドラ・スーティンさんとちょっと
準備中のところを挨拶してきましたが、ぜひ本番見たい!!と思いました。

アーカイブの展示もおすすめです。
とりいそぎ

こちらにも情報あり!
横浜市観光情報サイト


■レジデンス制作
入場料:前売り2,000絵当日2,500円(学生・シニア各500円引き)
・滞在アーティストワークインプログレス作品マラソン上演
 向雲太郎「Butoh? in Progress」
 立石裕美「1960イチキューロクマル」
 アレサンドラ・スーティン(ジンバブエ)
 ジュリー・ヤリソア(マダガスカル)
2015/10/23(金)19:30~
2015/10/24(土)18:00~
2015/10/25(日)14:00~
・ANTIBODIES Collective「Dugong」
 ワークインプログレス
2015/10/12(月・祝)マチネ15:00~/ソワレ19:30~

■アーカイヴ展示
2015/10/3(土)~10/25(日)11:00~19:00
料金:入場無料


b0074921_145239.jpg



いつもご愛読ありがとうございます
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2015-10-08 01:07 | art days | Trackback | Comments(0)

水と土の芸術祭2015〜その1(潟編) #art #art_jp #contemporaryart

b0074921_23303782.jpg
さかぐです。新潟市で開催中の水と土の芸術祭2015に行ってきました。
同じ新潟県内でやってる越後妻有アートトリエンナーレと同じ年に開催されて、今回で3回め。
国内で話題の作家が多く参加してた2回めと比べると、なんだか今年はおとなしい。市民プロジェクトが増えてより地元感が増します、とは聞いてたけど。。
b0074921_0475740.jpg
総合インフォメーション。ラフォーレの1Fにあります。

メイン会場は街なかのベースキャンプと呼ばれる旧二葉中学校と、市内に点在する「潟」が中心。潟というのは大小さまざまな湖沼のことで、新潟市内に16もの潟があるという。信濃川と阿賀野川という2大河川に挟まれた低地にできた新潟市の特徴的な地形で、たくさんの生き物が生息する自然の宝庫でもある。そうです。
公共交通機関がほとんどなくて車でないと回れない、とってもアクセス悪い潟を今回のメインフィールドに据えたという。なんというハードコア!
b0074921_142764.jpg
土日祝のみ運行の潟めぐりツアーに参加しました。行けたのは福島潟と鳥屋野潟の2つだったけど、すごくおすすめ!
というか遠方で車がない人のほぼ唯一の手段かも。。
b0074921_23341533.jpg
dotアーキテクチャーの浮舟の橋。普段は入れない潟の島まで歩いて渡れます。
b0074921_23462521.jpg
最初はぎょっとしたけどディテールをみているうちに好きになった【SHELETR】project GOZU-NSという名前のユニット?による移動型エコハウス。
b0074921_2354894.jpg
鳥屋野潟に浮かぶ日比野克彦の船。船とか移動型ハウスとか、なんかこういう作品多いね。
b0074921_03405.jpg
地元市民に人気の作品、宮内由梨のろくろ首。首の先がみてる世界は、ベースキャンプの展示につながっているという。新潟の友達が、「でも新潟市の下を首がずーっとつながってるって想像すると面白いですよね、下水管みたい?」といってた。

正直、アートよりも潟の魅力が心に残ったツアーでした。

「潟は早朝がいいですよー」と地元の友達がいっていた。福島潟では、「かたごはん」というイベントを普段から毎月行っているらしい。うらやましいな。
私のように外部の人間を引き入れる口実としては、アートはとても機能したと思う。でもそこで出会うものはアートの体験がもたらすものとは限らない。それでも潟はすばらしいので、ばんざーい。(続く)
b0074921_0355477.jpg
今年はパスポート方式でなくどこの会場も基本無料。ガイドブック500円を買えばスタンプが押せたりシャトルバスやツアーも無料で参加できる。これはいい方式だと思った!やるじゃん、みずつち!

art news delivered by art blog voidchicken

いつもご愛読ありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by voidchicken | 2015-09-29 23:21 | art days | Trackback | Comments(0)

Vaginal Knitting , Performance by Casey Jenkins

The Craftivist, Performance by Casey Jenkins.


'Vaginal Knitting' Artist Strikes Back At Haters In The Best Possible Way
Hint: It involves period blood and more vaginal knitting.

Headshot of Priscilla Frank
Priscilla Frank
Arts Writer, The Huffington Post

Vaginal Knitting , Performance by Casey Jenkins



悪意のコメントは次作に使うんだそうです。
こちらが元記事です。

Artist Threads Angry Internet Comments into New Vaginal Knitting Project
by Claire Voon on September 23, 2015(Hyperallergic)

sabo

いつもご愛読ありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by voidchicken | 2015-09-27 14:51 | art days | Trackback | Comments(0)


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

映画「ギターマダガスカル」と..
at 2017-05-04 00:34
メルマガ5/2でました。
at 2017-05-03 15:59
感じてもだえる愛の重さ…二藤..
at 2017-05-02 19:41
Kochi Muziris ..
at 2017-01-19 15:07
Kochi Muziris ..
at 2017-01-05 00:32
Kochi=Muziris ..
at 2017-01-01 02:16
入る旅人 出る旅人 vol...
at 2016-10-26 23:04
広島アートぶらぶらその3 番..
at 2016-10-22 19:05
広島アートぶらぶらその2 横..
at 2016-10-20 01:50
「Nのパラドックス」 アート..
at 2016-10-16 21:44

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

以前の記事

2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(464)
(450)
(432)
(309)
(259)
(253)
(163)
(139)
(127)
(110)
(109)
(104)
(98)
(45)
(39)
(33)
(27)
(10)
(8)
(8)

検索

Who's voidchicken?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


art for all.

記事ランキング

画像一覧

ライフログ

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル