タグ:アートねた ( 256 ) タグの人気記事

あけましてfrom桜島 藤浩志 SA・KURA・JIMA プロジェクト #sakurajima #travel  

b0074921_13522113.jpg
皆様、お正月はいかがでしたか?
10年ぶりにお正月を地元の鹿児島で過ごしました。
昨年祖父が99.99歳で亡くなったことが第一の理由。もうひとつの理由は、桜島にある古いホテルを改装したアートプロジェクトの噂を聞いたこと。地元にとうとうアートの現場ができるとあれば興味津々!
というわけで、プロジェクトに関わってる藤浩志さんに案内してもらおうと、桜島へ。
つい先日も噴火して黒煙を吹き上げていた桜島は、いまでも押しも押されぬ活火山。周辺道路には避難壕があったり噴石が落ちていたり、ワイルドな島の海沿いにへばりつくように、観光ホテルや民家が点在しています。

b0074921_13532461.jpgアートセンター構想のある旧山下家は、昭和63年に桜島の噴火で巨大な噴石が建物を直撃したことで有名なホテル。
2年ほど前に廃業し、隣の古里観光ホテルが買い取って、すべてはそこから始まったとか。
写真は当時の新聞記事。たまげた事件です。

b0074921_13552193.jpg噴石落下地点。まさに玄関入った正面で、そこに藤さんがクロネコを置いて招き猫状態。なにやら象徴的でもあり。

b0074921_13563063.jpgここを運営するNPOの方は、なんと火山の研究家チーム。なにか面白く使えないかなあとオーナーから相談を受け、どうせやるならいろんな人と活用したいと地元のアートNPOの人、そして藤さんも巻き込まれ始めた、火山と観光とアートが合体したユニークな成り立ち。「まちの駅」として機能しながら、今後の方向性を検討しつつ本格オープンの予定で、現在は実験段階だとか。

b0074921_13572386.jpg「みちの駅」はよく見かけるけど、あまり聞き慣れない「まちの駅」。みちの駅が物産館なのに対し、まちの駅は地域の交流、連携の拠点として、実は全国に700箇所もあるんだって。
<芸術館>とか<ミュージアム>とか、いろいろな名称を提示しても地元の人がいまいちぴんとこなかったときに、<まちの駅>はしっくり受け入れられたそうです。

1Fロビーが休憩所&インフォメーションセンター。作品らしきものがところどころ飾られてるけど、雰囲気は高速道路のパーキングといったとこかしらね。ロケーションは海のど真ん前。絶景!

b0074921_1359568.jpg藤さんがくるまで建物を案内してもらう。1F以外は、現在東京のアーティストの女の子が1人+ボランティアとで手作りでひたすら改装中。
地下の大広間には、クリスマスイベントの壁紙ドローイングがまだあり。この廃墟でイベント…ワイルドサバイバーというか。。。

b0074921_1400100.jpg海を望む客室も現在は改装の産廃が占領中。海岸におりていくと、露天風呂やキャンプ場もありたのしそう。
でも案内してくれた人が、「実は島のこっち側はけっこう危険なんです…」とぽつり。
噴石が飛んでくる方角らしい。命がけ?

b0074921_1404740.jpgいつまでたってもこない藤さんを待って、マグマ温泉(!)に入ってご飯を食べて、雨の中をぶらぶら。ホテル向いの丘に登ると、目の前に勇壮な桜島の南岳が。

そうして5時頃、ようやく現れた藤さんと、NPO理事の福島さん(この人も火山の研究家)の人と、30分ばかりだーっと、エコトレッキング、ワークショップ、シーカヤック、スタジオ、キャンプ、展覧会と、いろんな構想を聞く。全体としては、桜島のステーション的役割というイメージ。いいなあ、何も始まってないあーだこーだ勝手な妄想している時って面白い。
藤さんは、高嶺格や小山田徹といった鹿児島出身の作家にもこの場所を見せてはアイデアを放り投げているみたい。
今アーティストはいろんな土地に招かれてプロジェクトを行なう。けど、肝心の自分の故郷との関わりって、なかなかとるきっかけがない。だから鹿児島にこういう場所ができたら、ちょくちょく戻ってくる口実になるし、なによりこの異様なロケーションは、いろんな意味で刺激的。私もなにかの形で関わりたいな。
個人的には、島からちょっと大隅半島の方へいったところにある猿が岳の八木焼酎醸造所とか、反対側の湾にある福山酢とかも気になるなあ。(さかぐ)

にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
by voidchicken | 2007-01-05 14:01 | art days | Trackback | Comments(1)

「眩暈の装置」松本俊夫 伊東篤宏 中原昌也 ミニトーク! Toshio Matsumoto #art #artweet #art_jp

「眩暈(めまい)の装置:
松本俊夫をめぐるインターメディアの鉱脈」



b0074921_22593795.jpg

An experimental film by japanese film maker Toshio Matsumoto"Phantom"(1975)

薔薇の葬列 ピーターが美しいね (*´Д`)ハァハァ
Funeral Parade of Roses (Toshio Matsumoto 1969



という展覧会が川崎市民ミュージアムの2Fギャラリー
開催されてるのはご存知でしたか?

この展覧会、注目!ですよ。
あまり宣伝されていないようですが。。。。?

松本俊夫といったら、もう重鎮ですが、
この展覧会では、池田朗子、中原昌也、伊東篤宏、安藤孝浩
いった若手と一緒に新しいインスタレーション作品を発表してます。

また彼の資料展示もあり、実験映画、記録映画、
劇映画など多岐にわたる活動の全貌にも
触れることができるまたとないチャンス!!

(あー!!行きたい!!)

明日、23日は松本俊夫ビデオ作品上映とトークがあります。

(あー!!行きたい!!)

またSCAN(ビデオアート専門コレクションギャラリー)
アーカイブより、貴重なビデオアート作品の特別上映もあります。

(あー!!行きたい!!)

映像作品を制作している作家、勉強している美大生、学生は
もちろんのこと、ファンはぜったい行くべし!! 
と自信をもって推薦します。(さぼ)


詳細情報はこちらから。。。。
川崎市民ミュージアム公式サイトはこちら

●関連サイト 松本俊夫フィルモグラフィ(イメージフォーラム)
松本俊夫フィルモグラフィ
[PR]
by voidchicken | 2006-11-22 22:40 | art days | Trackback | Comments(0)

八谷和彦「Open Sky」テストフライト@朝霧高原 #hachiya #art #artJP #contemporaryart #museum

b0074921_1444535.jpg

八谷和彦が、自身の少年ロマンをかける"Open Sky Project"
その公開テストフライトが、9月23、24日二日間にわたり、富士山麓の朝霧高原ふもとっぱらで行われました。
大橋浩美さんによる現地直送レポートは、チキンメルマガにて配信!
気持ちよさそーだっ!! (さかぐ)

★八谷和彦さんのブログはこちら!(20061231追記)
 ↓  ↓ ↓
OPENSKY日誌

b0074921_1454557.jpg
b0074921_1453247.jpg
b0074921_1451818.jpg
b0074921_145086.jpg
b0074921_1442985.jpg

(photo by S.Kurosawa)



今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします! 
Thank you for your kindness!
Could you click this icon? One point for voidchicken!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2006-09-27 14:06 | art days | Trackback | Comments(0)

ジェームズ・ナクトウェイ講演会 水戸芸術館 James Nachtwey #art #artweet #art_jp #contemporaryart

降り出した雨を逃れるように、高速バスは東京駅から北へ北へ
ジェームズ・ナクトウェイの講演会@水戸芸術館へ  (さかぐー)
b0074921_1521087.jpg


More
[PR]
by voidchicken | 2006-05-01 15:22 | art days | Trackback | Comments(2)

グローバルとかユニバーサルとかでかい話 #contemporaryar

b0074921_1515037.jpg4月21日、今年9月に行われる上海、シンガポール、光州、3つのビエンナーレの合同記者会見があったのででかけた。
上海が9/5-11/5、シンガポールが9/4-11/12、光州が9/8-11/11と会期がほぼ重なっているため、「ぜひ3カ国回ってくださいな!」というPRだった。
「国際展は政治と金といろいろな条件がそろった時だけ可能な、きわめて政治的なものだ」とN氏が力説。じゃあ、竹島ビエンナーレとかどうかな?蔡國強コミッショナー?尖閣諸島ビエンナーレ、カムチャッカビエンナーレ、、、きりがない。やめよう。シンガポールビエンナーレでは、異なる宗教の寺院が展示会場になる予定だとか。どうなるか。

3都市3つのビエンナーレをつなぎましょう!というグローバルな話を聞いたあとでかけたのが、たまたま知り合いがやってた第8回出版UD研究会。
国立民族学博物館につとめる全盲の研究員、広瀬浩二郎さんがゲストで、現在彼が企画して開催中の「さわる文字、さわる世界ー触文化が創りだすユニバーサル・ミュージアム」という展示の話を中心に、バリアフリーじゃなくてフリーバリアへ、という内容だったのだが、これがすごく面白かった。

さわれる展示で一番ものを壊すのは健常者である。

障碍者への視線で一番多いのは、「かわいそう」とか「がんばって」というもの。でも一番いいのは、ぼけっと銭湯で風呂に入る人群れの中に、たまたま全盲の人がいた、というような「たまたま」感。

5感のうち欠落した一感を補うしかけを用意するやさしさが「バリアフリー」。
それに対して「フリーバリア」は、バリアを取り除くんじゃなくて、そのままおいておく。
4感を磨けば、5感にまさる6になるかもしれないという発想。
ユニークな感覚の使い方ができる人々。自由に行き来ができる社会。これはプラス。


「群盲象をなでる」という言葉があるが、一カ所、たとえば足の爪だけをたんねんに触っていたら、すごい発見があるかも知れない。

そんな話だった。

「『触覚の美学』があると、ずっと思っていました」
会場から、生まれて一度も見たことがないという人が手をあげた。

指でいくら触っても全く判別できない点字をすらすら読む人たちに混じりながら、情報の87%(確か)は視覚から伝達されるっていうけど、ほんとか?とあやしくなった。

最近なに見ました? (さかぐー)
b0074921_1573785.jpg




今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2006-04-25 02:06 | art days | Trackback(1) | Comments(0)

ジェラルドさんその2 #art #art_jp #contemporaryart

先日出会ったジェラルドさんに会いに、表参道画廊へさぼ親子とでかける。
ジェラルドさんの作品はまた増えていた。
若い頃のアルバムも発見。かわいいじゃん。
ドローイングなんかも発見。絵もかけるのね。。。
でも、お守りに「住めば都」って、誰が教えたのよ、勘弁して!

b0074921_11552952.jpg
b0074921_115684.jpg
b0074921_11561834.jpg
b0074921_11562852.jpg
b0074921_1156449.jpg



Thank you!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2006-04-21 23:50 | art days | Trackback | Comments(1)


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

【黄金町バザール】サン・ピッ..
at 2017-08-22 21:27
2017年国際展巡り一人旅 ..
at 2017-08-22 21:21
バンコクアートだより2017..
at 2017-07-22 12:49
追悼・後々田さんから。
at 2017-06-15 22:37
映画「ギターマダガスカル」と..
at 2017-05-04 00:34
メルマガ5/2でました。
at 2017-05-03 15:59
感じてもだえる愛の重さ…二藤..
at 2017-05-02 19:41
Kochi Muziris ..
at 2017-01-19 15:07
Kochi Muziris ..
at 2017-01-05 00:32
Kochi=Muziris ..
at 2017-01-01 02:16

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(465)
(452)
(434)
(309)
(260)
(256)
(163)
(140)
(127)
(110)
(110)
(105)
(98)
(45)
(39)
(33)
(27)
(10)
(8)
(8)

検索

Who's voidchicken?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


art for all.

記事ランキング

画像一覧

ライフログ

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル