タグ:アートねた ( 253 ) タグの人気記事

公開中! #映画 #戦場ぬ止み (いくさばぬとぅどぅみ) #eiga #film #okinawa #henoko

「いくさばぬとぅどぅみ」と読みます。
この映画については、監督の三上智恵さんと
高校時代同級生だったという水谷みつるさんに
原稿を書いていただいてますのでお楽しみに!

前回のエントリー
ドキュメンタリー映画『ルック・オブ・サイレンス』(特別寄稿)
(FBより許可転載)


さぼの感想としては、沖縄の辺野古の人々の体を張りながら、
ユーモアを忘れない抵抗運動に、学びたいと思ったことがたくさんあったという事。

辺野古の海底にアンカーが投下され、美しい珊瑚が潰されていく様子は、
村民だけでなく、沖縄全体、いや、日本国民全員を象徴している。
私も見ていて辛かった。民意を無視する政府のやり方の恐ろしさよ。
日本政府は恐ろしい。誰が命令しているのか?もちろん決まっている。
県民、県知事が「No」と言っても、海を破壊し、でかい米軍基地を
作ろうとしている。あの基地がもしできたら、日本はもっと変わってしまう。
沖縄だけの問題ではないんだな …と気付かされた。

市民運動ってなに?そんなことやってバカじゃない?と
思ってる人もいるかもしれない。沖縄は代々日本政府に犠牲を
払い続け、我慢も限界にきているのだ。

それを本土にいる私たちが「よくわからん」「金もらってるんだろ」「無駄でしょ」
などと言うのも、そろそろ終わりにしないと。
それは福島の放射能汚染や鹿児島の原発再稼働の問題とも地続きなのに気づかないと。

この映画を見て、9条を骨抜きにする「集団的自衛権」を推し進める国家とどう対峙するか、
どう行動すればよいのか、沖縄の人にエネルギーをもらった気がした。
国民の命を札束で買う、恐ろしい国よ。手当を出すから黙っていろは、もう通用しない。

辺野古の基地建設問題をまったく知らない無知な私でしたが、
いろいろ知ることができた。

沖縄の人たちがどんな思いをしているのか、
少しでも興味があれば、ぜひこの機会に見て欲しい。
あの美しい海がどんどん破壊されてしまうのを、
許してはならない。

公開劇場|映画『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』公式サイト


『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』劇場予告編


facebookサイトより上映スケジュール抜粋

『戦場ぬ止み』は明日8/15から、宮城県 フォーラム仙台、富山県 フォルツァ総曲輪、石川県 シネモンド、京都府 京都シネマ、岡山県 シネマクレールでの上映が始まります。
他にも、8/17から新潟県 シネ・ウインド、8/21のみですが、長野県 松本シネマセレクトでの上映も行われます。
東北と北陸での上映がスタートします。
8/8〜14は仙台・東京・千葉県柏市・名古屋・新潟・富山・金沢・大阪・京都・広島・岡山・那覇・沖縄市など、全国各地にて上映中です!!
8/21までの上映劇場もございます。お気を付け下さい。
今週上映中の映画館は下記の通りです。
是非ご来場下さい。

◆宮城県 フォーラム仙台 022-728-7866
◆東京都 ポレポレ東中野 03-3371-0088
◆千葉県 キネマ旬報シアター 04-7141-7238 〜8/21まで
◆愛知県 名古屋シネマテーク 052-733-3959
◆新潟県 シネ・ウインド 025-243-5530 8/17〜
◆富山県 フォルツァ総曲輪 076-493-8815 〜8/21まで
◆石川県 シネモンド 076-220-5007 〜8/21まで
◆長野県 松本シネマセレクト 0263-98-4928 8月21日のみ
◆大阪府 第七藝術劇場 06-6302-2073
◆京都府 京都シネマ 075-353-4723
◆岡山県 シネマクレール 086-231-0019
◆広島県 横川シネマ 082-231-1001 〜8/21まで
◆沖縄県 桜坂劇場 098-860-9555
◆沖縄県 沖縄市民小劇場あしびなー 098-860-9555
 8月13日(木)〜15日(土)の3日間上映
 8月15日(土) 三上智恵監督による舞台挨拶あり



さぼ


現代美術6位!

今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします! 
Thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]
by voidchicken | 2015-08-13 14:41 | movies | Trackback | Comments(0)

映画 「画家モリゾ、マネの描いた美女」 BERTHE MORISOT #film #eiga #Manet #MarineDelterme


J'ai vu le film français "BERTHE MORISOT".
J'ai été déçue, je regrette de l'avoir regardé.
Pas Passionnant!

画家をテーマにした映画は星の数ほどあれど、
これほどの駄作はないのではないか?

原題は「BERTHE MORISOT」
画家としてのモリゾの名前だけなのに。
知名度が低いので「マネの描いた美女」という
ことになったのね。

衣装や小道具はよかったけど、
話があまりにもつまらない(- -#)
あと風景が美しく撮影できてないのに驚いた!
美しい絵のモチーフになる海のシーンも全然きれいじゃない。

つまり、モリゾ役のマリーヌ・デルテリム(Marine Delterme)が美人だ!
という以外にみどころがない。
マネ役のマリック・ジディもかっこよくないし(- -#)
私の時間を返してくれ。
異論のある方は穴を掘ってそこに叫んでください。

sabo



『画家モリゾ、マネの描いた美女~名画に隠された秘密』


『画家モリゾ、マネの描いた美女~名画に隠された秘密』予告編 6.13公開


Edouard Manet, Berthe Morisot, un mystérieux duo - Documentaire 2015




ブログ村現代美術人気記事 第2位
『フリーダ・カーロの遺品 -石内都、織るように』本日より #FridaKahlo


おすすめ過去記事
ランディのゴミ! Michael LANDY 横浜トリエンナーレ2014
インド初のビエンナーレ、Kochi-Muziris Biennale



現代美術12位!

今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします! 
Thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2015-08-09 01:19 | movies | Trackback | Comments(0)

【広報協力】9/13美術史7万年の骨組みを理解する(池袋コミュニティ・カレッジ) #art

おすすめ過去記事

番外編 いちはらアートxミックスの回り方?

2014夏のカンパ山谷労働者福祉会館


【広報協力】

美術史7万年の骨組みを
理解する!9/13



「千人仏プロジェクト」で知られる画家、三杉レンジさんの講座が
池袋コミュニティ・カレッジで行われます。

美術史7万年というとんでもない長い長い歴史を
元美術教師の三杉先生がとてもわかりやすくお話してくれます。
人気講座なので、申し込みはお早めに!

三杉先生はアトリエで絵の教室も開いてます。
大人向け、子ども向けといろいろコースがあるので、
サイトをご参照くださいませ。

絵画教室 ルカノーズ

b0074921_0101835.jpg

三杉レンジ先生
画家 LUKANOSE主宰
多摩美術大学絵画科油画専攻卒業
Bゼミスクール修了
ターナー色彩株式会社・顧問(-2010.5)
池袋西武コミュニティカレッジ講師




蛇足
saboが初めて油画にトライしたときの記事はこちらです。(つたない英語つき)

s/b

art news delivered by art blog voidchicken

いつもご愛読ありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by voidchicken | 2015-08-08 00:11 | art days | Trackback | Comments(0)

映画「ミッドナイト・イン・パリ」のみどころ(ver.2) ロートレック #Lautrec #WoodyAllen #film #eiga

おすすめ過去記事
夏休み8月4日火曜日  by Sakagu


やや修正版
Midnight in Paris (2011) - Rotten Tomatoes

ウッディ・アレンの映画「ミッドナイト・イン・パリ」(2011)みました。
(フランス語のタイトルは”Minuit à Paris"で同じです。ってか元々アメリカ映画でしたね)

b0074921_224440.jpg


これはポスターにゴッホの絵をうまくつかっていて、とてもズルい。これに騙されるアートファンも多いのでは?

私も騙された。
しかし、、、、
ウッディ・アレンの映画だと思ってみるとがっかりするのでは?
というのが正直な感想です。

が、見どころはまぁまぁあります。
アートマニアが喜ぶ大芸術家のそっくりさん大集合のシーンが、最大の見せ場。

ピカソもガートルード・スタインもマチスも
ヘミングウェイもマン・レイも
本当に生き写しのようにそっくりです。
(追記:各々の作品や芸術に対する考えを話すシーンは特におもしろい。なぜなら顔や仕草が似てるだけでなく、セリフなどに彼女、彼らが現代の芸術にもたらした影響について凝縮して詰め込んである。軽いけど重いセリフはアレン脚本の白眉といえなくもない)


アレンのインタビューを読むと俳優探しに苦労したと
言ってますが、本人が出演しているかのごとく、
摸倣の完成度が高いし、アートファンでなくても笑えます。

ヘミングウェイ役は、現代の男性だったらちょっと言えないような、こっぱずかしい「男気」なセリフが多いのですが、コリー・ストールが目をウルウルさせて、ヘミングウェイになりきり演じて素晴らしかった。
私もうっとり。本物もこんなロマンチストなら惚れそう…ハンサムだし、懐かしいほど男性らしく、かつ人間的な魅力に溢れている。
(当時、キャパも憧れるほど男性に人気のあった理由がわかった。)

アドリアナ役のマリオン・コティヤールは美しいし蠱惑的でした。(サンドラの週末にも出てる)

そっくり度で、一番わたしが受けたのは、ダリとブニュエルとロートレックの人物像あたり。
というか、この三人のファンなので特にそっくり度に驚いた。かなり研究したのだろうなぁ。


ジョン・ヒューストン監督の「赤い風車」(1952)をちょっと前に見たばかりだったので、
ロートレック役やムーランルージュのセットはこの映画を参考にしてるのがわかる。また、あの映画が「ミッドナイト・イン・パリ」のなかで二重構造で豪華によみがえっているところが素晴らしい!
(「赤い風車」は映画的にはあまりおもしろくないけれど、ロートレックのことがよくわかる)

他にもオマージュ・シーンはたくさんあるだろうと思いますが、個人的にはベルエポックのシーンが好き。

b0074921_2385938.jpg


ウッディ・アレンは「マッチポイント」が最後に見た映画なのですが、
これは名作だと思う。見ていて胸がキリキリしてきていいですよねぇ〜。

しかし、これの他に見たいと思うアレンの映画がないのですが、おすすめの近作があったら教えてほしいです。

映画『ミッドナイト・イン・パリ』予告編



映画「赤い風車」 ロートレックの生涯を映画化した1952年のカラー映画。



参照サイト

『ミッドナイト・イン・パリ』ウディ・アレン監督単独インタビュー


↓(注意)ネタばれしてます
今年見た映画のワースト1「ミッドナイトインパリ」(埋没地蔵の館)


おすすめ過去記事
映画「ボヴァリー夫人とパン屋」のねちっこビーム #Gemma

sabo

[PR]
by voidchicken | 2015-08-06 02:31 | movies | Trackback(1) | Comments(0)

アーティスト・ファイル 2015「隣の部屋」展が始まりました! 

アーティスト・ファイル 2015
隣の部屋――日本と韓国の作家たち



国立新美術館

にて始まりました!

会期は10月12日(月・祝)まで。

facebookの展覧会ページではメイキング映像があがっていて、
作品やアーティストの細かな情報がチェックできるのがよいです!

出品作家のトークなどイベントも多いですが、
FBでリアルタイムに情報もチェックできて便利。

毎年、「アーティスト・ファイル」は力作ぞろいなのですが、
今年も見応え200%ですね。

長い映像作品もあるので、堪能するなら2時間以上は必要かなぁ。
猛暑のなか汗だくで美術館に着いても大丈夫!
一歩会場に入ると、ヤン・ジョンウクの作品があり、「チリーン」という音にかなり涼みます。
この作品だけでも30分くらい見てしまいそうです。
詳細情報およびチケットプレゼントはメルマガにて。






さぼ
[PR]
by voidchicken | 2015-07-31 01:04 | art days | Trackback | Comments(0)

メルマガでます!アートな読者プレゼントあり #GeneSharp

b0074921_037620.jpg

UK flag in London by sabo

メルマガ

そろそろでます。 でました。

今回は読者プレゼント(ロンドンみやげ)があります。

他にもアートの話題が盛りだくさん!

おすすめ過去記事


「インドへの道!」トークイベントのお知らせ(満員御礼)

The British Museum 春画展

大浦信行インタビュー〜天皇と9条から見る日本戦後美術

瀬戸内国際芸術祭2013 小豆島編

ロッド・スチュワート「ワイルドな遍歴」を語る@CNN Rod Stewart talks about women

‘文化’資源としての<炭鉱>展 川俣正, 軍艦島

ジダン 神が愛した男     ダグラス・ゴードン

非暴力行動の198の方法 #GeneSharp

ランディのゴミ! Michael LANDY 横浜トリエンナーレ2014始まったよ

スティーヴ・マックィーン 展その1 Steve McQueen Espace Louis Vuitton

レニー・ゼルウィガーはありのーままにー(美容成形、ボトックス) Renee Zellweger

「赤瀬川原平の芸術原論」Genpei Akasegaw 千葉市美術館

Bacon's legacy revisitedフランシス・ベイコンの芸術と変態の関係性


sabo
[PR]
by voidchicken | 2015-07-16 00:16 | art days | Trackback | Comments(0)

「インドへの道!」トークイベントのお知らせ(満員御礼)

b0074921_22543213.jpg
Anish Kapoor Descension

Void Chicken presents

インドへの道!
南インド料理と楽しむインド現代アート最前線!
—コチ=ムジリス・ビエンナーレ2014レポートを中心に―



インド・デリー在住のキュレーター、黒岩朋子さんをお招きして、インドで唯一の国際ビエンナーレ「コチ=ムジリス・ビエンナーレ2014」の話題を中心に、インド現代アートの最前線について伺います。さらに後半は、インドへ旅したい方に本当に役立つインドの旅情報をお届けします。

お料理のケータリングは、楽しいインドユニット、マサラワーラー。今回は本場ケーララのご飯を、ビュッフェスタイルでお腹いっぱいになるまで楽しんでいただけます。お腹をすかせてお越しください!


日時:2015年4月19日(日)13時-16時(13時から食べられます)
参加費: 2000円(限定20名要予約)ケーララのご飯+チャイ付き
※当日2500円

場所:コリント

渋谷区神宮前3丁目(ご予約時に詳しい行き方などご説明します)
銀座線外苑前駅より徒歩6分。JR原宿駅、副都心線明治神宮前駅から徒歩12分


予約:メールにてお名前とご連絡先をお願いします。(ご飯の準備の都合上、ご予約をお願いします!でも当日ふらっと参加もOK!)

予約・問い合わせ先:
voidchicken@voidvoid.sakura.ne.jp (void chicken インド係)
※予約は締めきりました。

<プロフィール>

b0074921_22283667.jpg
黒岩朋子 Tomoko Kuroiwa
森美術館学芸部勤務を経て、2009年よりインド・デリー在住。主にインド現代美術の紹介および日本国内のインド調査に協力。美術雑誌にインド美術の近況を掲載するほか、近年では第5回福岡アジア美術トリエンナーレ(2014)の現地協力キュレーターを務める。

b0074921_17455371.jpg
マサラワーラー http://masalawala.info/
インド料理を作るのが好きで好きで、いつも作りすぎてしまうのでもっと作りたい!だったら食べたい人を集めて食べてもらえばいいじゃん!ということで、いろんなところでインド料理を作る2人組。
2011年にはタミル・ナードゥ州マハーバリプラムにてインド人にインド料理を作るイベントも!現地 の人に「おっ、いつも食ってるやつだ。」と言われて大喜び。インド料理ユニットというより、インドをリスペクトするコピーバンドみたいな2人組です。

*マサラは正確には『マサーラー』で『香辛料(スパイス)』とか『調味料』、『具』とかいう意味でワーラーはヒンディー語で『~のやつ』という意味なので 『マサラ』+『ワーラー』=マサラワーラー意味は『マサラのやつ』『マサラ野郎』『マサラちゃん』英語で言えば『スパイスボーイズ』? タミル語では『マサーラーッカーラン』になる。

武田尋善 1977年生まれ何故がインドに興味をもってしまいヒンディー語を習ってしまう。 芸術活動として絵画、パフォーマンス等なんでもかんでも挑戦する。 2008年には急速にインド熱がぶり返してカレーばかり作り、 鹿島信治とマサラワーラー結成。 2012年ついに念願のオートリクシャ(インドの三輪タクシーを購入! ナマステインディアでまさかの航空券が当り2013年マサラワーラー2人でインド行き。 http://hiroyoshi-takeda.com
鹿島信治 1977年生まれ 何故かシタールを買ってしまい独学でシタールを始める。2001年ドラム&シタールユニットConti を結成。変拍子、ポリリズムを多用しライブハウスで活動中。2008年には武田尋善とのカレーユニット、マサラワーラーを結成。 2012年インドイベントのくじ引きで一等を当ててインドに行くというラッキーが発生! なんと、またもや航空券が当たるというミラクルが起きて、2013年マサラワーラー2人でインド行き。 http://marchrecordings.web.fc2.com/



★voidchicken blogにもコチ情報掲載中!

過去記事 past posts
Kochi-Muziris Biennale 2012
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 1
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 2
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 3
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 4
*インド初のビエンナーレ Kochi-Muziris Biennale 5


Kochi-Muziris Biennale 2014
*Kochi-Muziris Biennale2014 に行きました
*Kochi-Muziris Biennaleへの行き方〜ビザ編〜
*
Kochi-Muziris Biennaleへの行き方〜乗り物編・食べもの編〜
*
インドビザ申請センターが移転ですよ〜



b0074921_1725667.jpg
N S Harsha
b0074921_2254117.jpg
Julian Charriere
b0074921_22532558.jpg
Unnikrishnan C
b0074921_22552978.jpg

b0074921_2312380.jpg



トークのご予約・問い合わせはお気軽にどうぞ〜
voidchicken@voidvoid.sakura.ne.jp (void chicken インド係)
[PR]
by voidchicken | 2015-04-01 22:32 | art days | Trackback | Comments(0)

PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015 #art #artweet #art_jp #contemporaryart #museum #gallery

b0074921_12131931.jpg
京都で初の大規模な国際展、PARASOPHIA/パラソフィアが始まります。
そのアーティスティック・ディレクターをつとめる河本信二さんに、老舗ウェブアートマガジンartscapeにてインタビューしました。

もうすぐ始まるのに、そういえばパラソフィアのうわさ全然聞かないなー、なんでだろうって思ってたんだけど、このインタビューでその理由がわかりました。知りたければ全部ウェブに公開しているし、それでも知らないのはあなたが怠惰だからですと、うーん、すみませんその通り!

先日横浜トリエンナーレの評価として、外部の人が「わかりにくい」というマイナス点を指摘してたけど、正直、森村さんがあれだけ丁寧に作品解説して、子供用に絵本まで書いて、それでも「わかりにくい」って。そもそも見る気がないんじゃ。。
展覧会の会場ではよく、動線がわかりにくい!って文句を聞くけど、そういう人ってどんなに矢印ベタベタ貼っても結局見ない。そもそも注意力払ってない。それと同じで、2001年からやってるのに、まだそこにある作品を見ようとしない観客がたくさんいて、その人達が気軽に口にする「わかりにくい」って言葉を持って国際展の評価と言われてしまうのか、と軽くショックでした。アートに馴染みのない人達を振り向かせるために、各地の芸術祭では、敷居を低く、みんなでいっしょに路線が一般化してきたところもあると思う。けれどもパラソフィアは、「もうそういう注意深くない人は見なくて結構です」くらいの高飛車な態度で突っ返す国際展のようです。ダレた態度で学校にいたら厳しい先生にビシいっと言われた感じです。
詳しくはインタビューで。

河本信治インタビュー「思考と創造のプラットフォーム/PARASOPHIA: 京都国際芸術祭2015」

パラソフィア、次号メルマガにて5組10名チケットプレゼントします。
これだけ挑発されたら、その分期待も10倍増!実際に見て体験したあとで、大いにいろいろ物議を醸してほしいな!「わかりにくい」じゃなくて。

PARASOPHIA: 京都国際芸術祭2015

会期:2015年3月7日(土)〜5月10日(日)
会場:京都市美術館/京都府京都文化博物館/堀川団地(上長者町棟)/京都芸術センター/河原町塩小路周辺/鴨川デルタ(出町柳)/大垣書店烏丸三条店 ショーウィンドー
京都市美術館(岡崎公園内)ほか
※月曜休(3/9、5/4は開場)
Twitter: https://twitter.com/parasophiaPR/
Instagram: http://instagram.com/parasophia/


いつもご愛読ありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by voidchicken | 2015-03-01 23:40 | art days | Trackback | Comments(0)

VOID Chicken Nuggets 2014年12月31日号出ました!

b0074921_21591694.jpg
Anish kapoor "Descension", 2014, in Kochi Muziris Biennale

大晦日駆け込みメルマガ配信しました!紅白見てるよ号!
今年もお世話になりました。
来年もVOID Chickenをどうぞよろしくお願いします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃VOID Chicken Nuggets 2014年12月31日号
┃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
┃快調アート小咄ブログ ⇒ http://voidchicke.exblog.jp/

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2014/12/31━
 
C o n t e n t s :
初企画!編集後記慢談~「南インドはうまかったよ!」

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さぼ:お帰り!南インドは暑かった?コーチビエンナーレに行くのは2回目だよね?

さかぐ:そう!12月11日のオープニングから4日間行ってまわりました。
前回はバンコクで熱を出してインドでは日に日に具合が悪くなってったけど、
今回は体調整えてくまなく回って3食美味しく食べたよー、うまかった!

さぼ:えー前回もミールスとかチャイとか飲み食いしまくったんじゃないの?
2年前とはどこが違いましたか?まずは展示から。

さかぐ:かつて南インド貿易で栄えた街の古いスパイス倉庫とかを会場にしてるのは前回同様だけど、
2年前はオープニングの日にまだ70%くらいしかできてなくて
看板塗ったり、作品の入ったままのクレートが置き去りになってたりしてたけど、
今回は初日にすでに会場マップと詳しい作家解説のプレートがちゃんと掲示されてて、
さらに立派なガイドブックもできてた。すごい進歩!感動したよ!

さぼ:へー、2回目ともなるといろいろ改善されてるんだね。会場マップがない
ビエンナーレってのもすごいけど。認知度もあがり集客もあがったかな?
オープニングから盛り上がってましたか?

さかぐ:街中がビエンナーレ一色!今回はゲストディナー付きで
インド各地のカレービュッフェ。おいしかったよ!
さらにすごかったのがメインスポンサーのBMW主催のオープニングパーティ。
海を渡ったところにあるおしゃれなタージホテルで、めくるめくごちそうが消失点までずーっと続く、みたいな?
さらにステージではあのタブラのゴッド、タルヴィン・シンが一人でPC操作しながらタブラをパカパカ叩いてたよ!
だけど誰も聞いてなくて、寂しい~!!

さぼ:まるでマハラジャとか、王族の饗宴を想像しちゃうけど。やっぱり上層階級の方々ばかり
でしたか?作家はインド人は何割くらいなの?インドの美大で勉強した人たち?
カプーアみたいなインド系イギリス人とかも参加してるの?


さかぐ:階級よくわかんないけど金持ちそうな人のなかに貧乏そうなアーティストも混じってて微笑ましかったよ。
割合はえーとテキトーだけど、印象としてはインド7割その他3割って感じ、
いや、もうちょっと多かったかな。でも全体的にインドパワーがすごかった。カプーアも出てた。

さぼ:カプーアの作品はどうやって作ってるのか気になる。なんか恐ろしい作品じゃない?
ブラックホールに引き込まれるみたいで、、、、ぎゃー!って、Instagramで
見ただけだけど、、、、、本物はどうでしたか?(みてね!)
"Descension" 2014 
https://www.youtube.com/watch?v=E5-5MFOw5Fc
さかぐ:あれは、初日にはできてなくて見れないかと思ったけど、2日後くらいにいったら
ホールの真ん中に穴が空いててそこで黒い水がぐおんぐおんて回ってた。洗濯機みたいだったな。

/////
続きはまぐまぐで!

まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000164509.html
[PR]
by voidchicken | 2014-12-31 21:52 | art days | Trackback | Comments(0)

ミシェル・ゴンドリー曰く  Michel Gondry said #art #artweet #art_jp #contemporaryart

Last updated 2nd Nov. 2014.
(加筆修正)

Eternal Sunshine of the Spotless Mind Music Video



過去記事
水と土の芸術祭レポートその1〜万代島旧水揚場〜
振付師ウィリー・ドーナーBodies in urban spaces Willi Dorner
最近アイ・ウェイウェイの自撮りが凄いらしい…
フランソワ・オゾン "Ricky" FrançoisOzon
絵になる男プーチン、お誕生日アート。
Jerry Hallの断捨離?アートコレクションを売り飛ばす
高嶺格のクール・ジャパン(水戸芸術館)にたどり着く

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Michel Gondry “Around Michel Gondry’s World” (TAB)
Museum of Contemporary Art, Tokyo


Around Michel Gondry's World

ミシェル・ゴンドリーの世界一周

日時:9月27日(土)−2015年1月4日(日)
会場:東京都現代美術館

注目 スタッフブログ

ナイト・プレスビューにて。

ゴンドリーはBECKやビョークのMTVが有名で、美術より音楽畑の人の方が
おなじみな作家ですな。もう巨匠といっていいくらいか…。懐かしい。

「ここは消費する場所ではなくて、自主的にクリェイティビティーを発揮するところ」
と展覧会について語ってました。

そう、美術館に鑑賞しに行くのではなく、 己のアクティビィティーを示せと。

ワークショップには和気あいあいみんな楽しそうに参加しているそうです。
美術館には撮影用のセットや小道具が準備されていて、
ちょっとした映画製作の現場にいる気分になれるしね。

「最初にどんなジャンルの映画を作るかといったことを決めると
先に進みやすい」とアドバイスもくれた巨匠。

映像について熱く語るでもなく、なにか職人気質なことを自慢するでもなく、
淡々と質問に答えるずいぶんクールな方でした。

彼の映像は凝ったCG合成も印象的だけど、セットはアナログな装置が多いのかな。
(背景がロールになってるとか)
レゴの映像(The White Stripes) もそうだけど、アナログ作業の気の遠くなるような積み重ね。
実はやってることはシンプルなのかも…と思いました。

デジタルでもコンピューターが処理するとはいえ、人間が操作するわけです。

「朝起きて、仕事して、飯喰って、寝る」、「朝起きて、仕事して、飯喰って、寝る」。
延々これの繰り返しの時間のなかで、どんだけ仕事に時間をつぎ込んだかで、
出来上がるものが違ってくるだけなのです。

sabo

b0074921_16392345.jpg


b0074921_1639052.jpg


b0074921_16455681.jpg


b0074921_16391265.jpg







にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2014-11-01 20:30 | art days | Trackback | Comments(0)


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

映画「ギターマダガスカル」と..
at 2017-05-04 00:34
メルマガ5/2でました。
at 2017-05-03 15:59
感じてもだえる愛の重さ…二藤..
at 2017-05-02 19:41
Kochi Muziris ..
at 2017-01-19 15:07
Kochi Muziris ..
at 2017-01-05 00:32
Kochi=Muziris ..
at 2017-01-01 02:16
入る旅人 出る旅人 vol...
at 2016-10-26 23:04
広島アートぶらぶらその3 番..
at 2016-10-22 19:05
広島アートぶらぶらその2 横..
at 2016-10-20 01:50
「Nのパラドックス」 アート..
at 2016-10-16 21:44

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

以前の記事

2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(464)
(450)
(432)
(309)
(259)
(253)
(163)
(139)
(127)
(110)
(109)
(104)
(98)
(45)
(39)
(33)
(27)
(10)
(8)
(8)

検索

Who's voidchicken?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


art for all.

記事ランキング

画像一覧

ライフログ

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル