タグ:作家 か行 ( 105 ) タグの人気記事

追悼・後々田さんから。

後々田さんの追悼文を書こうと思って、ずいぶん時間がたってしまった。

ICC時代の後々田さんとは交流があり、大変お世話になった。
そのころの思い出を書こう。

ご存知の方も多いと思うが後々田さんはとても人間的に魅力があり、そして男としての佇まいも素敵で女性のファンも多かった。私は兄のように後々田さんを慕って、わがままなお願い(広告、原稿、取材など)ばかりした。いつも困った顔をして、最後には「なんとかするよ」的な雰囲気で応えてくれたように記憶する。しかし、後々田さんの困った顔というのは、普段からそんな表情なので私だけが困らせていたわけではないと思うのだが。

とあるとき、珍しく後々田さんの方からお願いがあるといわれ、いいですよときいてみると、デパートにズボンを買いに行くのを付き合ってほしいという。そのころ、ちょうど恋人と別れたばかり一緒に買いものをしてくれる人がいなかったのだ。私の夫も自分でズボンを買えない人なのでよくわかるのだが、何が自分に似合うどころか、ファッションとして何が流行ってるのか、どこが違うのか、着るものに関してまったく音痴な男性がたまにいる。後々田さんは「買いものする」ということや場所も苦手だったのだと思う。ICCに近い新宿の高島屋でズボンを2、3本を買い終わってホッとした後々田さんの顔をいまでも覚えている。

またVOIDからVOID chickenになったときに、ICCの広告を後々田さんが出稿してくれた。とはいえ、それは公式なものではなく、ある展示の宣伝を私たちがして、後々田さんからポケットマネーをもらったような形だ。そのときのお札は封筒に入ったままVOID chicken財団の缶箱にある。実は、私たちは会期の日付を間違って印刷してしまい、大迷惑をかけてしまった。後々田さんは例の困った顔で「仕方ないなぁ」とため息混じりでつぶやいたような気もするが、一言も苦情を言わなかった。とにかく優しい人だった。

VOID時代には原稿もいただいた。それは「検閲」に関する記事だ。たまたま見つけて今日読んだのだが、この頃から日本という国は変わっていないどころか、後退しているのではないかと危惧している。リンクを貼るのでそちらも読んでいただけたらと思う。いまでも後々田さんのような兄がいたらと思っている。もしかしたら今も見守っているのかもしれない。

後々田さんはとても音楽にも詳しい人だったので、家で何を聴くのか質問したことがある。「レゲエしか聴かない」というのが彼の答えで、それをきいて後々田さんは本当に疲れてしまっているのだなとしんみりと思ったものだった。そういえば、買い物しながら恋人となんで別れたのか理由をきいてみたら、「自分に厳しすぎると言われた」という。後々田さんがICCを去ったあと、私はバカだったので後々田さんに連絡することもせず、梅香堂にも行く機会を永遠に失った。とても悔やまれることだ。ごめんなさい。そしてありがとうございました。

後々田さんの梅香堂時代の記事リンク:「大阪の優しさ」後々田 寿徳(梅香堂)
リンク:2003 VOID 後々田さん記事から


柘植 響 2017/06/15


このポストのBGMはこれで!





[PR]
by voidchicken | 2017-06-15 22:37 | obituary

映画「ギターマダガスカル」と旅のはなし

映画「ギターマダガスカル」の監督、亀井岳氏と

マダガスカルにロケハンに行ってきました。


メルマガにマダガスカルの旅について漫談を掲載しましたので、ご参考ください。


亀井監督と出会ったのはもう15年以上前の金沢です。
「金沢21世紀美術館」がオープンした頃。
アーティストとしてオルナタティブスペース「BABA」を
金沢市にオープンして、自主企画の展覧会やイベントを開催していました。
さかぐに連れられて行ったのが最初です。

あの当時は全国に小さなアートの自主スペースが続々とできました。現在も続いているところもありますね。

「3331」が「コマンドN」だった頃の話です。

久しぶりに再会した亀井さんは、映画監督になっていました。前から映像の作品は見せていただいてましたが、
劇場公開する映画の監督として、モンゴルやマダガスカルを旅して、映画を製作していたのです。

ロケハンに2017年3月の末に行くということで、わたしも同行し、微力ながらクラウドファンディングなど広報のお手伝いをすることになりました。

16日間ほど滞在したマダガスカルの日々は一生忘れることのできない人と自然の出会いに満ち溢れていました。
その経験を少しづつお伝えもしていきたいと考えてます。

Facebookにグループページ
「マダガスカル映画製作日記」にて、映画のメイキング情報、わたしの旅行記などの情報を発信してます。
だれでもウェルカムですのでぜひご参加ください!

こちらは前作「ギターマダガスカル」公式サイト

マダガスカルの音楽をめぐるロードムービーです。

では、また。 Sabo Hibiki Tsuge




以下、公式サイトより。

「ギターマダガスカル」INTORODUCTION

さぁ、音楽の沸き立つところへ─

インド洋に浮かぶ"奇跡の島"マダガスカル。固有の生態系と文化を持つこの島では、雄大な自然と人、そして先祖との霊的な交流のなかで独自の伝統が紡がれてきた。そんなマダガスカルで生まれた音楽には、聴く者を魅了する豊かなメロディと、島での日常に根ざした特別なグルーヴ感が溢れている。

この映画は、トミノ、ババ、テタ、デガリといった世界的にも著名な現地ミュージシャンたちが、マダガスカル音楽のルーツを辿るロードムービー。ある者は壊れた楽器を携え故郷を目指し、ある者は死者と対話する儀式からインスピレーションを得る……。異なる故郷をルーツに持つ4人の旅に導かれた物語は、やがて私たち日本人がまったく知らなかったマダガスカルを、そして彼らの驚くべき死生観をも浮かび上がらせる。

監督の亀井岳は、自身の旅の体験に着想を得た『チャンドマニ〜モンゴル ホーミーの源流へ〜』で2009年に長編映画デビュー。本作では満を持し、自らが憧れ続けたマダガスカル音楽をメインテーマに前作同様、最小人数の日本人スタッフで渡航し、現地の人々とともに映画を完成させた。

さぁ、音楽の沸き立つところへ─

インド洋に浮かぶ"奇跡の島"マダガスカル。固有の生態系と文化を持つこの島では、雄大な自然と人、そして先祖との霊的な交流のなかで独自の伝統が紡がれてきた。そんなマダガスカルで生まれた音楽には、聴く者を魅了する豊かなメロディと、島での日常に根ざした特別なグルーヴ感が溢れている。

この映画は、トミノ、ババ、テタ、デガリといった世界的にも著名な現地ミュージシャンたちが、マダガスカル音楽のルーツを辿るロードムービー。ある者は壊れた楽器を携え故郷を目指し、ある者は死者と対話する儀式からインスピレーションを得る……。異なる故郷をルーツに持つ4人の旅に導かれた物語は、やがて私たち日本人がまったく知らなかったマダガスカルを、そして彼らの驚くべき死生観をも浮かび上がらせる。

監督の亀井岳は、自身の旅の体験に着想を得た『チャンドマニ〜モンゴル ホーミーの源流へ〜』で2009年に長編映画デビュー。本作では満を持し、自らが憧れ続けたマダガスカル音楽をメインテーマに前作同様、最小人数の日本人スタッフで渡航し、現地の人々とともに映画を完成させた。


以上。





[PR]
by voidchicken | 2017-05-04 00:34 | art days

大西香澄は素晴らしい作家だと思う。 Kasumi Onishi #現代美術 #contemporaryart

fb より転載

記しておく。
大西香澄は素晴らしいと思う。Kodama Galleryにて。
さぼ

b0074921_236753.png

[PR]
by voidchicken | 2016-03-24 23:07 | art days | Trackback | Comments(0)

高山明 + 小泉明郎 「境界」 #メゾンエルメス #AkiraTakayama #MeiroKoizumi #Hermès #contemporaryart

過去記事
夏休み8月4日火曜日
アーティストの小泉明郎さんあちこちで活躍中! Meiro Koizumi
累累ールイルイの「おとしモノ」を見る 
日産アートアワード・グランプリとゴーン社長のこと。NISSAN ART AWARD
ブログ村現代美術人気記事 第7位
『フリーダ・カーロの遺品 -石内都、織るように』本日より #FridaKahlo

b0074921_12331.png



夏休み、銀座にいったらエルメスに。
おすすめの展覧会が開催中です。
まず、銀座エルメスビルに入ったら、ギャラリーはどこですか?と
聞いてみましょう。案内してくれます。
奥のエレベーターでLe Forumへ。

次号メルマガにてレビュー掲載予定です。
お楽しみに!


高山明 + 小泉明郎 「境界」
メゾンエルメス



Akira Takayama + Meiro Koizumi “Demarcation”
Maison Hermès
(TAB)

会期は、10 月 12 日(月・祝)まで。


少しずつロンドン旅行記も書きます。

b0074921_1374445.jpg


sabo


現代美術13位!

今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします! 
Thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2015-08-11 01:20 | art days | Trackback | Comments(0)

ArtAwardTokyo2015 川角岳大 Christopher Williams クリストファー・ウィリアムズ #aatm #art

おすすめ過去記事

アーティスト・ファイル 2015「隣の部屋」展が始まりました! 
会田誠 Makoto Aida #news #artnews
ロシアのアーティスト逃げる Putin In Lingerie
「写真家と震災」アサヒカメラ9月号



b0074921_252095.jpg


(TAB)
Art Award Tokyo Marunouchi 2015
Marunouchi Building

今年は日当たりのよいビルに引っ越しております。
いままで狭いガラスケースのなかだったので、
作品の表現にどうしても限界があったと思います。

天高のある自由なスペースに移ってよかったですが、
あの鉄柵で作品を囲うのはやめていただきたい。
そんなことするの、世界の名品とかならまだしも、
かっこ悪ゥ。
なんかの事故防止なんでしょうか? 
しかし、あそこで絆創膏貼る以上の怪我が予測されるのでしょうか?
不思議ですねえ。
柵が好きなんですかね? それも作品にしてしまえば?

White Chapel galleryでみたChristopher Williamsを思い出したけど、
その話はまた後日に。
彼は美術館の壁ごとぶった切って展示に使ってました。
とてもコンセプチャルでよくわからんかったけど。写真に写ってるものは
どうでもいいのかもしれないと感じたのですが …。長くなるので続く。
(追記 どうでもよくはないが、誰が撮ったかはどうでもいいみたい)

*とても参考になる記事を見つけました。
やっぱり自分で撮ってなかった。なるほど。
参照リンク
見る者と写真との関わり
アナログ時代へのオマージュ
写真家:クリストファー・ウィリアムズ

(よみタイム 2014)by Manami Fujimori

クリストファー・ウィリアムズの展覧会(2010)
(ART iT, WAKO WORKS OF ART)

会場に行ったらぜひ下記ハッシュタグでツィートしてください。
さかぐーが喜びます。

#aatm勝手にグランプリ 

というわけで、俺の賞は、仮設の壁も作品としていた「川角岳大くん」にあげたいです。

アート アワード トーキョー 丸の内 2015」(a.a.t.m.)





さぼ
[PR]
by voidchicken | 2015-08-05 01:39 | art days | Trackback | Comments(0)

VOID Chicken Nuggets 2014年12月31日号出ました!

b0074921_21591694.jpg
Anish kapoor "Descension", 2014, in Kochi Muziris Biennale

大晦日駆け込みメルマガ配信しました!紅白見てるよ号!
今年もお世話になりました。
来年もVOID Chickenをどうぞよろしくお願いします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃VOID Chicken Nuggets 2014年12月31日号
┃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
┃快調アート小咄ブログ ⇒ http://voidchicke.exblog.jp/

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2014/12/31━
 
C o n t e n t s :
初企画!編集後記慢談~「南インドはうまかったよ!」

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さぼ:お帰り!南インドは暑かった?コーチビエンナーレに行くのは2回目だよね?

さかぐ:そう!12月11日のオープニングから4日間行ってまわりました。
前回はバンコクで熱を出してインドでは日に日に具合が悪くなってったけど、
今回は体調整えてくまなく回って3食美味しく食べたよー、うまかった!

さぼ:えー前回もミールスとかチャイとか飲み食いしまくったんじゃないの?
2年前とはどこが違いましたか?まずは展示から。

さかぐ:かつて南インド貿易で栄えた街の古いスパイス倉庫とかを会場にしてるのは前回同様だけど、
2年前はオープニングの日にまだ70%くらいしかできてなくて
看板塗ったり、作品の入ったままのクレートが置き去りになってたりしてたけど、
今回は初日にすでに会場マップと詳しい作家解説のプレートがちゃんと掲示されてて、
さらに立派なガイドブックもできてた。すごい進歩!感動したよ!

さぼ:へー、2回目ともなるといろいろ改善されてるんだね。会場マップがない
ビエンナーレってのもすごいけど。認知度もあがり集客もあがったかな?
オープニングから盛り上がってましたか?

さかぐ:街中がビエンナーレ一色!今回はゲストディナー付きで
インド各地のカレービュッフェ。おいしかったよ!
さらにすごかったのがメインスポンサーのBMW主催のオープニングパーティ。
海を渡ったところにあるおしゃれなタージホテルで、めくるめくごちそうが消失点までずーっと続く、みたいな?
さらにステージではあのタブラのゴッド、タルヴィン・シンが一人でPC操作しながらタブラをパカパカ叩いてたよ!
だけど誰も聞いてなくて、寂しい~!!

さぼ:まるでマハラジャとか、王族の饗宴を想像しちゃうけど。やっぱり上層階級の方々ばかり
でしたか?作家はインド人は何割くらいなの?インドの美大で勉強した人たち?
カプーアみたいなインド系イギリス人とかも参加してるの?


さかぐ:階級よくわかんないけど金持ちそうな人のなかに貧乏そうなアーティストも混じってて微笑ましかったよ。
割合はえーとテキトーだけど、印象としてはインド7割その他3割って感じ、
いや、もうちょっと多かったかな。でも全体的にインドパワーがすごかった。カプーアも出てた。

さぼ:カプーアの作品はどうやって作ってるのか気になる。なんか恐ろしい作品じゃない?
ブラックホールに引き込まれるみたいで、、、、ぎゃー!って、Instagramで
見ただけだけど、、、、、本物はどうでしたか?(みてね!)
"Descension" 2014 
https://www.youtube.com/watch?v=E5-5MFOw5Fc
さかぐ:あれは、初日にはできてなくて見れないかと思ったけど、2日後くらいにいったら
ホールの真ん中に穴が空いててそこで黒い水がぐおんぐおんて回ってた。洗濯機みたいだったな。

/////
続きはまぐまぐで!

まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000164509.html
[PR]
by voidchicken | 2014-12-31 21:52 | art days | Trackback | Comments(0)

笠原 出 展「ふわりんぼ / トリートメント」TRAUMARIS #art_jp #contemporaryart

おすすめ過去記事
*Fish京子展@CCAA四谷三丁目ランプ坂ギャラリー
*「映画をめぐる美術マルセル・ブロータースから始める」とバルテュス展
*満員だ!映画『アデル、ブルーは熱い色』 LA VIE D’ADELE
*池袋でなぎら健壱の歌に悩む&替え歌あります


-- -- -- -- -- - - - -- --- -- - - - ----- - - --- --- -- - -- -- --- - - -- ---- - - --
行ってきたよ恵比寿に!ふわりんぼを見に!
弊誌メルマガで寄稿いただいてるアーティストの笠原さんの作品展です。
今回は照明でキラキラと眩しく光るゴーストちゃんたちが新鮮でした。
もんのすごい数でインベーダーゲームみたいに連隊を組んだり、
またはポツとポツと気まぐれに浮遊しているゴーストちゃんたちは護符(バリア)みたい。
この世とあの世の間の境界に立ちはだかって、ひっそりとこちらを
うかがってる不思議な存在は、あの幻のエーテル的なものか。

今日までスマイル(ゴースト)くんってポップな出自かと思っていたけど、
実はすんごい霊的な物質で、目には見えないはずのなにかを
笠原さんが視覚化したもんなんだなぁ…と改めて気づきました。
笑ってるようにも見える大きく開いた口は、あの世へ導く入り口なのかしら?
その場にいた皆さんと大いにそっち系の話や音楽の話で盛り上がり、、、。

んで、展示会場のトラウマリスで、今月のおすすめメニューとミルフィーユかつなどを
腹一杯に食べて、しっかりトリートメントされて帰宅しました。
7月6日(日)まで開催で、トークやスペシャルメニューなど、他にもイベント企画中だそうです。
楽しみでっす。

さぼ

笠原 出 展「ふわりんぼ / トリートメント」

会期:2014年6月10日(火)〜7月6日(日)
会場TRAUMARIS|SPACE(恵比寿NADiff apart 3F)
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff a/p/a/r/t 3F
TEL:03-6408-5522
火曜〜土曜 16:00 - 23:30(日曜:14:00-22:00)
定休日:月曜日(火曜は展示のみ。カフェはお休みです)

ふわりんぼと笠原さん
b0074921_113365.jpg

ギネスもあるよ!
b0074921_1142479.jpg

展示風景(一部)
b0074921_1134442.jpg

速攻売れた作品!
b0074921_1135134.jpg


いつもご愛読ありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by voidchicken | 2014-06-14 01:26 | art days | Trackback | Comments(0)

Sharjah 報告会その2 ガブリエル・オロスコ Gabriel Orozco

オススメ過去記事
*〜番外編〜インド初のビエンナーレ、Kochi-Muziris Biennale
*篠原有司男×清水靖晃 トーク行きました2

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
Sharjah Art シャルジャ・ビエンナーレ報告会その1の続きです。

Sharjah Art Foundation New Art Spaces

Re:emerge
Towards a New Cultural Cartography
In Re:emerge, Towards a New Cultural Cartography, curator Yuko Hasegawa proposes a Biennial that reassess the Westerncentrism of knowledge in modern times and reconsiders the relationship between the Arab world, Asia, the Far East, through North Africa and Latin America.


-- -- -- -- -- - - - -- --- -- - - - ----- - - --- --- -- - -- -- --- - - -- ---- - - --
報告会では盛りだくさんのアーティストが紹介されたましたが、
なかでもグッときた作家が、ガブリエル・オロスコです。
MoMAやグッゲンハイムでも個展をしてますし、また
金沢21世紀美術館にも収蔵作品があります。

Gabriel Orozco
シャルジャではSand on Table as Model of "Self-Organising Criticality"
という作品を出品。
これはテーブルの上にピラミッド型に砂が盛られているのですが、(リンク先参照)
下部の砂がテープルの端っこから、ボロボロと落ちてしまうので、構造が常に未完成な状態なんです。
つまり砂が少しずつ落ちることで、この美しいピラミッドはゆっくりと崩れ落ちているわけです。
このピラミッドを何かを頂点とした組織や社会構造にたとえるなら、
底を支える層が、スルスルと抜け落ちることで新しい変化を呼び起こしていると。
「Self-Organising」”自己組織化する”、「Criticality」”臨界”のモデル・・・というタイトル
からして、うひょ〜かっちょエエって感じです。
スライドでちょっと見ただけでも、ゾクゾクする作品でしたね。
というのがシャルジャっぽくていい〜(・∀・)
展示ではこの立体の背景にカオス理論を元にした図がたくさんあったような。(未確認)。

つづく。sb_voidchicken

以下関連リンク 
テート・モダンの展示

ガブリエル・オロスコにやられる(ブログ:やまもとのグレーゾーン)

にはグッゲンハイムの展示の様子があります。2012年07月09日

これは全然カンケーない他の作品。
ガブリエル・オロスコ「ゲームについて」


そのあとに食べた旨いもん。ピータン豆腐と黄ニラともやしの炒めもの。店名は後日。
b0074921_0221154.jpg


オススメ過去記事
*Acidattacks 酸で焼かれる女性 パキスタン
一刻も早くアイ・ウェイウェイを解放せよ!
さよなら、ミック。Tributes to Mick Karn

[PR]
by voidchicken | 2013-04-20 00:16 | art days | Trackback | Comments(0)

Click Gallery Claudia Maté  #art #artweet #art_jp #contemporaryart #netart #computer

b0074921_2035839.jpg
 「クロークオルグ」 cloaqueにつづきネットアート第二弾。

これもおもしろかった。
Claudia Matéはネットアートを牽引している人のよう。
彼女のサイトもすげえ。MATE

Click Gallery

Claudia Maté is a driving force in the online new media art world. Her motifs deal with humanities perception of scale, self, and recognition of space. Her work is a constant reminder that there is always new territory in the post-convergent medium of Internet-as-art.


これはずっと続いてるのかね?
停電にならなければ。。。
またはパソコンが壊れるまで?

仕事の頭皮、いや逃避じゃ。。。
sb

ヾ(・ω・`*)Thanks(*エ・ω・)ノ゙
voidchickenに愛の一票を。
今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2013-03-17 20:29 | art days | Trackback | Comments(0)

 「クロークオルグ」 cloaque #artweet #internet #digitalart #art_jp #contemporaryart

b0074921_1503148.jpg

クロークオルグ
cloaque.org


ウェブ上のデジタルアートのサイト。第一弾。
音がいいと思った。絵もいいけど。
追記
これはいろんなアーティストが作品を投稿しているサイトざんす。
sb

今日もお読みくださりありがとうございます。
クリック応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by voidchicken | 2013-03-17 01:51 | art days | Trackback | Comments(2)


↑王様が見守ってるよ☆


by voidchicken

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

バンコクアートだより2017..
at 2017-07-22 12:49
追悼・後々田さんから。
at 2017-06-15 22:37
映画「ギターマダガスカル」と..
at 2017-05-04 00:34
メルマガ5/2でました。
at 2017-05-03 15:59
感じてもだえる愛の重さ…二藤..
at 2017-05-02 19:41
Kochi Muziris ..
at 2017-01-19 15:07
Kochi Muziris ..
at 2017-01-05 00:32
Kochi=Muziris ..
at 2017-01-01 02:16
入る旅人 出る旅人 vol...
at 2016-10-26 23:04
広島アートぶらぶらその3 番..
at 2016-10-22 19:05

カテゴリ

introduction
travel
art days
foods
English essay
sexuality
obituary
current issues
movies
music
books
design
town
boxing
animal
français
manga
sabo's talking
remembrance
ukulele
woman
#françase

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2001年 08月

タグ

(464)
(451)
(432)
(309)
(259)
(254)
(163)
(139)
(127)
(110)
(109)
(105)
(98)
(45)
(39)
(33)
(27)
(10)
(8)
(8)

検索

Who's voidchicken?

さぼとさかぐとさぼぐオネエのアートブログ。
Facebook
VOID chicken


Twitter new account!
handled by sabo
sb_voidchicken

VC on tumblr

VC on You Tube


メルマガの登録はこちら
*Thank you for subscribing
to our mail magazine,
"VOID Chicken Nuggets"

VOID Chicken Nugget
(まぐまぐ)


*Original Website
Art magazine V O I D/chicken




Art for all.
art blog voidchicken

*The blog covers world's art news, travels, soulfoods, and other topics.  Daily updated by Sakagu, Sabo and Sabogu, and other poeple.

We support
TAB button


♪♪♪ notice ♪♪♪
Show only approval comments and trackbacks.

Thanks for click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

*VOID Archive
オノ・ヨーコ インタビュー
Yoko Ono Interview(2003)

*co-sponsored
株式会社ゴーライトリー 
/The Golightly

*追悼・美術評論家
Tribute to the first female art critic in Japan
日向あき子サイト Memorial of Akiko Hyuga

Subscribe to me on FriendFeed


art for all.

記事ランキング

画像一覧

ライフログ

最新のコメント

いつもエキサイトブログを..
by blog_editor2 at 22:56
わりきりさん、コメントあ..
by voidchicken at 14:30
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 13:54
指輪ホテルです。みにきて..
by 指輪ホテル at 17:39
>Yukaさん タイの..
by voidchicken at 14:30

最新のトラックバック

ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
デビッド・ボウイが10年..
from センタのダイアリー
新潟に巨大ハーブマンあら..
from 宮村周子の展覧会リコメン す..
"表現したい!"を思いの..
from Boochanの宝探し

ブログジャンル